操作

デイヴィッドソン・マクドナルド

デイヴィッドソン・マクドナルド
Davidson MacDonaold
個人情報
出生 1936年
カナダの旗 カナダオンタリオ州プリンスエドワード郡ブルームフィールド
死去 1905年1月3日
カナダの旗 カナダ
国籍 カナダの旗 カナダ
居住地 静岡県静岡市
配偶者 アニー・クラーク
職業 宣教師医師
出身校 ビクトリア大学神学部トロント大学(医学博士)

デイヴィッドソン・マクドナルド: Davidson MacDonaold1836年 - 1905年1月3日)は、スコットランドカナダ人カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会明治時代日本に派遣した宣教師である。マクドナルドの弟子たちは静岡バンドを形成した。

生涯

幼少期・青年期

カナダオンタリオ州プリンスエドワード郡ブルームフィールドで、スコットランド人の間に生まれる[1]ビクトリア大学神学部を卒業し[1]、1864年にカナダ・ウェスレアン・メソジスト教会の教職として按手を受ける[2]。同年、アニー・クラークと結婚[3]牧師の傍らトロント大学医学部に学び[1][2]1872年に卒業。医学博士(M・D・)の学位を取得した。

日本宣教師

1872年(明治5年)カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会(1874年にカナダ・メソジスト教会となる)、日本伝道を決議。

1873年(明治6年)マクドナルドジョージ・コクランと共にカナダ・ウェスレアン・メソジスト教会より宣教師として日本に派遣される。

1873年(明治6年)6月 横浜に上陸。初めは横浜で活動していた。その後、コクランは東京で、マクドナルド静岡で伝道をすることになる。

1874年(明治7年)4月8日 静岡県の私立英学塾の賤機舎のお雇い教師エドワード・ウォーレン・クラークの後任として招聘され英語教師として赴任した[2][4]賤機舎で英語教師をする傍らで医者も務めていた。赴任後しばらくは賤機舎人見寧宅に住み、そちらでの聖書講義も開始した[5]

1874年(明治7年)7月 駿府城内の旧クラーク邸に移りそこでバイブルクラスを開く。

1874年(明治7年)9月27日 賤機舎の11名の英学生【山中笑露木誠一村松一三木自道日根野弘之諏訪昇栗島重清小倉烈佐藤重道(後の佐藤顕理)・山中常慶・杉山彦六(後の土屋彦六) 】に洗礼を授けた後、組長を露木精一山中笑を副組長として日本メソジスト静岡教会(現・日本基督教団静岡教会)を組織した。

1876年(明治9年)マクドナルドは静岡県のお雇い医師に招聘され、藩立駿府病院(後の静岡市立静岡病院)で顧問医師を勤めた。

1876年(明治9年)9月8日 カナダ・メソジスト教会の第2陣の宣教師として、ジョージ・ミーチャムC・S・イビーが来日する。

1876年(明治9年)10月 マクドナルドの依頼でジョージ・ミーチャム宣教師が沼津市に派遣され、沼津教会発足。ミーチャムの通訳は佐藤顕理が務めた。沼津教会の初代牧師は土屋彦六、2代目牧師は山中笑である[8]

1878年(明治11年)3月 マクドナルドは静岡を離れ、帰国。静岡にいた4年の間に洗礼を授けた人数は129人にもなっていた洗礼を授けた[2]

1879年(明治12年)再来日。ミッションの議長となる。東京築地明石町で医療と伝道を行った[2]

1889年(明治22年) 日本年会(後の日本基督教団)議長就任。

1898年(明治31年) 日本年会議長離任。

1904年(明治37年)帰国[2]

1905年(明治38年)1月3日 召天。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 マクドナルド”. ジャパンナレッジ. . 2013閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 マクドナルド”. コトバンク. . 2013閲覧.
  3. 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P38
  4. 『静岡英和女学院百年史』(百年史編纂委員会、1990年) P39
  5. (1990年11月26日) 静岡英和女学院百年史. 静岡英和女学院. 
  6. 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P38
  7. 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P39
  8. (2003年5月20日) 『東海教区史』. 日本基督教団東海教区. 

参考文献

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年
  • 守部喜雅『日本宣教の夜明け』いのちのことば社、2009年
  • 125年史編纂委員会『静岡教会一二五年史』、2009年
  • 『静岡教会六十年史』日本キリスト教団静岡教会、1985年
  • 静岡英和女学院百年史編纂委員会『静岡英和女学院百年史』、1990年
  • 『東海教区史』日本基督教団東海教区、2003年5月20日

テンプレート:静岡バンド