操作

武田氏

武田氏(たけだし)

清和源氏の一支族。甲斐国の守護,戦国大名。源義光が甲斐守に任じられてのち,その子義清が甲斐国巨摩郡武田村に土着してから嫡流は武田を称し,秋山,小笠原,南部などの支流を生じた。義清の孫信義のとき源頼朝に従い,信武のとき元弘の変および中先代 (なかせんだい) の乱で打撃を受けたが,のち足利氏に従って軍功をあげ,所領を拡大した。 16世紀,信虎のとき甲斐国内の諸豪族を圧倒して甲斐一国を支配する戦国大名となった。信虎の子晴信 (信玄) のとき甲斐,駿河の2国および信濃,遠江,三河,上野,美濃,飛騨,越中の各国の一部を勢力圏に収めたが,その子勝頼のとき織田氏に敗れて天正 10 (1582) 年滅亡。なお信武の子氏信の子孫は若狭および安芸国の守護となったが,16世紀に滅亡した。



Rakuten 楽天市場検索: