操作

電磁気学


電磁気学

テンプレート:物理学 電磁気学(でんじきがく、英語: Electromagnetism)は、物理学の分野の1つであり、電気磁気に関する現象を扱う学問である。工学分野では、電気磁気学と呼ばれることもある。

電磁気学の概要

電磁気学は、電磁的現象を考察の対象とする。電磁的現象としては、

などが古来から知られている。現在では身の周りの殆ど全ての現象が電磁的現象として理解できる事が知られている。

電磁気学は、これらの電磁的現象を電荷電磁場相互作用として説明する理論体系である。 電荷は物質に固有の物理量であり、物質と電磁場との結び付きの強さを表す量である。また、電磁場は時空の各点が持っている物理量であり、物質間の電気的作用と磁気的作用を媒介する。

電磁場としては、スカラーポテンシャルベクトルポテンシャルの組、もしくは電場磁場の組を考える。特にこれらの組を区別したい場合には前者を電磁ポテンシャル、後者を電磁場と呼ぶことがある。また、電場・磁場は直接的観測が可能であるが電磁ポテンシャルは観測によって一意に定めることができない。しかし、電場・磁場では説明できないが電磁ポテンシャルでは記述できる現象が存在する(アハラノフ=ボーム効果など)ので、電磁ポテンシャルの方が本質的な物理量であると考えられている。

電磁場は電荷と電流(電荷の流れ)に力を及ぼす。この力をローレンツ力という。逆に、電荷・電流の存在は電磁場に影響を与える。電磁場の振る舞い、及び電荷・電流が電磁場に与える影響はマクスウェル方程式で記述される。このローレンツ力とマクスウェル方程式は電磁気学における最も基礎的な法則である。

マクスウェル方程式の解の1つとして、電磁場の周期的振動である電磁波が得られる。日常的に「」と言われている物も、実は電磁波の一種である。電磁波は波長や発生機構によって呼び名が変わる。

電気通信などに用いられる波長の長い電磁波は電波、それより波長が短くなると赤外線可視光線紫外線、更に波長が短い電磁波は、発生機構によりX線ガンマ線と呼ばれる。

他の分野との関連

電気工学

ローレンツ力が作用する導体中の電子の運動をオームの法則(電流は電場に比例する、という法則)で近似し、電場の時間変化による磁場の生成(マクスウェル方程式の一部)を無視すると、準定常電流の理論が得られる。この理論は、電気工学の基礎理論であり、現代のエレクトロニクスの基礎を成している。電場の強さ(電界強度)の単位は[V/m]なので、アンテナの実効長[m]または実効高[m]を掛けると、アンテナの誘起電圧 [V]になる。

電磁光学

電磁光学は、光は電磁波であるという立場から光の性質を論ずる学問である。ここでも電磁気学におけるマクスウェル方程式が基礎となっている。

量子力学

19世紀末、多くの物理学者は「全ての物理現象はニュートン力学、ローレンツ力、マクスウェル方程式で原理的には説明できる」と考えていた。

しかしその後、ニュートン力学と電磁気学では説明できない現象が次々に発見された。光電効果黒体放射のエネルギー密度、コンプトン効果は光を粒子であると考えると説明できるが、このことは電磁気学における「光は電磁波である」という描像に反する。また、電磁気学によればラザフォードの原子模型は安定に存在しえないことが結論づけられるが、実際の原子は安定である。

ニュートン力学・電磁気学で記述できないようなこれらの現象を記述しようと努力した結果が、量子力学という全く新しい物理学の誕生である。

1940年代には、電磁気学の量子論である量子電磁力学(QED)が完成した。量子電磁力学では、電磁場と荷電粒子の場の両方が量子化され、荷電粒子間の相互作用は電磁場の量子である光子の交換として理解される。

特殊相対性理論

マクスウェル方程式によると、真空中の電磁波の速度は慣性系の選び方によらない基本的な物理定数真空の誘電率透磁率)だけで定まる。実際、真空中の光速は慣性系によらず一定であること(光速度不変の原理)は実験的に立証されている。特殊相対性理論は、この光速度不変の原理と特殊相対性原理を指導原理として、アインシュタインが構築した理論である。

歴史

参照: 電磁気学の年表

電磁気学関連のSI単位

テンプレート:SI電磁気単位

参考文献

  • J. D. Jackson "Classical Electrodynamics" 3rd edition Wiley
  • 砂川重信 「理論電磁気学」 紀伊國屋書店
  • 後藤憲一、山崎修一郎 「詳解電磁気学演習」 共立出版

関連項目