操作

ガリラヤ

ガリラヤ Galilaia

ギリシア語表記。ヘブライ語ではガリリ Ha-Galil。古代パレスチナ北部,現在の北イスラエル地方。

名称は「地域」の意味で,その範囲は1世紀の歴史家 J.フラビウスによると,西はアコーとカルメル山,南はサマリアとベートシャン,東はガリラヤ湖とヨルダン川,北は現在のレバノンとの国境になる。北をリーターニー川まで拡大する学者もいる。旧約時代には先住民のカナーン人が残存し,異教的要素が多く,「異邦人のガリラヤ」 (イザヤ書9・1) と呼ばれた。

イエスとその 12人の弟子も大部分はここの出身。ガリラヤは高地と低地に2分され,高地ガリラヤの主要都市はツェファト,低地ガリラヤの主要都市はナザレである。