actions

上座部

部派仏教 > 上座部

上座部(じょうざぶ、: स्थविरवाद, Sthaviravāda, スタヴィラヴァーダ, : theravāda[1]は、部派仏教の部派の1つ[1][2]。上座部から分派してできた複数の部派の総称を指して上座部と呼ぶ用法もある[1]

根本分裂

釈迦の没後100年ほど後、十事の非法[3]・大天の五事などの「」の解釈で意見が対立し、教団は保守的な上座部と進歩的な大衆部とに根本分裂した(部派仏教時代)[1]。また別の意見として、根本分裂は上座部と大衆部と分別説部に分かれたという説もある[4]

枝末分裂

教団は更に枝末分裂を繰り返した[1]

上座部系の代表的な部派は、

などである。

  • 分別説部 - スリランカ赤銅鍱部として伝わったが、マハーワンサに途絶えた事が記載されている[5]。マハーワンサの5章に長老がスリランカ王に分別説部の教義を教えると告げる場面の記述が見られる[6]

上座部系は主として西方・北方インドに広まり、概して有力であった。

脚注

注釈

脚注

関連項目

テンプレート:Buddhism-stub テンプレート:初期仏教・部派仏教