actions

フィールズ賞

フィールズ賞
フィールズ・メダル(表面)
受賞対象 傑出した業績をあげた40歳以下の数学者
主催 国際数学者会議 (ICM)
初回 1936年
公式サイト www.mathunion.org/general/prizes/fields/details/
テンプレートを表示

フィールズ賞(フィールズしょう)

数学の分野で著しい業績を上げた研究者に贈られる賞。正式名称は International Medal for Outstanding Discoveries in Mathematics。しばしば数学のノーベル賞と称される。4年に 1度開かれる国際数学者会議 ICMの際,40歳以下の数学者 2~4人に授与される。1924年カナダのトロントで開かれた国際数学者会議で議長を務めたトロント大学数学科教授ジョン・チャールズ・フィールズ(1863~1932)が,会議運営資金の余剰金を元に創設することを提唱。のちにフィールズの遺産が寄贈されたことから,本人の意に反してフィールズ賞の名で知られることになった。1936年に最初のフィールズ賞が 2人に授与され,1966年から受賞者数が増やされた。受賞者にはメダルと報奨金が贈られる。国際数学連合 IMUの執行委員会が選考委員を任命し,各国の下部組織が候補者を推挙する。日本人の受賞者としては,小平邦彦広中平祐森重文がいる。ICMではフィールズ賞のほかに,1982年から理論計算機科学の分野における傑出した研究に対してネバンリンナ賞が,2006年からは数学研究によって社会に大きな影響を与えた数学者にガウス賞が授与されている。


外部リンク




楽天市場検索: