操作

多磨霊園

テンプレート:Infobox 墓地

多磨霊園(たまれいえん)は、東京都府中市および小金井市をまたいだ場所にある都立霊園。日本初の公園墓地であり、以後の日本の墓地のありかたのひな型となった。面積は都立霊園としては最大の128万0237平方メートル[1]で、東京ドーム[2]27個分に相当する。

関東大震災直前の1923年(大正12年)、東京市により、北多摩郡多磨村に開園。当初は多磨墓地といい、1935年(昭和10年)に多磨霊園と改称された。

長い歴史を持ち緑の多い公園墓地であり、著名人の墓地も多数所在する[3]

歴史

もともと1900年(明治33年)ごろの東京市には5つの公営墓地、青山墓地谷中墓地染井墓地雑司ヶ谷墓地・亀戸墓地があった[4]。しかし、東京市の市街地化と人口増加に伴い墓地不足となり、東京市外での墓地の造営が必要になった。

東京市公園課長井下清[5]は欧米諸国都市における墓地研究の結果、1919年(大正8年)に東京郊外の東・西・北に広い公園墓地を創設する計画を出した。そしてこの計画を基にして、1920年(大正9年)に東京市の西に当たる多磨村が選ばれ、その2年後に多磨墓地の造営が開始された。この場所が選ばれた理由としては、同地はほぼ未開地であったことや、甲州街道京王電気軌道北多摩鉄道中央線など郊外としては交通網がそろっていたからだと言われる。そして、1923年(大正12年)に開園した。なお計画における残りの北・東の墓地は、それぞれ小平霊園八柱霊園として完成した。

供用開始されたものの、東京市街から離れていたこともあり、使用する者はあまり多くなかった。しかし1934年(昭和9年)に東郷平八郎元帥海軍大将が名誉霊域(7区特種1側1番)に埋葬された[6]ことにより多磨墓地の名前が広まり、これ以降利用者が大幅に増え、現在のような人気の霊園の一つになった。

近くに調布飛行場があることなどから、太平洋戦争後期は三式戦闘機の隠蔽や修理をするためにも使われた。今も一部の施設に機銃掃射の弾痕が残っている。

その後利用者が増え、1963年(昭和38年)以降は新規区画がなくなり、現在では改葬整理などで空いた場所のみの使用募集となっている。また、1962年(昭和37年)の芝生墓地や1993年(平成5年)の壁型墓地(13区)やロッカー式納骨堂であるみたま堂・合葬式墓地など土地を有効利用できる都市型の墓地も導入されている。

埋葬されている著名人等

ファイル:Graves of Three Commanders.jpg
東郷平八郎、山本五十六、古賀峯一の墓がある名誉霊域

東郷平八郎山本五十六古賀峯一の3名(共に元帥海軍大将連合艦隊司令長官)は名誉霊域に埋葬されている。

以下の「区・種・側・番[7]」は、墓所の詳細な位置を示している。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

わ行

所在地・交通

東京都府中市多磨町四丁目628番地(東京都多磨霊園管理事務所)
北緯35度41分07秒東経139度30分35秒

脚注

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「gaiyou」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 月間基礎知識 比喩単位
  3. 東京都公園協会
  4. 亀戸は後に廃止された。
  5. 1905年(明治38年)東京高等農学校東京農業大学の前身)卒業。
  6. 生前、東郷は青山墓地に埋葬されることを希望していた。
  7. 東京都多磨霊園案内(パンフレット)
  8. 長男の大辻(父・司郎と読みは同じ、俳優)も1973年に他界しているが、伺郎は生前に順天堂大学附属病院献体届を提出していたため、当霊園の墓誌に名前は刻まれていない。

外部リンク