actions

本木雅弘


本木 雅弘(もとき まさひろ、1965年12月21日 - )は、日本俳優、元歌手。本名・内田 雅弘(うちだ まさひろ)旧姓・本木愛称は「モックン」「すばる」。埼玉県桶川市(旧・北足立郡桶川町)出身。

ジャニーズ事務所所属の3人組アイドル「シブがき隊」の元メンバー。所属芸能事務所ジャニーズ事務所 → 個人事務所「メンズアート」。

人物・来歴

1965年、埼玉県桶川市に誕生。実家は15代続く農家。兄と弟の3人兄弟の次男。父が農業高校時代の卒業文集を眺めていてたまたま目に留まった名(雅弘)を命名した。

1981年TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。他に薬丸裕英布川敏和三田寛子も、このドラマでデビューしている。

1982年、アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として、布川敏和(フックン)・薬丸裕英(ヤックン)とともに、シングル『NAI・NAI 16』で歌手デビューし、たのきんトリオに続く三人組のトップアイドルに。同期に、小泉今日子堀ちえみ松本伊代三田寛子中森明菜石川秀美新田純一

浦和学院高等学校1年在学中の途中から明治大学付属中野高等学校定時制に編入するが2年の途中で中退した。

1988年シブがき隊を“解隊”後、俳優活動を開始。翌年、『ファンシイダンス』で役に合わせて坊主頭で挑み、映画初出演ながらシブがき隊のイメージを覆す演技を見せた。

1991年篠山紀信撮影によるヘアヌード写真集『white room』を出版する。また1992年、ソロとして初出場した第43回NHK紅白歌合戦(曲は井上陽水カバー「東へ西へ」)で、コンドームを首からぶら下げた衣装や臀部を見せるパフォーマンスをサプライズで行い、物議を醸した。しかし、この演出はエイズ(後天性免疫不全症候群)撲滅のメッセージが込められていたという[1]

1995年、現在はエッセイストなどとして活躍する内田也哉子と結婚。本木が海外の映画賞を取材する番組に、内田が通訳として同行していて知り合う。彼女が17歳の時にプロポーズした。婿養子[2]となり、1997年に長男・雅樂(うた)、1999年に長女・伽羅(きゃら)、2010年に次男・玄兎(げんと)の3児を儲け、長女の内田伽羅は『奇跡』などの映画に子役として出演しているほかモデルとして活動している[3]義父ロックミュージシャン内田裕也義母女優樹木希林。岳父が長年主催している「ニューイヤーロックフェスティバル」には直接・間接的に毎年協力している。

俳優として本格的に活動し、映画『シコふんじゃった。』、大河ドラマ徳川慶喜』など主演した作品がヒットする。

企画を自ら持ち込み、主演も務めた『おくりびと』が2009年アカデミー賞外国語映画賞を受賞している。アカデミー賞のレッドカーペットではインタビューに英語で答えた。この映画での活躍により2009年3月20日埼玉県民栄誉章を受章した。

シブガキ隊解散後出演した『4時ですよーだ』で共演者である東野幸治から様々な仕打ちを受けたという[4]。また本人も同番組の放送作家であった高須光聖に、打ち合わせで高須を無視する、という無礼な行為をしていた。高須本人がラジオでこのエピソードを語ったところ、本木から直接謝罪されたと語っている。[5]

出演作品

テレビドラマ

映画

日本語版吹替

劇場アニメ

司会

バラエティ

NHK紅白歌合戦出場歴

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1992年(平成4年)/第43回 東へ西へ 06/28 荻野目洋子

CM

ディスコグラフィー

シングル

  • 真夏の夜にタンゴ(1991年6月1日)
  • 東へ西へ(1992年5月22日)
  • 最後に涙はみたくない(1992年7月25日)
  • 時の神話(1993年8月25日)
  • グルグル(1996年1月17日)
  • 夏の雪(1997年7月24日)

アルバム

  • LIZARD -dream after nightmare-(1990年6月25日)
  • WATER DRAGON(1991年2月25日)
  • D+F+M〜東へ西へ(1992年7月25日)
  • BEST 14 TRACKS(1994年1月25日)
  • 月の窓(1996年2月21日)
  • イカルスの恋人〜rambling boat〜(1997年8月8日)
  • 泣かないで〜小さな旅人へ(1999年4月16日)
  • GOLDEN☆BEST(2004年11月25日)

受賞歴

映画

  • 2015年度
    • 第40回報知映画賞(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』)
    • 第28回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』)
    • 第89回キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』)
    • 第39回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『日本のいちばん長い日』)
    • 第39回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『天空の蜂』)
    • 第58回ブルーリボン賞 助演男優賞(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』)

テレビドラマ

その他

脚注

  1. [1],goo
  2. 妻・也哉子は一人娘で兄弟がいないため、義母・樹木希林に「内田家を残したいから婿養子になって欲しい」と頼まれたため、内田家の婿養子となる。
  3. 樹木希林「無理やり」初共演 孫・内田伽羅と映画で”. MSN産経ニュース (2011年5月6日). 2012年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  4. 本木雅弘 27年前に東野幸治から受けた仕打ち 「人間のおぞましさを見た」,デイリースポーツ,2016年10月16日
  5. [2]
  6. ハイビジョンドラマ 日輪の翼 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  7. 日本のいちばん長い日”. 日曜洋画劇場. . 2016閲覧.
  8. 本木雅弘「永い言い訳」で西川美和監督と初タッグ、共演は深津絵里&竹原ピストル”. 映画ナタリー (2015年8月19日). . 2015閲覧.
  9. 〈アカデミー賞×アカデミー賞〉の奇跡のコラボ実現!! 本木雅弘さんが初の実写洋画吹き替えに挑戦!”. 映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」オフィシャルサイト. . 2013閲覧.
  10. 本木雅弘“備える”大切さ訴える、「Yahoo! JAPANアプリ」新CMで。”. ナリナリドットコム (2016年3月1日). . 2016閲覧.
  11. “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 . 2017閲覧. 

関連項目

外部リンク

テンプレート:シブがき隊 テンプレート:ポップジャム司会者 テンプレート:日本アカデミー賞最優秀主演男優賞 テンプレート:日本アカデミー賞最優秀助演男優賞



テンプレート:報知映画賞主演男優賞 テンプレート:報知映画賞助演男優賞