操作

反ユダヤ主義

反ユダヤ主義(はんユダヤしゅぎ)

ユダヤ人に対する差別主義、とくに集団的・組織的迫害行動のこと。

原語はanti-Semitismであるが、Semiteとはこの場合、セム人に属するユダヤ人をさしている。

この語自体は比較的新しく、1879年、ユダヤ人との宗教的対立以上に民族的・社会経済的敵対性を強調するために、ウィルヘルム・マルが用いて以来広まったが、迫害行動そのものは、「ディアスポラ」(ユダヤ人の離散)以来さまざまな形で行われ、ヨーロッパ各地において、いわゆるユダヤ人問題を引き起こしてきた。

脚注

関連項目