操作

山本五十六

山本 五十六
渾名 おやじ
生誕 1884年4月4日
日本の旗 日本 新潟県長岡市
死没 (1943-04-18) 1943年4月18日(59歳没)
ソロモン諸島ブーゲンビル島上空
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1901年 - 1943年
最終階級 元帥徽章.svg.png元帥海軍大将[注釈 1]
墓所 多磨霊園
長興寺
テンプレートを表示

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年明治17年)4月4日 - 1943年昭和18年)4月18日

海軍軍人。対アメリカ戦争回避論者でありながら,真珠湾奇襲など太平洋戦争緒戦での勝利の諸作戦を立案指揮し,次いでミッドウェー海戦に敗れた。長岡藩士高野貞吉の六男として生まれ,のち山本家を継いだ。 1904年海軍兵学校卒業,日露戦争に従軍し日本海海戦で戦傷,1916年海軍大学校卒業。アメリカ駐在員 (留学) ,海軍大学校教官,霞ヶ浦海軍航空隊副長兼教頭など歴任。 1925年よりアメリカ駐在大使館付き武官を長く務め,ロンドン軍縮会議の随員でもあったことから海外の事情によく通じていた。 1929年ロンドン軍縮会議日本全権随員。帰国後,海軍航空本部技術部長となり,航空工業の再編強化,部品の国産化,海外新技術の吸収に尽力。

1933年第1航空戦隊司令官,1935年海軍航空本部長となって,海軍航空軍政に手腕を発揮。 1936年海軍次官として日独伊三国同盟に反対,太平洋戦争にも作戦的見地から反対した。 1939年連合艦隊司令長官に就任。 1940年9月三国同盟が調印されると,日米関係は悪化し,日米戦に勝算なしとした彼が,連合艦隊司令長官として作戦指導にあたらなければならぬ立場となった。尋常一様の作戦では勝利の見込みなしと判断し,開戦劈頭の真珠湾奇襲作戦を計画。

1941年開戦後は対アメリカ戦を指導,常に先手を打つ積極策をとったが,ミッドウェー海戦で彼の構想は挫折,新作戦により後方に取り残される部隊を見舞おうとして,ブーゲンビル島上空で乗機を撃墜され戦死。死後元帥。



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 戦死後に元帥府に列せらる。