actions

宇喜多秀家

宇喜多 秀家(うきた ひでいえ)

戦国時代後期の武将。直家の子で初め家氏。秀吉に召されて武将となり,四国,九州,小田原攻めに軍功を立て,文禄・慶長の役には朝鮮で活躍した。秀吉の五大老制の採用では,その1人にあげられ信任は厚かった (五大老 ) 。しかし,慶長5 (1600) 年の関ヶ原の戦いでは西軍に投じて敗れたため,薩摩に逃れ,島津氏のもとに隠れていたが,島津忠恒の命乞いによって死を免れ,駿河久能に放たれ,同 11年4月には八丈島に流された。島にあること約 50年,配所で没した。



楽天市場検索: