操作

大老

大老(たいろう)

豊臣政権および江戸幕府の職名。豊臣政権の五大老五奉行の上におかれ,前田利家毛利輝元徳川家康上杉景勝宇喜多秀家が任じられた。江戸幕府では,老中の上におかれる臨時の職で,政務を総理する幕府最高の職であった。徳川氏が三河の大名であった頃の家老が起源とみられ,譜代大名でも三河以来の有力な家臣である井伊氏や酒井氏などが任じられることが多かった。そのほかには土井,保科,堀田,柳沢氏などが1回ずつであることから,家格と大老職との密接な関係がわかる。権限は非常に強く,老中から将軍に上申する事務を聞いて将軍にみずからも建言し,その意見は幕府内で非常に重んじられた。



Rakuten 楽天市場検索: