操作

国道250号

一般国道
国道250号
総延長 126.9 km
実延長 115.2 km
現道 113.0 km
制定年 1956年
起点 兵庫県神戸市長田区
東尻池交差点(地図
主な
経由都市
明石市加古川市高砂市姫路市たつの市相生市赤穂市備前市瀬戸内市
終点 岡山県岡山市北区
大雲寺交差点地図
テンプレート
ファイル:Route 250 (Japan) Himeji Aboshi-ku J9.jpg
国道250号・姫路市網干区の網干警察署付近(2009年)
ファイル:Route 250 Japan Ju10 2.JPG
姫路市大塩駅付近を通る国道250号(2010年)

国道250号(こくどう250ごう)は、兵庫県神戸市長田区から同県明石市を経由して岡山県岡山市北区に至る一般国道である。

概要

兵庫県と岡山県南部の瀬戸内海沿いを走る道路であるため、山間部を走る国道2号に対して浜国道(浜国)と呼ばれる。明石市から高砂市の区間では明姫幹線と呼ばれており、旧道である兵庫県道718号明石高砂線が「浜国道」だった。岡山県岡山市東区浅川から終点までは旧国道2号を引き継いだ区間であり、「旧2号線」などと呼ばれている。関西圏唯一の200番台国道である。

路線データ

  • 起点:兵庫県神戸市長田区(東尻池交差点)
  • 終点:岡山県岡山市北区(大雲寺交差点
  • 総延長 : 126.9 km(兵庫県 89.5 km、岡山県 22.5 km、岡山市 14.9 km)重用延長を含む。[1][注釈 1]
  • 重用延長 : 11.6 km(兵庫県 6.3 km、岡山県 5.3 km、岡山市 - km)[1][注釈 1]
  • 未供用延長 : なし
  • 実延長 : 115.2 km(兵庫県 83.2 km、岡山県 17.2 km、岡山市 14.9 km)[1][注釈 1]
    • 現道 : 113.0 km(兵庫県 80.9 km、岡山県 17.2 km、岡山市 14.9 km)[1][注釈 1]
    • 旧道 : 0.0 km(兵庫県 0.0 km、岡山県 - km、岡山市 - km)[1][注釈 1]
    • 新道 : 2.2 km(兵庫県 2.2 km、岡山県 - km、岡山市 - km)[1][注釈 1]
  • 指定区間:国道2号重複区間。但し、以下の区間を除く。
    • 明石市立石一丁目4番1(和坂交差点) - 明石市小久保二丁目1番39(小久保交差点)〈第二神明道路と並行する区間〉

歴史

路線状況

ファイル:Higashiyama-Dori01, Route 250.jpg
岡山市の東山通り(2010年)
ファイル:Aioipeperonjyou7215.JPG
相生市道の駅あいおい白龍城(2006年)

姫路市内及び高砂市内の一部区間には夜間低速規制区間がある。

愛称

  • 明姫幹線(明姫グリーンロード)(明石市・小久保交差点 - 高砂市・高砂西IC付近)
  • はりまシーサイドライン(たつの市・岩見交差点 - 相生市・工和橋北交差点)
  • 東山通り(岡山市)

重複区間

  • 国道2号(神戸市・東尻池交差点 - 明石市・小久保交差点)
  • 国道2号(高砂市・中筋交差点 - 高砂市・高砂西ランプ)
  • 国道2号(備前市・伊部東交差点 - 岡山市・浅川ランプ)

道の駅

地理

ファイル:Nanamagari Tatsuno 02.jpg
七曲り(兵庫県たつの市御津町)

国宝姫路城のある姫路市ペーロン祭が有名な相生市、それに赤穂浪士日本の名水100選に選ばれた千種川が南流する赤穂市など、有名な都市を通る。姫路市西部からたつの市(旧御津町)を経て相生市まで、「七曲り」の海岸を経て室津の古い町並をかすめる。

たつの市御津町(岩見交差点)から相生市(ポート公園前交差点)までの区間は、海岸線に沿って走るのでカーブが多い上に高低差も大きく、ヘアピンカーブが数箇所存在する。

通過する自治体

交差する道路

沿線

脚注

注釈

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 2015年4月1日現在

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 13. . 2017閲覧.

関連項目

外部リンク