actions

大多喜町

大多喜町(おおたきまち)は、千葉県夷隅郡にある町。町内の大多喜城徳川四天王の1人、本多忠勝がいたことでも知られる。

地理

地勢

千葉県の南部、房総半島南東部に位置する外房・南総の町。東西約12km、南北約19km、千葉県の町村で最も広大な面積を持つ。また森林が面積の約70%を占める。南西部は山がちで北東に向かうに従い標高は低くなっている。主な河川である夷隅川は北東に蛇行しながら流れ、養老川は西部を北に流れる。

気候

年間平均気温は15℃前後。冬期は最低気温が氷点下に達する日もあり周辺沿岸部が雨の時も町内は雪の場合が多い。年間平均雨量は約2100mm程度。

主な河川

主な山岳

ダム

歴史

合併前

大多喜地域は戦国時代から城下町として繁栄した。応仁の乱以後守護大名が台頭し、長南の武田氏、万木の土岐氏、小浜の槍田氏安房里見氏がこの地方で衝突していた。小田喜根古屋城1544年天文13年)武田氏から里見氏の武将正木時茂が取って代わり、里見氏の支配を受けた。1590年天正18年)徳川四天王の1人本多忠勝が10万石を与えられ約11年間領知した。忠勝は里見氏に備えてを整え、城下町の整備、六斎市の開市を企てた。本多氏以後たびたび城主が替わり、1703年元禄16年)から松平氏が9代続いたが、大多喜地域の大部分が他藩領、旗本知行地として支配を受けた。明治維新により大多喜県木更津県千葉県と行政区画が変遷し1889年(明治22年)老川村西畑村総元村上瀑村、旧・大多喜町が誕生した。しかし、大多喜地域は次第に衰退し財政力が豊かではなかった。そこで、町村規模の適正化、福祉の推進、地方自治の発展、行財政の強化のため旧5町村が町村合併促進法により合併し、現在の大多喜町が誕生した。

合併後

行政区域変遷

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口

平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、7.76%減の9,843人であり、増減率は県下54市町村中47位、60行政区域中53位。

大多喜町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政

町役場に務める30歳以下の男性職員は全員野球部に入るという伝統が続いている。

産業

南関東ガス田に位置することから1891年には、日本初のガス井が掘削されるなど古くから天然ガスの開発が行われてきた。現在では、町内において関東天然瓦斯開発大多喜ガスなどが事業を実施中。

本社を置く企業

姉妹・友好交流都市

海外

1978年8月3日姉妹都市として提携。1609年慶長14年)ドン・ロドリゴ総督 の一行がフィリピンからメキシコへの帰途に、大暴風の為、房総の御宿海岸に座礁難破した。地元の漁民達に助けられ、時の大多喜城主本多忠朝(本多忠勝の次男)がこれら一行を歓待し、幕府帆船を用意してメキシコへ送還した事から日本とメキシコとの交流が始まった。現在も、大多喜城まつりにおけるメキシコ関係者の招待や各種行事への相互の参加が多くなってきている。

国内

1995年10月1日友好交流協定、防災相互応援協定を結んだ。

地域

教育

大学

高等学校

中学校

  • 大多喜中学校

小学校

  • 西小学校  (西畑・老川地区)
  • 大多喜小学校(大多喜・総元・上瀑地区)

公共施設

  • 中央公民館
  • 町立大多喜図書館天賞文庫
  • 海洋センター
  • 総合運動公園
  • 老人福祉センター
  • 特別養護老人ホーム

病院

交通

鉄道

ファイル:いすみ鉄道.JPG
いすみ鉄道(大多喜)

中心となる駅:大多喜駅

バス路線

高速バス

勝浦〜たけゆらの里〜大多喜⇔市原鶴舞BT東京駅八重洲口前〜浜松町BT東京湾アクアライン経由)
◆市原鶴舞BTで羽田空港・横浜行高速バスに乗り換えができる。
大多喜〜羽田空港〜品川駅
◆時間帯により、羽田空港へ立ち寄らない便もある。

一般路線バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

名所・旧跡・観光スポット

ファイル:Myouhousyouji temple.jpg
麻綿原高原・妙法生寺

温泉

祭事・行事

  • 大多喜城さくらまつり
  • お城まつり
  • 養老渓谷もみじまつり

その他

出身有名人

関連人物

大多喜を舞台(モデル)とした作品

関連項目

脚注

  1. 大多喜町史編さん委員会編『大多喜町史』、大多喜町、1991年
  2. 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201

参考文献

『大多喜町行政のあゆみ』 発行日 : 2004年9月、発行 : 千葉県大多喜町、編集 : 大多喜町総務課、制作 : 株式会社ぎょうせい

外部リンク

学校

名所・観光