actions

キネマ旬報

キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)

日本でもっとも歴史ある映画雑誌。外国映画を愛好する、田中三郎(たなかさぶろう)(1899―1965)ら東京高等工業学校(現、東京工業大学)の学生によって、1917年(大正6)に同人誌として創刊された。関東大震災の影響で、1923年から1927年(昭和2)まで大阪に本社を置くが、その間に創設された「キネマ旬報ベスト・テン」は、興行成績によらない、アカデミックな選考基準に基づく映画賞として評価されている。第二次世界大戦前は若い知識人を読者層にもち、学生時代の古川緑波(ふるかわろっぱ)も同人として寄稿していた。創刊当初は、アメリカ映画を中心に外国映画を紹介する雑誌であったが、しだいに日本映画も取り上げられ、日本の映画批評における論壇としての役割を果たした。戦時下の雑誌統制のため、1940年に終刊となるが、戦後の1946年(昭和21)に復刊し、その後は1950年の一時休刊等を経て、現在まで発行され続けている。近年は、過去の誌面に掲載された、作品や人名の記録をデジタル化したデータベースが、インターネットで提供されている。



楽天市場検索: