actions

アジア系アメリカ人

アジア系アメリカ人
Asian American
アメリカ合衆国の旗
総人口
1494万0775
合衆国総人口の約5%(2007年)[1]
言語
主にアメリカ英語
宗教
キリスト教仏教 ヒンドゥー教 イスラム教 その他の東アジアの宗教、 その他のインドの宗教、 その他の宗教

アジア系アメリカ人(あじあけい あめりかじん、: Asian American)とは、アジアに起源を持つアメリカ人のことである。

概要

アメリカ国籍を有するアジア系アメリカ人を指す。アジア系アメリカ人の内、最も多いのは2011年時点で中国系となっている。中国系は、アジア系の23.2%を占める。以下、フィリピン系、インド系ベトナム系韓国系日系と続く[2]

歴史

政治

2014年3月、カリフォルニア州上院議員であるリーランド・イーチャイナタウンマフィアらと共謀し、銃器密売や恐喝、贈賄を行なったとして連邦捜査局に逮捕された。

経済

アジア系アメリカ人は出自別では全米で最も経済的に成功している。2012年3月に発表された米国雇用機会均等委員会の調査によると、世帯毎の平均年収はアジア系が53,401ドル、白人が50,349ドル、ヒスパニックが49,873ドル、黒人が44,333ドルとなっており、アジア系が首位を確保している。[3]

著名なアジア系アメリカ人

政治家

法曹家

軍人

警察

宇宙飛行士

医学

学者

実業家

建築家

芸術家

映画

俳優

放送・報道

モデル

ミュージシャン

スポーツ選手

その他

関連項目

出典

外部リンク