actions

ゴルゴポネー

ゴルゴポネー古希: Γοργοφόνη, Gorgophonē)は、ギリシア神話の女性。長母音を省略してゴルゴポネとも表記される。


ゴルゴポネーΓοργοφόνη, Gorgophonē)は、ギリシア神話の女性である。

この名前はゴルゴポノス(ゴルゴーン殺し)の女性形。

英雄ペルセウスアンドロメダーの娘で、アルカイオスステネロスヘレイオスメーストールエーレクトリュオーンと兄弟[2]ペリエーレースの妻で、テュンダレオースイーカリオスアパレウスレウキッポスの母[3]

パウサニアスによると、ゴルゴポネーはギリシアで最初に再婚をした女性で、ペリエーレースの死後にスパルタオイバロスと結婚したという。

彼女の生んだ4人の子供のうち、ペリエーレースを父とするのはアパレウスとレウキッポスで[4][5]、テュンダレオースとイーカリオスはオイバロスとの間に生まれた子供であるともいわれる[6]。しかしテュンダレオース、イーカリオス、およびヒッポコオーンはオイバロスとバテイアの子であるともいわれる[4]。パウサニアスは、彼女がオイバロスとの間に生んだ男子はテュンダレオース1人だが[7]、アパレウスと結婚した娘アレーネーがいたとしている[5]

なお、彼女の墓はアルゴス市内のゴルゴーンの墓のそばにあった[8]

系図

テンプレート:ヘラクレスの系図

脚注

  1. アポロドーロス、2巻1・5。
  2. アポロドーロス、2巻4・5。
  3. ステーシコロス断片(アポロドーロス、3巻10・3)。
  4. 4.0 4.1 アポロドーロス、3巻10・4。
  5. 5.0 5.1 パウサニアス、4巻2・4。
  6. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.128a。
  7. パウサニアス、3巻1・4。
  8. パウサニアス、2巻21・7。

参考文献