actions

B

テンプレート:A-Z..... Bは、ラテン文字アルファベット)の2番目の文字。ギリシャ文字Β(ベータ)に由来する。小文字は bキリル文字БВと同系である[1]

字形

大きく分けて2つの字形が使われる。

  1. 縦線の右に半円を縦に2つ続けた形で、大文字に使われる。
  2. 縦線の下部に右に円ないし半円を1つ付けた形で、小文字に使われる。

またフラクトゥールでは[math]\mathfrak{B\ b}[/math]のようである。

呼称

音価

この文字が表す音素 /b/音価は、有声両唇閉鎖音 [b] ないし、その類似の両唇音である。

Bの意味

学術的な記号・単位

  • ホウ素(硼素)の元素記号
  • 素粒子の一つボトム(もしくはビューティー)クォークの略号、b。
  • 中間子の一つ、B中間子
  • B言語プログラミング言語の一種)
  • 十一を意味する数字。十二進法二十進法など、底が十一を超えるN進法において、十一(十進法11)を一で表すために用いられる。
  • ABO式血液型の一つ。B型。
  • 数学では一般に既知の数、集合、行列等を示す、Aに次ぐ文字として用いられる。
  • b関数English版
  • ティッツ系におけるボレル部分群
  • 大文字でボレル部分群、フラクトゥール小文字でボレル部分環
  • 大文字で有界作用素の空間
  • 大文字で(コ)バウンダリのなす部分加群
  • 圧力の単位バールを表す記号(小文字)。現在ではパスカル(記号は Pa、100 000 Pa = 1 b)が使われる。
  • コンピュータの情報処理単位バイトを差す記号。Byteの頭文字を取った記号。
  • コンピュータの情報処理単位ビットを差す記号。Bitの頭文字を取った記号。主に記録密度(bpiなど)や転送容量(bps)の単位として使われ、バイトと区別するために、小文字の b で表記されることが多い。
  • 電気工学や振動・音響工学などで使用される単位ベル。基準電力に対する比の常用対数。通常はベル (B) ではなく、その10分の1のデシベル (dB) が用いられる。
  • 光の三原色RGBのうち (Blue)。
  • トランジスタの端子の一つ。ベース (Base)。
  • 洋楽で用いられる音名の一つ(英米式、独式)。英米式のBは、イタリア式では「si」、日本式では「」に相当し、また独式のBは、イタリア式の「si bemolle」、日本式の「変ロ」、中国式の「降B」に相当する(ドイツ語で日本の「ロ」に当たる文字はH)。尚、音楽の「シャープ」、「フラット」、「ナチュラル」の変化記号はこの文字に由来する。DTMでは、フォントの関係から、♭記号を小文字のbで代用することがある(その場合、音名のB(シ)は必ず大文字で表記される)。→ロ (音名)変ロ
  • Bモード超音波検査における、検査方法方法の一つ。
  • 電磁気学の分野では磁束密度を表す。
  • ケッペンの気候区分乾燥帯亜熱帯)を表すB
  • 学士 (Bachelor) の頭文字として使われる。B2と表記されれば学部2年生の意。
  • 生年 (Birth year) の略字として使われる。b. 1945と表記されれば1945年生まれの意。

その他の記号

番組・作品名

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考

テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ʙ U+0299 ʙ
ʙ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL B
🄱 U+1F131 🄱
🄱
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER B
🅑 U+1F151 🅑
🅑
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER B
🅱 U+1F171 🅱
🅱
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER B

他の表現法

テンプレート:Letter other reps

脚注

  1. キリル文字で大文字が同じ形なのはВであるが、この字の発音はT+S+$+$!SEYEEYNEYDEY!~.)13-2 REYCEYOEYDEYEEY[v]であり、ラテン文字のBに相当する発音[b]のキリル文字はБである。
  2. 小野沢純、『基礎マレーシア語』、p xv、1996年、大学書林、ISBN 4-475-01051-9

関連項目