操作

佐用町

さようちょう
佐用町
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
佐用郡
団体コード 28501-3
面積 307.44km2
総人口 16,442
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 53.5人/km2
隣接自治体 宍粟市たつの市赤穂郡上郡町
岡山県備前市美作市
外部リンク 佐用町

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

佐用町(さようちょう)は、兵庫県の南西部に位置する西播磨県民局管轄区域。2005年(平成17年)10月1日、佐用郡の佐用町・上月町南光町三日月町合併し、新たに佐用町(三代目)として発足した。本項では町制前の名称である佐用村(さよむら)についても述べる。

人口は県内41自治体中第36位、面積は県内第10位。

町づくりの合言葉は「ひと まち 自然がきらめく共生の郷 佐用」(佐用町総合計画より)。

地理

出雲街道因幡街道の交わる位置にあり、千種川水系の佐用川(さよがわ)沿いの盆地に町が形成されているが、町域内の8割は山林が占めている。晩秋から冬にかけての早朝には、しばしば「佐用の朝霧」と呼ばれる霧が立ち込める。

佐用の気候資料
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量 mm (inches) 45.9(1.807) 65.8(2.591) 99.8(3.929) 109.8(4.323) 153.1(6.028) 177.5(6.988) 212.7(8.374) 124.1(4.886) 168.6(6.638) 93.7(3.689) 58.4(2.299) 49.8(1.961) 1,373.1(54.059)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 7.7 9.3 11.3 9.7 10.7 12.0 11.7 9.1 9.9 7.7 6.6 7.6 114.1
出典: 気象庁

隣接している自治体

歴史

古代の播磨国佐用郡の地。郡中心部の佐用町本位田甲には延喜式内社・佐用都比売賣(さよつひめ)神社が鎮座する。佐用都比売賣は『播磨国風土記』に登場する神で、別名・玉津日女命(たまつひめのみこと)と言う。玉津が兄である伊和大神(いわのおおかみ)と国の占有を巡って争った際に、鹿の腹を裂いてその血に種を撒き一夜で稲の苗を育て、その一夜苗を五月に植えたところ兄神が「五月夜に植えたな」と言ってその地から去ったことから、苗を植えた地域を「五月夜郡(さつきよのこおり)」と名付け、玉津日女も佐用都比売賣と名を変え農業の神として敬われるようになった[1][2]。『播磨国風土記』には佐用とは五月夜(さよ)の意であると説く。古書においては「さよ」は賛用、狭依、賛容などとも表記された[1]

なお、佐用は元来「さよ」と読んでいたが、1955年(昭和30年)の合併時に「さよう」に読みを変更している。

  • 1349年(南朝正平4年、北朝貞和5年) - 赤松氏一族の別所敦範が利神山に利神城を築く。
  • 1600年(慶長5年) - 姫路藩池田輝政の甥の由之により利神城に三層の天守閣と、平福の町並みの原型となる城下町の建設が開始される。
  • 1609年(慶長14年) - 3万2千石に増加され、由之は備前国下津井城に転出する。
  • 1615年(元和元年) - 輝政の6男池田輝興が兄で岡山藩主の忠継が死去したため、その遺領より佐用郡など2万5千石を分与されて、平福藩が立藩する。
  • 1631年(寛永8年) - 赤穂藩主だった兄の政綱が継嗣無くして死去たために赤穂藩を嗣ぐこととなり、平福藩は廃藩となる。平福には旗本松平康朗が5千石で入り、明治までこの地を治める。
  • その後山崎藩領、天領等を経る。
  • 1697年(元禄10年) - 三日月藩(別名:乃井野藩)が立藩。1万5千石の城下町として森家9代174年の治世を行う。
  • 1871年8月29日(明治4年7月14日) - 三日月藩を廃止して、三日月県が成立する。
  • 1871年(明治4年)11月2日 - 姫路県に統合される。11月9日 - 飾磨県に改称する。
  • 1876年(明治9年) - 第2次府県統合により兵庫県の所属となる。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 初代の町章を制定する[3]
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 船越山が県観光百選に選ばれる。
  • 1971年(昭和46年)5月20日 - 兵庫県立昆虫館設立。
  • 1975年(昭和50年)9月3日 - 上三河農村舞台が国の重要有形民俗文化財に指定される。
  • 1980年(昭和55年)10月5日 - 南光町長選挙・山田兼三初当選。
  • 1981年(昭和56年)
    • 4月16日 - 救護施設「南光園」完成。
    • 5月20日 - 初の高齢者教室開設。
    • 5月25日 - 南光町国際障害者年推進本部発足。
    • 7月28日 - 第1回障害者福祉の集いを開催。
  • 1982年(昭和57年)1月15日 - 列車内成人式を行う。
  • 1983年(昭和58年)
    • 5月14日 - 文化センター完成。
    • 6月1日 - 歯科保健センター開設。
    • 12月2日 - 第1回健康まつり開催。
    • 12月9日 - 「南光町福祉の日」制定、第1回福祉の日の集い開催。
  • 1984年(昭和59年)
    • 3月28日 - 漆野光福寺の大イトザクラが県指定文化財に指定される。
    • 5月28日 - 初の産業ゼミナール開講。
    • 6月24日 - むし歯のない町づくり宣言。
    • 8月16日 - 町の無形民俗文化財の平松武者踊りが披露される。
    • 9月15日 - 南光町長選挙・山田兼三再選。
    • 10月15日- 南光町社会福祉協議会が法人化。
    • 10月29日- 県下初の糖尿病教室を開催。
  • 1985年(昭和60年)
    • 8月 - 平福が映画鑓の権三」(篠田正浩監督)の撮影地となる。
    • 6月28日 - 第1回歯科保健大会を開催。
    • 7月13日 - リハビリ教室を文化センターで初めて開催。
    • 7月22日 - 千種川が全国名水百選に選ばれる。
    • 11月2日 - 町長憲章、南光音頭を制定。
  • 1986年(昭和61年)
    • 6月17日 - 防災行政無線局開局、放送を開始。
    • 6月24日 - 第1回健康大学講座を開催。
    • 8月22日 - 戦争と平和展を開催。
    • 10月3日 - 歴史まつりを開催。
  • 1988年(昭和63年)
    • 3月31日 - 「南光町昔むかし」「南光町の歴史の道」発行。
    • 6月6日 - 瑠璃寺不動明王坐像が国の重要文化財に指定される。
    • 9月6日 - 南光町長選挙・山田兼三無投票で3選。
  • 1989年(平成1年)11月1日 - 老人保健施設ハイムゾンネ開設。
  • 1990年(平成2年)
  • 1991年(平成3年)
  • 1992年(平成4年)
  • 1993年(平成5年)
    • 3月7日 - 第1回千種川を活かした町づくりシンポジウム開催。
    • 3月18日 - スウェーデンの工芸展を開催。
  • 1994年(平成6年)
    • 4月1日 - 身体障害者施設 シャイン開設。
    • 10月24日 - 農村舞台で子ども歌舞伎義経千本桜を開催。
    • 8月12日 - 「南光町史」第1巻「原始・古代編」を発行。
    • 11月21日 - 町長、議員らがデンマーク、スウェーデンを視察。
  • 1995年(平成7年)
    • 2月5日 - 瑠璃寺で第1回絵馬コンクールの表彰式が行われる。
    • 5月15日 - ひまわり館が完成。
    • 5月18日 - 「千種川ざっくばらんシンポジウム」を開催。
    • 8月15日~8月20日 - 「平和のための戦争展」を開催。
    • 10月22日 - 町の鳥に「カワセミ」を制定。
    • 10月22日 - 農村舞台で全国子ども歌舞伎フェスティバルinなんこうを開催。
  • 1996年(平成8年)9月 - 南光町長選挙で山田兼三が無投票で5選する。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月11日 - 「核兵器廃絶・平和の町・南光町」を宣言。
    • 3月11日 - 第5回美しい日本のむら景観コンテストで子ども歌舞伎が受賞。
    • 5月4日 - 南光坊瑠璃寺桂南光inなんこうを開催。
    • 5月8日 - 知的障害者更生施設「播磨園」の新しい施設が完成。
    • 10月 - SPring-8の供用開始。
  • 1998年(平成10年)
    • 5月17日 - 若あゆランドで高校招待野球(ミニ甲子園)を開催。
    • 7月26日 - ひまわり祭りに35000人が訪れる。
    • 8月1日 - 「南光町史」第2巻「中世編」を発行。
    • 8月22日 - 三土中学校の女子バレーボール部が全国中学校バレーボール選手権大会に出場。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月8日 - 保健福祉の総合センターセンターひまわりが完成。
    • 7月20日〜7月30日 - ひまわり祭りに15万人が訪れる。
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
    • 1月29日 - 南光町民1229名から佐用郡合併協議会設置請求が提出される。
    • 4月6日 - 知的障害者通所授産施設の社会福祉法人はなさきむらが開設。
    • 6月6日 - 佐用郡合併協議会を設置。
    • 7月19日〜8月3日 - ひまわり祭りに15万人が訪れる。
    • 9月21日 - 西播磨地区身体障害者スポーツ大会がひまわりドームで開催される。
    • 11月1日 - 「南光町史」第3巻「近世編」を発行。
    • 11月15日 - 全国歯科保健大会で南光町が歯科保健活動で厚生労働大臣表彰を受賞。
    • 12月14日 - 三日月町で佐用郡の合併の是非を問う住民投票を実施し、僅差で「合併しない」が多数を占める。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月31日 - 佐用郡合併協議会を解散。
    • 2月3日 - ひまわり油などを使ったふるさと産品料理コンテストを実施。
    • 3月6日 - 南光町文化センターで「みんなの姫新線を守ろう」JR姫新線利用促進フォーラムを開催。
    • 7月1日 - 佐用町、上月町、南光町の3町による合併協議会が発足。
    • 7月17日〜8月1日 - ひまわり祭りに15万人が訪れる。
    • 8月13日 - 中三河でカッパ祭りを開催。
    • 9月12日 - 南光町長選挙で山田兼三が7選。
    • 9月23日 - 三日月町で2回目の住民投票を実施する。佐用郡との合併が多数を占める。
    • 10月12日 - 佐用郡4町の合併協議会が再発足する。
    • 11月11日 - 西はりま天文台で直径2メートルの望遠鏡の開所式を実施。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月27日 - 小中学校の学校給食ひまわり油など地元の食材を利用したふるさと給食。
    • 2月15日 - 佐用町・上月町・南光町・三日月町の合併協定調印式を佐用町で行う。
    • 10月1日 - 佐用郡4町が合併し、新たに佐用町となる。旧佐用町中山は東中山に、旧上月町中山は南中山へ地名を変更する。
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 2代目の町章を制定する[4]
  • 2009年(平成21年)8月9日 - 台風9号の影響により佐用川(さよがわ)が氾濫し、山崩れなどの被害を受け、20人の死者を出した[5][6]

行政区域の変遷

さよちょう
佐用町(初代)
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 新設合併
佐用町(初代)、平福町長谷村江川村石井村→佐用町(2代目)
現在の自治体 佐用町(3代目)
廃止時点のデータ
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
佐用郡
総人口 4,949
国勢調査、1950年)
隣接自治体 佐用郡久崎町、長谷村、江川村、幕山村西庄村徳久村中安村
 表示 
さようちょう
佐用町(2代目)
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
佐用町(2代目)、上月町南光町三日月町→佐用町(3代目)
現在の自治体 佐用町(3代目)
廃止時点のデータ
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
佐用郡
団体コード 28501-3
面積 115.78km2
総人口 8,274
推計人口、2005年9月1日)
隣接自治体 兵庫県
宍粟市、佐用郡上月町南光町
岡山県
美作市
 表示 


行政

歴代首長

3代目佐用町(2005年(平成17年) - )

氏名 就任年月日 退任年月日
初代 庵逧(あんざこ)典章 2005年(平成17年)11月13日 現職

問題

  • 小中学校統廃合問題
  • 給食センター統廃合問題
  • 平成21年台風第9号災害時に町の避難勧告が遅れ、本郷で多数の死者を出したこと。
  • 仁方圃場整備問題
  • さよさよサービスが隔日運行のため通院が不便
  • 支所への権限低下による住民サービスの低下

経済

産業

  • 第1次産業 549人(12.6%)
  • 第2次産業 1,239人(28.4%)
  • 第3次産業 2,577人(59.0%)

立地企業

  • グローリープロダクツ株式会社
  • 極東産機株式会社 三日月工場
  • 井河原産業株式会社 佐用工場
  • 神戸新聞社佐用支局
  • 株式会社佐用精機製作所

金融

指定金融機関:兵庫西農業協同組合

地域

人口

2010年(平成22年)国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、8.28%減の19,273人であり、増減率は県下41市町中40位、49行政区域中48位。

佐用町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

2014年(平成26年)5月8日に「日本創成会議・人口減少問題検討分科会」が発表した2040年人口推計結果で、20歳から39歳までの若年女性の減少率が2010年(平成22年)比で68.2%となり、「消滅可能性都市」の1つとされた[7]

人口推移

緑色で示したものが、旧佐用町及び佐用町の人口
また、青色を加えたものが現在の町域の人口
括弧内の数字は合併前の佐用町の人口
(なお、人口は国勢調査による各年10月1日時点のものである)
<参考 - #行政区域の変遷(市制町村制施行以後)

1940年昭和15年) G30.pngファイル:B100.pngファイル:B50 (1).pngファイル:B30.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B05.pngファイル:B03.png 29,281 (3,894)
1947年昭和22年) G30.pngG10.pngG01.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B100.pngファイル:B50 (1).pngファイル:B05.pngファイル:B03.png 38,253 (5,250)
1950年昭和25年) G30.pngG05.pngG03.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B100.pngファイル:B50 (1).pngファイル:B10-PD.pngファイル:B01 (1).png 38,352 (4,949)
1955年昭和30年) ファイル:G100.pngG03.pngファイル:B100.pngファイル:B50 (1).pngファイル:B10-PD.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B05.pngファイル:B01 (1).png 35,664 (13,298)
1960年昭和35年) G50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B50 (1).pngファイル:B05.pngファイル:B03.png 32,455 (12,191)
1965年昭和40年) G50.pngG30.pngG05.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B30.pngファイル:B10-PD.png 28,921 (10,998)
1970年昭和45年) G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B05.pngファイル:B03.png 26,410 (10,135)
1975年昭和50年) G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B03.png 25,600 (9,872)
1980年昭和55年) G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B05.pngファイル:B03.pngファイル:B01 (1).png 24,874 (9,717)
1985年昭和60年) G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B05.pngファイル:B01 (1).pngファイル:B01 (1).png 24,516 (9,565)
1990年平成2年) G50.pngG10.pngG10.pngG03.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B03.png 23,827 (9,360)
1995年平成7年) G50.pngG10.pngG10.pngG01.pngファイル:B100.pngファイル:B10-PD.pngファイル:B01 (1).pngファイル:B01 (1).png 23,341 (9,131)
2000年平成12年) G50.pngG10.pngG05.pngG03.pngファイル:B100.pngファイル:B05.pngファイル:B01 (1).png 22,337 (8,789)
2005年平成17年) ファイル:G100.pngG50.pngG10.pngG05.png 21,012
2010年平成22年) ファイル:G100.pngG50.png 19,273

教育

2015年4月現在[8]

※ 播磨高原東小、中学校は播磨科学公園都市たつの市域に所在

郵便局

集配郵便局

  • 佐用郵便局 - 679-53xx(旧佐用町)、679-52xx(旧南光町)、679-55xx, 56xx(旧上月町)
  • 三日月郵便局 - 679-51xx(旧三日月町、たつの市新宮町西栗栖地区)

無集配郵便局

  • 平福郵便局
  • 江川郵便局
  • 石井郵便局
  • 上月郵便局(2007年2月集配業務廃止)
  • 幕山郵便局
  • 久崎郵便局
  • 南光郵便局(2007年2月集配業務廃止)
  • 三河郵便局
  • 末広郵便局

簡易郵便局

  • 西徳久簡易郵便局
  • 東三日月簡易郵便局
  • 中安簡易郵便局

交通

鉄道路線

一般路線バス

高速バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

ファイル:Kouzuki historical resource center.jpg
上月城があった太平山山麓にある上月歴史資料館

宿場・集落

社寺

城跡・陣屋

博物館・資料館

ホール

その他の施設

公園など

自然

塚・墓所

祭事・催し

出身有名人

その他

郵便番号

  • 佐用郵便局 - 679-53xx、679-52xx、679-55xx、679-56xx
  • 三日月郵便局 - 679-51xx

脚注

注釈・出典

  1. 1.0 1.1 佐用姫『日本伝説叢書. 播磨の巻』藤沢衛彦 編 (日本伝説叢書刊行会, 1918)
  2. 佐用都比売命 さよつひめのみこと
  3. 第9回 佐用町・上月町・南光町・三日月町合併 慣行の取り扱い
  4. 図典 日本の市町村章 p160
  5. 8月9日からの大雨による被害について(第1報)
  6. 平成21年台風9号災害について(第5報)
  7. 久保聡、神足俊輔、丸井康充(2014年5月9日). “人口推計:県内2040年、21市区町「消滅可能性」 若年女性、新温泉で7割減”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 教育さよう 第20号 平成26年5月発行
  9. 広報さよう 平成27年2月号 Vol113
  10. 有限会社ふれあいの里上月HP

関連項目

外部リンク