操作

仏教

ぶっきょう、旧字体: 佛敎、サンスクリット: बौद्धधर्मः 、英語: Buddhism

前500年頃に北インドで釈迦(ゴータマ・シッダールタ)が創始した宗教。釈迦は悟りを開いて仏陀となり,原始仏教の教団をつくった。釈迦の死の約 100年後,教団は上座部大衆部に分裂し,その後も多くの分派に分かれた(部派仏教)。紀元前後に,より実践的で民衆に根づいた大乗仏教が興起し,思想的に発展した。マウリヤ朝アショーカや,クシャン朝カニシカなどの王の庇護下,7~8世紀頃まで栄え,その後インドでは衰退した。しかし,スリランカや,ミャンマー,タイ,カンボジアなどの東南アジアには上座部系の仏教が広まり(南方仏教),西インド,中央アジア,チベットにも大乗仏教,特に密教が伝えられた。1~2世紀には中国に伝わって十三宗が生まれ,代に最盛期を迎えた。20世紀には欧米にも広まっている。

日本には 6世紀中頃,宣化3(538)年もしくは欽明13(552)年に朝鮮半島を経て伝来したとされる。聖徳太子が仏教隆盛に尽力し,歴代の天皇が保護し,奈良・平安時代を通じて神仏習合がなされた。また鎌倉時代以降,法然浄土宗親鸞浄土真宗一遍時宗日蓮日蓮宗など多くの新宗派が生まれ,また中国から禅宗が伝えられて栄西臨済宗道元曹洞宗などが興った。明治1(1868)年には神仏判然令が布告され,そののち廃仏毀釈の運動が起こった。今日では,浄土系,日蓮系,真言系(真言宗),禅系の宗派が特に多くの信者を抱える。(日本仏教