操作

ゼウス

ゼウス古希: ΖΕΥΣ, Ζεύς, Zeus

ギリシア神話の最高の神。天空神。ホメロスでは神々と人間たちの父とされる。ローマのユピテルと同一視される。ティタン神族の神クロノスレアの末子として生れた。クロノスは自分自身の子に支配者の地位を奪われるだろうと予言されていたので,生れた子供を次々と飲み込んだ。妻のレアはこれを不満に思い,ゼウスが生れたとき,彼を隠し,代りに産着にくるんだ石をクロノスに与えて飲み込ませた。ゼウスは山中でクレテスたちとアマルテイア (あるいはアドラステイアとイデー) に育てられたが,成長後,オケアノスの娘メティス (思慮の意) の助けをかりて,クロノスに吐剤を飲ませ,腹中の身代りとなった石と兄弟たちを吐き出させた。以後,ゼウスら兄弟姉妹はティタンたちと戦い,10年後,タルタロスに幽閉されている者たちを味方にすれば勝利を収めるだろうという予言をガイアから得,キュクロプスたち,ヘカトンケイルたちを解放し,首尾よく勝利を収めた。そしてゼウスら3人の兄弟はくじにより,ゼウスは天界,ポセイドンは海,ハデスは冥界の支配者となった。ゼウスはヘラを妻 (ヘシオドスによると3番目の妻) としたが,そのほかに女神,ニンフ,人間の女たちと交わり,ギリシア神話の複雑な系譜の源の1つとなっている。






Rakuten 楽天市場検索: