actions

肥前旭駅


ファイル:Hizenasahi-station-home.jpg
構内より久留米方面を望む(2006年9月19日)

肥前旭駅(ひぜんあさひえき)は、佐賀県鳥栖市儀徳町にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である[1]

歴史

駅名の由来

駅名の由来は、鳥栖市が発足する以前に当駅があった村の村名(佐賀県三養基郡旭村)である。

開業時、既に土讃線旭駅が設けられていたことから「肥前旭駅」と命名された。なお、総武本線旭駅は、当駅の開業当時は「旭町駅」で、旭駅に改称するのは1959年(昭和34年)である。

駅構造

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している。下り方向に向かって右側に駅舎がある。

無人化に伴いPOS端末および自動改札機は撤去された。SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う。

のりば

番線 路線 方向 行先 備考
1 鹿児島本線 下り 久留米大牟田方面 一部久大本線直通あり
2 鹿児島本線 上り 博多小倉方面  

利用状況

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1998年 564 1,143
1999年 553 1,107
2000年 561 1,117
2001年 534 1,084
2002年 518 1,045
2003年 512 1,032
2004年 503 1,008
2005年 528 1,057
2006年 553 1,114
2007年 571 1,140
2008年 606 1,218
2009年 601 1,206
2010年 610 1,220
2011年 639 1,280
2012年 630 1,263
2013年 620 1,234
2014年 623 1,233

駅周辺

駅周辺は国道や主要地方道から遠く離れているため大規模な商業施設もなく、田畑が広がっているが、福岡市久留米市に近いため、近年では新しい住宅の建設が進められベッドタウン化が進行している[1]

隣の駅

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速
通過
区間快速(一部列車のみ停車)・普通
鳥栖駅 - 肥前旭駅 - 久留米駅

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「zeneki33」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 『九州の鉄道100年記念誌 鉄輪の轟き』 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会、九州旅客鉄道、1988年、初版(日本語)。
  3. 『九州の鉄道100年記念誌 鉄輪の轟き』 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会、九州旅客鉄道、1988年、初版(日本語)。
  4. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  5. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「mainichi-np-2015-3-7」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

関連項目

外部リンク

九州旅客鉄道 鹿児島本線(門司港 - 大牟田)
門司港 - (*(貨)門司埠頭<<)*(貨)葛葉 - 小森江 - (下関方面<<)門司 - (貨)北九州貨物ターミナル - (貨)東小倉 - 小倉 - (紫川信号場) - 西小倉(>>大分方面) - (貨)浜小倉 - 九州工大前 - 戸畑 - 枝光 - スペースワールド - 八幡 - *(貨)西八幡 - 黒崎 - (東折尾信号場) - 陣原 - 折尾 - 水巻 - 遠賀川 - 海老津 - 教育大前 - 赤間 - 東郷 - 東福間 - 福間 - 千鳥 - 古賀 - ししぶ - 新宮中央 - 福工大前 - 九産大前 - 香椎 - 千早 - (千早操車場) - 箱崎 - 吉塚 - 博多 - 竹下 - 笹原 - 南福岡 - 春日 - 大野城 - 水城 - (太宰府信号場) - 都府楼南 - 二日市 - 天拝山 - 原田 - けやき台 - 基山 - 弥生が丘 - 田代(貨)鳥栖貨物ターミナル - 鳥栖(>>佐賀方面) - 肥前旭 - 久留米 - 荒木 - 西牟田 - 羽犬塚 - 筑後船小屋 - 瀬高 - 南瀬高 - 渡瀬 - 吉野 - 銀水 - 大牟田(>>熊本方面
日本貨物鉄道 貨物支線(廃線) : 門司港 - (貨)外浜
日本貨物鉄道 博多臨港線(貨物線) : 香椎 - (千早操車場) - (貨)福岡貨物ターミナル
*打消線は廃駅

テンプレート:Eki-stub