actions

ヨーテボリ

ヨーテボリ
Göteborg
位置
の位置図
座標 : 東経11度58分北緯57.7度 東経11.967度57.7; 11.967
歴史
建設 1621年
創設者 グスタフ2世アドルフ
行政
 スウェーデン
 地方 ヴェステルイェートランド地方
ブーヒュースレーン地方
  [[ファイル:テンプレート:Country flag alias Västra Götalands|border|25x20px|テンプレート:Country alias Västra Götalandsの旗]] ヴェストラ・イェータランド県
 基礎自治体 Gothenburg Municipality
Härryda Municipality
Partille Municipality
Mölndal Municipality
 市 ヨーテボリ
地理
面積  
  市域 450 km2
    水面   14.5 km2
      水面面積比率     3.2%
  市街地 198.16 km2
  都市圏 3,717 km2
人口
人口 (2010年 (都市圏人口は2005年)現在)
  市域 512,754人
  市街地 512,754人
  都市圏 926,654人
公式ウェブサイト : http://www.goteborg.se/

ヨーテボリスウェーデン語:、 テンプレート:IPA-sv)は、ヴェストラ・イェータランド県に属するスウェーデン港湾都市で、県庁所在地である。人口は約52万人。スウェーデンではストックホルムに次ぎ、北欧では5番目に大きい都市である。町の名前は「ゴートの都市」を意味する。日本語ではイェーテボリイエテボリエーテボリなどとも呼ばれる。

歴史

グスタフ2世アドルフによって建設されたという伝説がある、比較的新しい都市である。デンマーク=ノルウェーとの度重なる戦争の結果、ようやく北海への出口を手に入れたスウェーデン人は、この地に拠点を建設することを決定した。それがヨーテボリである。建設当時、町のすぐ北にはノルウェー人が迫っており、すぐ南にはデンマーク人の領地があった。北欧神話によりこの地はイェート人の領地としての呼び名が伝わっており、イェート人=ゴート人の伝承により「ゴート人の町」、つまりヨーテボリが誕生した。スウェーデンなどでは、日本語でいうゴート人とイェート人を区別せず、同一視している。

大航海時代においては貿易の拠点として栄え、特にスウェーデン東インド会社が有名である。19世紀に北欧全体にナショナリズム汎スカンディナヴィア主義)が昂揚するとヨーテボリは、北欧諸国国家連合スカンディナヴィア連合王国」の首都と目された。

交通

ヨーテボリ・ランドヴェッテル空港はヨーテボリの20km東に位置し、中央駅に隣接するバスターミナル(ニルス・エーリックソンス・テルミナーレン)からは空港バスが出ており、20分から30分で結ぶ。

中央駅からはスウェーデン鉄道 (SJ) でスウェーデン各地に行くことができる。ストックホルムまでは3時間弱。駅前のバス停からは地元企業ボルボ社製の全長24m、165人乗りのバスが出ており、スウェーデン最長のバスである。

また、市内ではトラム、バスなどが運行されている。

地勢

カテガット海峡の西岸、イェータ川イェータ運河河口に位置する。

気候

西海岸に面しているため海洋性気候であり、夏場でも天候の変動が激しく、にわか雨などが多い。そのため、地元では「小さなロンドン」(Lilla London)などと呼ばれることがある。

ヨーテボリの平均気温
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2(36) 3(38) 6(43) 12(53) 16(60) 19(66) 22(71) 22(72) 18(64) 12(53) 7(44) 3(37) 12(53.1)
平均最低気温 °C (°F) -1(30) -1(31) -1(31) 3(38) 8(46) 12(53) 14(57) 14(58) 10(50) 6(43) 3(38) -1(31) 6(42.2)

Error:

経済

自然の地の利を活かし、ヨーテボリはスカンジナビアで最大の港湾施設を有している。貿易と海運は主要なビジネスであり、17世紀、スウェーデンが北米に植民地を構えた時の拠点であり、18世紀にはスウェーデン東インド会社の本拠地でもあった。東インド会社の本社は現在市立博物館になっており、当時の様子や貿易品などが展示されている。工業も主要な産業になっており、SKFボルボハッセルブラッドESAB(溶接機械の世界大手)などが本社を置き、エリクソンなどの会社が拠点を構えている。

教育

ヨーテボリにはヨーテボリ大学チャルマース工科大学という2つの大学がある。2校とも19世紀に設立された教育機関を母体とする歴史のある大学であり、ヨーテボリには6万人以上の学生がいる。

文化

スウェーデンを代表するオーケストラヨーテボリ交響楽団が拠点としている。また、メロディックデスメタルの聖地としても知られており、出身バンドが多くデビューしている。市内のヨーテボリ美術館は、カール・ラーションの絵画をはじめ19世紀北欧の美術作品を数多く所蔵している。

スポーツ

ヨーテボリは年間を通して様々なスポーツが盛んである。中でもサッカートップリーグに所属するクラブが、IFKヨーテボリGAISBKヘッケンと3つあり、2部リーグにもエルグリーテISなど100年以上の伝統を持ったクラブチームがある。また、11歳から19歳までのユース世代では最大の国際大会である、ゴシアカップ(Gothia Cup)も開催される。

また、屋内競技場、スカンジナヴィアムにはアイスホッケーのトップリーグに所属するクラブチーム、フレールンダ・インディアンス(Frölunda Indians)が本拠地を置いている。

その他のスポーツでは、国際馬術大会、ヨーテボリ・ホース・ショウ(Göteborg Horse Show)がスカンディナヴィウムで毎年開催される。また毎年5月にはイェーテボシュヴァルヴェット(Göteborgsvarvet)ハーフマラソン大会が開催され、2009年は5万3千人が参加した。さらに、ヨーテボリ・バスケットボール・フェスティバルやノードスタッズヴェンゲン(Nordstadssvängen, 社交ダンス大会)、パッティレ・カップ(Partille Cup, ハンドボールユース全国大会)などが開催されている。

各スポーツの世界大会が開催されることも多い。

ヨーテボリ出身の著名人・関係者

姉妹都市

脚注

外部リンク

公式
観光


テンプレート:North-europe-stub