actions

舟橋聖一


舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年明治37年)12月25日 - 1976年昭和51年)1月13日)は、日本小説家東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家舟橋和郎

大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。

戦後は『雪夫人絵図』などの風俗小説で流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊[1]日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。

幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。

来歴

東京市本所区横網町(現在の東京都墨田区横網)に生れる。キリストの降誕日にちなんで「聖一」と名づけられた。父は東京帝国大学工科助教授の了助、母はさわ子。弟3人と妹ひとりがいた。生後100日頃に不注意から父の百日咳がうつり、これが遠因となって晩年に至るまで喘息に苦しむこととなる。1909年(明治42年)に父がドイツへ留学したため、神奈川県腰越長山の母の実家の別荘に転居した。このころから祖母に連れられ、芝居見物をしていた。

1911年(明治44年)に正修尋常高等小学校(現在の鎌倉市立腰越小学校)に入学したが、父が戻り教授になったので東京市本郷区弥生町(現在の東京都文京区弥生)に移り、入学後5ヶ月で東京市誠之尋常小学校(現在の文京区立誠之小学校)に転校。さらに1913年(大正2年)に東京府豊多摩郡落合村(現在の東京都新宿区)に移ったため、私立高千穂小学校(現在は廃校)に転校した。高千穂中学校(現在は廃校)卒業後、水戸高等学校(現在の茨城大学文理学部)に進学し、土方定一片柳真吉らと知り合った。この頃から舟津 慶之輔(ふなづ よしのすけ)の筆名で短歌・戯曲を発表し、同人雑誌『歩行者』に参加。また、小山内薫の門下生となった。

1925年(大正14年)に高校を卒業し、東京帝国大学文学部国文科に進んだ。四代目河原崎長十郎を中心に、池谷信三郎村山知義らとともに劇団「心座」を結成し、また文芸部雑誌『朱門』の同人となり、阿部知二らを知る。『朱門』創刊号に戯曲『信吉の幻覚』を発表、翌年に戯曲『痼疾者』が上演され、上司小剣秋田雨雀に認められた。この年の7月に佐藤百寿と結婚、10月には『新潮』に『白い腕』を発表している。1928年(昭和3年)、『文芸都市』の同人となり、阿部知二、井伏鱒二梶井基次郎外村繁らと「新人クラブ」を結成。翌年「心座」を退き、阿部、井伏らと『新文芸都市』を創刊。このほかにも、今日出海らと「蝙蝠座」を、小林秀雄や井伏鱒二らと「新興芸術派クラブ」を、飯塚友一郎らと「演劇学会」を結成して盛んに文芸活動に身を投じる一方、『あらくれ会』同人になり徳田秋声の門下生となっている。この間に拓殖大学明治大学で講師を務めた。

1933年(昭和8年)に創刊した『行動』に発表した『ダイヴィング』は、行動主義、能動精神運動を起こして大きな反響を呼ぶ。この頃小林の勧めで『文學界』同人となり、さらに『行動文学』を創刊。1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した『木石』で認められ、以後『新風平家物語』『北村透谷』『女の手』などを書いた。

戦後は『小説新潮』に掲載した『雪夫人絵図』をはじめとする風俗小説で人気を得、1953年(昭和28年)には『花の生涯』を発表。幕末大老井伊直弼を中心とした開国前後の動乱期の人間模様を描いたこの作品は、NHK大河ドラマの第一作となった。また1999年平成11年)にも『新・忠臣蔵』を原作とした『元禄繚乱』がNHK大河ドラマで放送された。

1966年(昭和41年)より眼病が悪化し、晩年は両眼ともにほぼ失明状態に陥ったが口述筆記で執筆活動を継続。1970年(昭和45年)より平凡社太陽』に自らライフワークと位置付けた『源氏物語』の連載と、読売新聞に『太閤秀吉』の連載を開始したが、1976年(昭和51年)完結を前に日本医科大学付属病院で急死。この両作を含めた数作が未完の絶筆となった。戒名は文篤院殿青海秀聖居士[2]

その他

菊池寛吉川英治吉屋信子らと共に文士馬主でも有名であり、主な所有馬に中山大障碍勝ち馬のモモタロウがいる。時に府中中山での競馬施行時には開催日程を皆勤するほど熱心で、府中では英国風の洋服にハンチング、一転して中山では和服姿と使い分けたりする洒落者だった[3]

年譜

  • 1904年(明治37年) 東京市で誕生。
  • 1928年(昭和3年) 東京帝国大学文学部国文科卒業。
  • 1938年(昭和13年) 明治大学教授。
  • 1948年(昭和23年) 日本文芸家協会理事長。
  • 1949年(昭和24年) 芥川賞選考委員。
  • 1950年(昭和25年) 文部省 国語審議委員。
  • 1964年(昭和39年) 『ある女の遠景』毎日芸術賞受賞、『花の生涯』彦根市名誉市民表彰。
  • 1966年(昭和41年) 日本芸術院会員。
  • 1967年(昭和42年) 『好きな女の胸飾り』野間文芸賞受賞。
  • 1969年(昭和44年) 横綱審議委員長。
  • 1975年(昭和50年) 文化功労者
  • 1976年(昭和51年) 急性心筋梗塞により死亡。(享年71)
  • 2007年(平成19年) 舟橋聖一文学賞創設(彦根市)。

作品一覧

  • 『ダイヴィング』(1935年、紀伊國屋書店)
  • 『岩野泡鳴伝』(1938年、青木書店)
  • 『新胎・木石』(1938年、青木書店)
  • 『川音』(1940年、実業之日本社)
  • 『新風平家物語』(1940年、万里閣)
  • 『愛児煩悩』(1940年、万里閣)
  • 『清流』(1941年、人文書院)
  • 『徳田秋声』(1941年、弘文堂)
  • 『北村透谷』(1942年、中央公論社)
  • 『女の手』(1942年、講談社)
  • 『随筆日本文学』(1942年、秩父書院)
  • 『りつ女年譜』(1942年、中央公論社)
  • 『牡丹は咲きぬ』(1943年、紀元社)
  • 『散り散らず』(1945年、生活社)
  • 『無風』(1948年、改造社)
  • 雪夫人絵図』(1948年、新潮社)(1950年新東宝が、1975年日活が映画化)
  • 『花の素顔』(1949年、朝日新聞社)(1949年松竹が映画化)
  • 芸者小夏』(1952年、新潮社)(1954年<『芸者小夏』>、1955年<『芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏』>東宝が、1965年<『帯をとく夏子』>大映が映画化)
  • 花の生涯』(1953年、新潮社)(1953年<『花の生涯 彦根篇 江戸篇』>松竹が映画化、1963年<『花の生涯』>NHK大河ドラマで、1974年<『花の生涯』>日本テレビが、1988年<『花の生涯 井伊大老と桜田門』>テレビ東京新春ワイド時代劇でテレビドラマ化)
  • 『女めくら双紙』(1954年、角川書店)(1965年<『女めくら物語』>、1968年大映が映画化)
  • 絵島生島』(1954–55年、新潮社)(1955年松竹が映画化、1971年東京12チャンネルがテレビドラマ化)
  • 『海の百万石』(1955–56年、講談社)(1956年東映が映画化)
  • 『白い魔魚]』(1956年、新潮社)(1956年松竹が映画化)
  • 『愛の濃淡』(1957年、角川書店)(1959年松竹が映画化)
  • 『朱の花粉』(1958-1960年、講談社)(1960年東宝が映画化)
  • 新・忠臣蔵』(1957–61年、毎日新聞社)(1999年<『元禄繚乱』>NHKが大河ドラマでテレビドラマ化)
  • 『霧ある情事』(1959年、新潮社)(1959年東宝が映画化)
  • 『白子屋駒子』(1960–61年、角川書店)(1960年大映が映画化)
  • 『夢でありたい』(1961年、新潮社)(1962年大映が映画化)
  • 『ある女の遠景』(1963年、講談社)
  • 『モンローのような女』(1964年、文藝春秋新社)(1964年松竹が映画化)
  • 『寝顔』(1964–65年、新潮社)
  • 『徳川千姫』(1967–68年、人物往来社)
  • 『好きな女の胸飾り』(1967年、講談社)
  • 『滝壷』(1971年、新潮社)
  • 『白の波間』(1976年、中央公論社)
  • 『源氏物語』(1970–76年、未完、平凡社)
  • 『太閤秀吉』(1970–76年、未完、読売新聞社)
  • 『谷崎潤一郎と好色論 日本文学の伝統』(2015年、幻戯書房
  • 『文藝的な自伝的な』(2015年、幻戯書房)

参考文献

脚注

  1. 大村彦次郎 & 坪内祐三 2016
  2. 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)287頁
  3. 競馬を愛した人々 #2 舟橋聖一

外部リンク