actions

ウィリアム・キャヴェンディッシュ (第4代デヴォンシャー公爵)

第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ: William Cavendish, 4th Duke of Devonshire, KG, PC 1720年5月8日 - 1764年10月2日)は、イギリスホイッグ政治家。

1756年11月16日から1757年6月25日の間首相をつとめたが、実質的指導者はウィリアム・ピット(大ピット、後の初代チャタム伯爵)であった。大ピットは財政面の知識にとぼしく、自らは南部担当国務大臣Secretary of State for the Southern Department; 南部国務卿)となり、第一大蔵卿(首相)をデヴォンシャーに任せて七年戦争の指揮にあたった。

1729年以前はキャヴェンディッシュ卿Lord Cavendish)、同年から1755年まではハーティントン侯爵Marquess of Hartington)の儀礼称号を名乗った。

経歴

第3代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュEnglish版の息子[1][2][3]1741年よりダービーシャー州選挙区選出の庶民院議員[4][1]1751年に「ハードウィックのキャヴェンディッシュ男爵」(Baron Cavendish of Hardwick)として貴族院に招集され(繰上勅書)、貴族院議員となる[1][2][3]。同年主馬頭Master of the Horse)に任じられたほか、枢密顧問官に列せられる[2][3]1754年から1764年までアイルランド大蔵卿テンプレート:訳語疑問点Lord High Treasurer of Ireland)、1755年から1756年までアイルランド総督(アイルランド統監)を務める[1]。 1755年、父の死により第4代デヴォンシャー公爵となる[1][2][3]

1756年七年戦争が勃発するとイングランドでは指導者として大ピットを期待する声が高まるが、本人が初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズの政権へ加わるのを拒否したため、家柄と庶民院議員の経験やアイルランドでの人気によりデヴォンシャーが第一大蔵卿首相)に推された[2]。首相就任と同時にガーター勲章を授けられた[1][2][3]。 デヴォンシャーは特に政治能力を発揮することもなく、大ピットがニューカッスルとの和解の必要を悟ったこともあり、翌1757年に首相を退任[2]宮内長官Lord Chamberlain; 王室侍従長)となる[1][2][3]

その後健康を害し、温泉療養のために訪れていたオーストリア南ネーデルラントスパで客死した[2]。ダービーシャーのダービー大聖堂English版に埋葬されている[5][6]

家族

後に第6代クリフォード女男爵となるレディ・シャーロット・エリザベス・ボイル1748年に結婚し[1][2][3]、三男一女をもうけた[1]。彼女は建築・美術収集家として知られた第3代バーリントン伯爵リチャード・ボイルの一人生き残っていた最後の娘[注 1]で、この結婚によりアイルランドウォーターフォード州リズモア城English版 (Lismore Castle)、ロンドンピカデリー通りバーリントンハウスチジックハウスヨークシャー州のロンデスボローホール (Londesborough Hall) (英語版) やボルトン修道院 (Bolton Abbey) (英語版) 等の財産がデヴォンシャー公爵家へ渡った[2][8]

呼称の変遷

  • キャヴェンディッシュ・オブ・ハードウィック卿(Lord Cavendish of Hardwick、1720年 - 1729年)
  • ハーティントン侯爵(Marquess of Hartington、1729年 - 1741年)
  • ハーティントン侯爵庶民院議員(Marquess of Hartington, MP、1741年 - 1751年)
  • ハーティントン侯爵閣下(The Rt. Hon. Marquess of Hartington、1751年 - 1755年)
  • デヴォンシャー公爵閣下(His Grace The Duke of Devonshire, PC、1755年 - 1756年)
  • デヴォンシャー公爵閣下(His Grace The Duke of Devonshire, KG, PC、1756年 - 1764年)

注釈

  1. 第3代バーリントン伯爵には3人の娘がいたが、長女ドロシーは1742年に17歳で、次女ジュリアンナは1730年に3歳で亡くなっている[7]:77

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 Lundy, Darryl. “William Cavendish, 4th Duke of Devonshire” (英語). thepeerage.com. . 2011閲覧.
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 テンプレート:DNB
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 ファイル:PD-icon.svg “1755. William Cavendish VII.” (英語). The official baronage of England, showing the succession, dignities, and offices of every peer from 1066 to 1885. 1. London: Longmans. (1886). p. 594. http://www.archive.org/stream/officialbaronage01doyluoft#page/594/mode/2up . 2011閲覧.. 
  4. Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "D"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. . 2010閲覧.
  5. CavODNB.
  6. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。[1]”. Find a Grave. . 2017閲覧.
  7. John Burke (1831).A General and Heraldic Dictionary of the Peerage of England, Ireland and Scotland. Henry Colburn and Richard Bentley. 2016年1月10日閲覧
  8. Schweizer, Karl Wolfgang (2004). "Cavendish, William, fourth duke of Devonshire (bap. 1720, d. 1764)"

外部リンク

公職
先代:
空席
主馬頭English版
1751年 – 1755年
次代:
初代ドーセット公爵
先代:
第3代バーリントン伯爵
アイルランド大蔵卿English版
1754年 – 1764年
空位
次代の在位者
第5代デヴォンシャー公爵English版
先代:
初代ドーセット公爵
アイルランド総督
1755年 – 1757年
次代:
第4代ベッドフォード公爵
先代:
初代ニューカッスル=アポン=タイン公爵
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国首相
1756年11月16日 – 1757年1月25日
次代:
初代ニューカッスル=アポン=タイン公爵
貴族院院内総務
1756年 – 1757年
先代:
第2代グラフトン公爵
宮内長官English版
1757年 – 1762年
次代:
第4代マールバラ公爵
無効なパラメータ
先代:
サー・ナサニエル・カーゾン準男爵English版
チャールズ・キャヴェンディッシュ卿English版
ダービーシャー選挙区English版 選出庶民院議員
同一選挙区同時当選者 サー・ナサニエル・カーゾン準男爵

1741年 – 1751年
次代:
サー・ナサニエル・カーゾン準男爵
フレデリック・キャヴェンディッシュ卿English版
名誉職
先代:
第3代デヴォンシャー公爵English版
ダービーシャー統監English版
1756年 – 1764年
次代:
グランビー侯爵English版
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ
20px デヴォンシャー公爵
1755–1764
次代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ
キャヴェンディッシュ・オブ・ハードウィック男爵
1751年 – 1764年