操作

イエス・キリスト

Bloch-SermonOnTheMount.jpg

(紀元前6年から紀元前4年頃 - 紀元後30年頃、ギリシア語: Ίησοῦς Χριστός、ヘブライ語: יְהוֹשֻׁעַ/יֵשׁוּעַ הַמָּשִׁיחַ‎, ‎Yĕhôshúʿa/Yēšūă‘ Hammāšîaḥ)

世界最大級の宗教の一つであるキリスト教の創始者。ガリラヤのイエス,ナザレのイエスともいう。イエスの行ないとことばは新約聖書の四つの福音書に記されて今日に伝えられている。福音書の記述は信仰と史実が融合しているが,生涯の大要は知ることができる。イエスは神からつかわされて救いを告知する神の子,メシアをもって自認し,神の国の到来と,特に貧者,病者,罪人の解放の福音を述べ伝えたほか,多くの癒やしの奇跡によって悩める人々を救ったといわれる。しかし形骸化した律法に固執する当時のユダヤ教指導者の偽善を厳しく批判し,律法からの解放と,真の隣人愛を説いたため,彼らからローマに対する反逆人として訴えられ,30年頃エルサレム郊外で十字架刑に処せられた。このイエスが 3日後に復活したとする確信によって弟子たちのイエスを救い主とする信仰が固められ,十字架の死は人類を罪から救うあがないの死であり,これによって旧約に代わる救いの新しい契約が神と人との間になったとされて,キリスト教の宣教が開始された。(キリストキリストの復活