actions

アイルランド総督 (ロード・レフテナント)

アイルランド総督(アイルランドそうとく)、ロード・レフテナント・オブ・アイルランド英語:the Lord Lieutenant of Ireland[1])は、かつてアイルランド卿時代(1171年 - 1541年)、アイルランド王国時代(1541年 - 1800年[2])、グレートブリテン及びアイルランド連合王国時代(1801年 - 1922年)の間に、イングランドないしイギリスの君主の公式な名代、アイルランドにおける行政執行の長として置かれていた役職。なお「レフテナント」(/lefténənt/)とは lieutenantイギリス英語およびアイルランド英語における発音であり、アメリカ英語における「ルーテナント」(/luːténənt/)と同じである。

この役職は、様々な名称で呼ばれることがあり、「副王 (viceroy)」としても広く知られた。「viceroy」はフランス語の「vice roi」つまり副王に由来し、その妃は「副王妃(ヴァイスレーヌ) vicereine」と称された。アイルランド統治の実権は、17世紀までは通常(日本語では同じく「アイルランド総督」と訳される)ロード・デピュティが、後にはアイルランド担当次官Chief Secretary for Ireland:日本語では「大臣」と訳されることもある)が掌握していた。中世期においては、ロード・デピュティにはアイルランド人貴族が任じられる例もあったが、ロード・レフテナントの役職には、グレートブリテン出身の、通常は貴族が、任命された。

日本語では「アイルランド統監」と訳されることもある。

役割

総督は、君主の名代として、様々な役割を担っていた。

1800年連合法によってアイルランド議会が廃止される以前には、統治方針を述べる国王演説を総督(ロード・レフテナント)が読み上げていた。総督の統治は、恩典として爵位や勲位などの国家的栄誉を広く授けることを通して、アイルランド議会を実質的に支配していた。このように歴代の総督/副王たちが、議会を支配するために腐敗した手段を用い、権力を濫用したことは批判にも晒された。1777年7月のある日、総督の地位にあった第2代バッキンガムシャー伯爵 (John Hobart, 2nd Earl of Buckinghamshire) は、一挙に5人の子爵伯爵に、7人の男爵を子爵に陞爵させ、さらに、18人に新たに男爵を授けた[3]。恩典の授与権は、上下院の議員たちを懐柔して連合法への支持を得るために行なわれ、議会において連合法への反対から賛成へと立場を変えた者の多くは、その転向によって爵位や栄典を受けることとなった。

憲法上の位置づけ

ファイル:Flag of the Lord Lieutenant of Ireland.svg
アイルランド総督(ロード・レフテナント)の旗

アイルランド総督(ロード・レフテナント)は、その統治において、アイルランド枢密院 (Privy Council of Ireland) の助言を受けていた。アイルランド枢密院は、特に任じられた者や世襲貴族から成り、おもにダブリン城内の会議室 (the Council Chamber) で開かれるのが習わしであったが、時には別の場所でも会合した。副王の宮廷において中枢を占めたおもな役職者は次の通りである。

アイルランド総督(ロード・レフテナント)は、あらかじめ任期が定められることはなく、「国王(女王)陛下の思し召しのまま」その任にあるものとされた。これは実際上には、英国政府が望む限り在任し続けることを意味した。政権が倒れれば、総督は新政権の支持者に交代するのが普通であった。

総督就任者

16世紀までは伝統的に、第8代キルデア伯爵(en)や第9代キルデア伯爵(en)のように、アイルランド生まれのイングランド人であるアングロ・アイリッシュen)の貴族が「Justiciar」ないし「ロード・デピュティ(Lord Deputy)」と称される職位を占めていたが、アイルランドの植民地化en)以降はグレートブリテン王国出身の貴族にこの地位が与えられるようになった。アイルランド出身のカトリック教徒で最後にこの地位に就いたのは、ジェームズ2世の下で短期間ながらカトリック教徒が優位に立ってからウィリアマイト戦争によってそれに終止符が打たれるまで、1685年から1691年の期間に就任していたティアコネル伯爵である。

1767年まで、グレートブリテンの貴族は、総督に任じられてもアイルランドに常駐することはなかった。彼らは、数ヶ月から、時には2年に及ぶアイルランド議会の開会期間中だけアイルランドに留まっていた。しかし、1765年にグレートブリテンの内閣は、アイルランドの公務を常時監督するためには、総督の常駐が必要だとする決定を下した[5]

イングランド貴族、ないしは、グレートブリテン貴族のみが副王に任じられるとした制約に加え、名誉革命以降には、アイルランドで圧倒的多数を占めているカトリック教徒を除外するという制約が追加された。総督職に就き得る者は、聖公会イングランド国教会)の信徒のみに制限された。カトリックであった国王ジェームズ2世の時代の後、最初に総督職に就いたカトリック教徒は、1921年4月に就任したダーウェントのフィッツアラン卿 (Edmund Fitzalan-Howard, 1st Viscount Fitzalan of Derwent) であったが、彼を最後に副王は置かれなくなった。

重要性

総督職は、徐々にその重要性を失って形骸化し、セント・ジェームズ宮殿 (Court of St. James's) や ウェストミンスターといった政治の中枢から外されたグレートブリテンの政治家を、体よく追い出す方便に使われるようになっていった。また、別の例では、総督職への就任が、その後の出世には躓き石となった。総督職を経験したハーティントン卿ポートランド公は、それぞれ1756年1783年にグレートブリテン首相となり、ダブリン城からダウニング街10番地へとたどり着いた。

19世紀半ばには、総督職はもはや強力な政治的実権を失っており、アイルランドの行政を統治するのではなく、君臨するだけの、象徴的な疑似君主に過ぎなくなっていた。実験を握るようになったのはアイルランド担当次官であり、しばしば連合王国内閣にも、総督ではなく担当次官が、参画するようになった。

公邸

ファイル:Dcastlemaindoor.jpg
ダブリン城内の副王公邸。社交の季節におけるアイルランド総督の公邸であった。

アイルランド総督の公邸は、ダブリン城内の副王公邸 (the Viceregal Apartments) であり、副王の宮廷もここが根拠地となっていた。アイルランド総督たち(ロード・レフテナントやロード・デピュティ)が夏の季節や、その他の機会に使用した公邸としては、ほかにもキンサレー (Kinsealey) のアベヴィル (Abbeville)、火災で被害を受けたダブリン城を建て直している期間に総督が移り住んだものの幽霊屋敷だとして退去したというチャペリゾッド・ハウス (Chapelizod House)、リークスリップ (Leixlip) のリークスリップ城、セルブリッジ (Celbridge) のセント・ウォルスタンズ (St. Wolstan's) があった[3]。ジェラルドの名をもち、いずれもアイルランド出身のロード・デピュティであった第8代キルデア伯爵 (8th Earl of Kildare) と第9代キルデア伯爵 (9th Earl of Kildare) は、キルデア州メイヌースにあった自らの城に居住していた。エセックス卿 (Lord Essex) は、ミース州ナヴァン近郊で、ミース教区 (Diocese of Meath) の主教の住まいであるアードブラカン・ハウス (Ardbraccan House) にも近い、ダラムスタウン城 (Durhamstown Castle) を所有していた。

総督がアイルランドに常駐するという方針の決定は、総督公邸のあり方にも変化を強いることになった。副王宮廷のみならず、副王一家が常住し、枢密院など様々な政府機関の事務所を備えるには、ダブリン城は十分な環境とはいえなくなった。1781年に、グレートブリテン政府はフェニックス・パークの旧御料林管理人住宅を買い上げ、総督公邸とした。この建物は建て直されて、副王宿舎 (the Viceregal Lodge) と名付けられた。しかし、1820年代に大規模な改修が行なわれるまで、この宿舎が副王によって定期的に使用されることはなかった[3]。この建物は現在では「アーレス・アン・ウフタラーン (Áras an Uachtaráin)」と呼ばれ、アイルランド共和国大統領官邸となっている。

19世紀半ばまで、総督がダブリン城に滞在するのは、1月初旬から3月17日聖パトリックの祝日まで、舞踏会や交流会などの社交行事が盛んに行なわれるアイルランドにおける社交の季節 (Irish Social Season) だけであった。

総督に対するアイルランド人の態度

イギリスによるアイルランド統治そのものと同じように、総督職はナショナリスト (nationalist) には嫌われていたが、ユニオニスト (unionist) たちからは、程度の違いはいろいろあったものの、おしなべて支持されていた。総督たちの中には、個人的な才覚によって、ナショナリストたちからも人気を得た例もあった。19世紀のはじめから、総督職を廃止し、「アイルランド担当国務大臣 (Secretary of State for Ireland)」の設置を求める声が頻繁に起きるようになった。一度は、こうした制度改革に向けた法案が時の政権から提出されたこともあったが、結局のところ総督職は、(北アイルランドを除く)アイルランドの大部分についてイギリスの統治が終わるまで、存続し続けた。

アイルランドのナショナリストたちは、19世紀を通して、また20世紀はじめにおいて、アイルランドの自治を求めて運動を展開した。ダニエル・オコンネル (Daniel O'Connell) は、連合法 (1800年)の廃止とアイルランド王国の再建を求めたが、チャールズ・スチュワート・パーネルなど、その後のナショナリストたちは、より穏健な路線を採り、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の枠組の中での自治 (home rule) を求めた。しかし、いずれにしても、アイルランドの統治機構再編に際し、総督職の廃止は当然のこととされていた。

4次に及んだアイルランド自治法案の最後のものとなったアイルランド統治法 (1920年) は、総督職の存続を組み込んでいた。統治法はアイルランドを北アイルランド南アイルランドに分割し、連合王国内において統治権限を委譲された自治政体とした。南北アイルランドを結合させる機構として、やがて全アイルランドの議会として機能するようになることが期待されていたアイルランド評議会 (Council of Ireland) とともに、両政体の名目的な首長としてそれぞれの首相を任命し、それぞれの議会を解散させる役割を担う総督が置かれた。しかし実際には、北アイルランドは統治法にもとづいて機能したものの、南アイルランドは間もなくアイルランド自由国に置き換わった。総督がもつものとされた権限は、法改正により、新設された北アイルランド総督 (Governor of Northern Ireland) が代わって行なうことになったが、アイルランド自由国において王権を代表する役割は、新設されたアイルランド自由国総督 (Governor-General of the Irish Free State) が担うことになった。その結果、アイルランド総督(ロード・レフテナント)は廃止されるに至った。

伝統的に代々のアイルランド総督は、ダブリン城内のチャペル・ロイヤル (Chapel Royal) のどこかに、自身の紋章を残しており、ステンドグラスの窓に組み込まれたものや、椅子に彫刻されたものなどがある。ダブリンの人々によれば、最後の総督となったダーウェントのフィッツアラン卿の紋章が、最後まで残っていたスペースを占めているのだという。

出典・脚注

  1. Lieutenantは後置修飾語の扱いであり、複数形は Lords Lieutenant of Ireland となる。
  2. 厳密には、1651年から1659年までのイングランド共和国の時期を除く。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Joseph Robins, '"Champagne and silver Buckles: The Viceregal Court at Dublin Castle 1700–1922 p.66.
  4. 一般的に「Lord Justice」とは、「裁判官」を意味する。
  5. Joseph Robins, '"Champagne and silver Buckles: The Viceregal Court at Dublin Castle 1700–1922 p.56.

参考文献

  • Joseph Robins, Champagne and Silver Buckles: The Viceregal Court and Dublin Castle 1700–1922 (Lillyput Press, 2001) ISBN 1-901866-58-0

関連項目