actions

世界フィギュアスケート選手権

世界フィギュアスケート選手権
ISU World Figure Skating Championships
開始年 1896年
主催 国際スケート連盟
サイト フィギュアスケートの歴史(英語)
テンプレートを表示

世界フィギュアスケート選手権(せかいフィギュアスケートせんしゅけん)は、国際スケート連盟 (ISU) が主管轄で行うフィギュアスケート単独の大会としては最大の大会である。男子、女子、ペア、アイスダンスの4種目が行われる。

国際スケート連盟のランキング算出ポイントでは、オリンピックと同等の高い格が与えられている。

各国の大会出場枠は最大3名(組)で、この大会の成績(3名派遣の国は上位2人、その他の場合は全出場選手の成績)で翌年の世界選手権の(翌年にオリンピックがある場合はオリンピックも)出場人数が決められる。

歴史

世界フィギュアスケート選手権の歴史は古いが、昔から現在のような形で行われていたわけではない。

1896年に初めて世界フィギュアスケート選手権がロシアサンクトペテルブルクで開かれたが、このときは男子の競技しか行われなかった。1906年、初めて国際スケート連盟女子フィギュアスケート選手権(ISU championships for Ladies Figure Skating)がスイスダボスにて行われ、また1908年には国際スケート連盟ペアフィギュアスケート選手権(ISU championships for Pair Figure Skating)がサンクトペテルブルクで行われた。これら2つの大会が、世界選手権となったのは1924年のことだった。

1930年、それまで別々に開催されていた男子、女子、ペアの各世界選手権が、はじめて一緒に開催され、その開催地もアメリカニューヨークと、はじめてヨーロッパ以外の開催地となった。その後、1940年から1946年にかけては第2次世界大戦の影響で中断され、再び1947年に、スウェーデンのストックホルムにおいて開催された。

1952年には、新たにアイスダンスを加えた大会がパリで開かれ、ほぼ現在と同じ形となった。1961年には大会に出場するアメリカ合衆国代表チームが搭乗したサベナ航空548便が墜落し大会は中止となった。アジア地域では、1977年に初めて東京において開催された。2004-2005年シーズンからは現行のISUジャッジングシステムにより採点が行われている。

有力国の変遷

最初にフィギュアスケート競技が盛んになったのはヨーロッパである。第2次世界大戦前にヨーロッパ地域以外で開催されたのはわずかに2回のみであり、好成績は主にノルウェードイツスウェーデンフィンランドオーストリアといったヨーロッパ諸国の選手が挙げていた。

戦後、シングル、ペアにおいては1947年にバーバラ・アン・スコットが女子シングルで優勝して以来北米の2国・アメリカ・カナダの活躍がめざましい。1952年に始まったアイスダンスにおいては近年では北米から多くのメダリストを輩出しており、2011年には表彰台を独占した。

1990年代後半の数年間はロシアが女子シングルを除き優勝を独占し、席捲する勢いであった。

ISUジャッジングシステムが採用された2005年以降は頻繁に優勝者が交代し、また女子シングルとペアにおいてはアジア地域の選手が世界をリードするようになっている。

アジアからの優勝者は1989年女子シングルの伊藤みどりが最初である。ペア(2002年申雪趙宏博組が初)、男子シングル(2010年髙橋大輔が初)でも優勝者を出しているが、アイスダンスでは2018年村元哉中クリス・リードの11位が最高成績である。

アフリカ、オセアニア、南アメリカ地域からのメダリストは出ていない。

出場枠

各国(地域[1])の出場枠は、種目ごとに、前年の世界フィギュアスケート選手権での順位ポイントによって決定される[2]

順位ポイントは以下のように定められている。

  • 予選を通過できず、ショートプログラムまたはショートダンスに進出できなかった選手・チームは、20ポイントで計算する。
  • フリースケーティングまたはフリーダンスに進出できなかった選手・チームは、18ポイントで計算する。
  • フリースケーティングまたはフリーダンスに進出し、16位以下の順位の選手・チームは、16ポイントで計算する。
  • フリースケーティングまたはフリーダンスに進出し、15位以上の順位の選手・チームは、順位がそのままポイントになる

このポイントを基に、各国(地域)のその年の出場枠の数により、以下に示す基準で次の年の出場枠を決定する。なお、出場枠は最大3人(組)までに限られており、前年の世界フィギュアスケート選手権に参加しなかった場合でも、各国(地域)最低1人(組)の出場枠は確保されている。

出場人数(組) 3枠になる条件 2枠になる条件
1 2ポイント(2位)以下 10ポイント(10位)以下
2 合計が13ポイント以下 合計が28ポイント以下
3 成績上位の2人(組)に対して
2人(組)の時の計算方法を適用
成績上位の2人(組)に対して
2人(組)の時の計算方法を適用

2019年

2018年世界選手権の結果を受け、2019年にさいたま市で行われる世界選手権における複数出場枠が与えられた国(地域)は、以下の通りである。

5組以上の出場枠を持つ国(地域)
国(地域) 男子
シングル
女子
シングル
ペア アイス
ダンス
合計
ロシアの旗 ロシア 3 3 3 2 11
カナダの旗 カナダ 2 3 2 3 10
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 3 2 1 3 9
日本の旗 日本 3 3 1 1 8
イタリアの旗 イタリア 1 2 2 3
フランスの旗 フランス 1 1 2 2 6
 チェコ 2 1 1 1 5
イスラエルの旗 イスラエル 2 1 1 1
 ラトビア 2 1 1 1
 ウズベキスタン 2 1 1 1
 ベルギー 1 2 1 1
中華人民共和国の旗 中国 1 1 2 1
ドイツの旗 ドイツ 1 1 2 1

競技結果

テンプレート:世界フィギュアスケート選手権男子 テンプレート:世界フィギュアスケート選手権女子 テンプレート:世界フィギュアスケート選手権ペア テンプレート:世界フィギュアスケート選手権アイスダンス




各国メダル数

  • ドイツは西ドイツ時代を含む。

男子シングル

1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 24 21 18 63
2  オーストリア 22 16 15 53
3  スウェーデン 15 4 3 22
4 カナダの旗 カナダ 14 13 6 33
5 ロシアの旗 ロシア 7 4 6 17
6 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 4 7 7 18
7 ドイツの旗 ドイツ 3 11 10 24
8 日本の旗 日本 3 8 4 15
9 フランスの旗 フランス 3 7 9 19
10 テンプレート:CSK 3 3 1 7
11 スイスの旗 スイス 3 1 2 6
12 イギリスの旗 イギリス 2 8 5 15
13 東ドイツの旗 東ドイツ 2 2 4 8
14 スペインの旗 スペイン 2 0 2 4
15  ウクライナ 1 0 1 2
16  ハンガリー 0 2 6 8
17  カザフスタン 0 1 1 2
18 中華人民共和国の旗 中国 0 0 2 2
19  フィンランド 0 0 1 1
イタリアの旗 イタリア 0 0 1 1
 ノルウェー 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
合計 108 108 106 322

女子シングル

1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 26 22 24 72
2  ノルウェー 10 1 2 13
3 東ドイツの旗 東ドイツ 9 8 2 19
4 日本の旗 日本 8 5 7 20
5  オーストリア 7 17 12 36
6  ハンガリー 7 1 3 11
7 イギリスの旗 イギリス 6 9 7 22
8 ロシアの旗 ロシア 6 6 6 18
9 カナダの旗 カナダ 5 6 5 16
10 オランダの旗 オランダ 4 1 3 8
11 大韓民国の旗 韓国 2 2 2 6
12 テンプレート:CSK 2 0 3 5
13 ドイツの旗 ドイツ 1 8 4 13
14 フランスの旗 フランス 1 4 2 7
15 イタリアの旗 イタリア 1 2 4 7
16 中華人民共和国の旗 中国 1 1 2 4
17 スイスの旗 スイス 1 0 0 1
 ウクライナ 1 0 0 1
19  スウェーデン 0 2 5 7
20 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 0 2 1 3
21  フィンランド 0 0 1 1
合計 98 97 95 290

ペア

1 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 25 19 8 52
2 ドイツの旗 ドイツ 18 10 11 39
3 カナダの旗 カナダ 12 7 11 30
4 ロシアの旗 ロシア 8 10 9 27
5  オーストリア 7 13 7 27
6 中華人民共和国の旗 中国 6 9 5 20
7  ハンガリー 5 3 5 13
8 フランスの旗 フランス 4 1 2 7
9  フィンランド 3 4 0 7
10 イギリスの旗 イギリス 3 3 5 11
11 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 6 17 25
12  ベルギー 2 0 1 3
13 東ドイツの旗 東ドイツ 1 6 6 13
14  チェコ 1 0 0 1
15 テンプレート:CSK 0 2 1 3
16  スウェーデン 0 1 3 4
17  ノルウェー 0 1 2 3
18 スイスの旗 スイス 0 1 0 1
19 日本の旗 日本 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
合計 96 95 94 285

アイスダンス

1 テンプレート:GBR2 17 10 7 34
2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 16 14 8 38
3 ロシアの旗 ロシア 11 4 4 19
4 フランスの旗 フランス 6 7 5 18
5 カナダの旗 カナダ 4 11 13 28
6 テンプレート:TCH 4 0 0 4
7 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 12 19 33
8  ブルガリア 2 1 1 4
イタリアの旗 イタリア 2 1 1 4
10 独立国家共同体の旗 独立国家共同体 1 1 1 3
 ハンガリー 1 1 1 3
12 西ドイツの旗 西ドイツ 0 3 1 4
13  フィンランド 0 1 1 2
14 ドイツの旗 ドイツ 0 0 1 1
イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
 リトアニア 0 0 1 1
 ウクライナ 0 0 1 1
合計 66 66 66 198

総計

1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 54 61 78 193
2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 44 42 24 110
3  オーストリア 36 46 34 116
4 カナダの旗 カナダ 35 37 35 107
5 ロシアの旗 ロシア 32 24 25 81
6 テンプレート:GBR2 28 30 24 82
7 ドイツの旗 ドイツ 16 20 20 56
8  スウェーデン 15 7 11 33
9 フランスの旗 フランス 14 19 18 51
10  ハンガリー 13 7 15 35
11 東ドイツの旗 東ドイツ 12 16 12 40
12 日本の旗 日本 11 13 12 36
13  ノルウェー 10 2 5 17
14 テンプレート:TCH 9 5 5 19
15 中華人民共和国の旗 中国 7 10 9 26
16 西ドイツの旗 西ドイツ 6 12 7 25
17 スイスの旗 スイス 4 2 2 8
18 オランダの旗 オランダ 4 1 3 8
19  フィンランド 3 5 3 11
20 イタリアの旗 イタリア 3 3 6 12
21 独立国家共同体の旗 独立国家共同体 3 1 1 5
22 大韓民国の旗 韓国 2 2 2 6
23  ブルガリア 2 1 1 4
24 スペインの旗 スペイン 2 0 2 4
25  ベルギー 2 0 1 3
26  ウクライナ 1 0 2 3
27  チェコ 1 0 0 1
28  カザフスタン 0 1 1 2
29 ポーランドの旗 ポーランド 0 0 2 2
30 イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
 リトアニア 0 0 1 1
合計 369 367 362 1098


脚注

  1. プエルトリコ、香港など統治国とは異なる競技統括団体を持つ地域のこと
  2. 国際スケート連盟 シングル・ペア・アイスダンス規定及び技術規則2014 規則378

参考文献

公式リザルト

関連項目

テンプレート:ISUフィギュアスケート選手権 テンプレート:世界フィギュアスケート選手権