操作

備前国

備前国
256px
-備前国
-山陽道
別称 備州(びしゅう)[1]
所属 山陽道
相当領域 岡山県東南部、香川県小豆郡直島諸島兵庫県赤穂市の一部(福浦)[2]
諸元
国力 上国
距離 近国
8郡51郷
国内主要施設
備前国府 岡山県岡山市(備前国庁跡)
備前国分寺 岡山県赤磐市備前国分寺跡
備前国分尼寺 岡山県赤磐市
一宮 吉備津彦神社(岡山県岡山市)
テンプレートを表示

備前国(びぜんのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。

「備前」の名称

藤原宮木簡には「吉備道前国」と表記。平城京跡出土の木簡735年天平7年)から747年天平19年)までの間の木の札)に、「備前国児嶋郡賀茂郷鴨直君麻呂調塩三斗」、「備前国児嶋郡賀茂郷・三家連乙公調塩一斗」と表記。

領域

明治維新の直前の領域は、岡山県玉野市備前市瀬戸内市赤磐市和気郡の全域および岡山市の大部分(北区のうち旭川以東かつ建部町大田以北、旭川以西のうち、概ね納所、川入、東花尻、西花尻、平野、延友より南西[3]および真星、上高田、山上、石妻、杉谷、日近、足守、下足守、高松稲荷、平山、立田、加茂より南西[4]南区大福・古新田・妹尾・箕島・山田・妹尾崎[5]を除く)、倉敷市の一部(水島福崎町、水島東千鳥町、水島東常盤町、水島東栄町、水島東弥生町、水島東寿町、水島相生町、福田町浦田、浦田、黒石、粒浦、有城、藤戸町天城、藤戸町藤戸より南東)、久米郡美咲町の一部(江与味)、加賀郡吉備中央町の一部(尾原、和田、富永、加茂市場、高谷、平岡、上加茂、広面以東)、兵庫県赤穂市の一部(福浦)にあたる。

沿革

吉備国が7世紀後半に備前国、備中国備後国に分割されて成立された。『和名類聚抄』に「きびのみちのくち」と記され、分割後は吉備道に属す一国だったと推定される。 この時の備前国は、後の美作国の領域と、連島(児嶋郡都羅郷)、小豆島直島諸島北部を含んでいた。

和銅6年(713年)4月3日に、備前守・百済王南典と備前介・上毛野堅身がともに上申して、北部の6郡の英多郡勝田郡苫田郡久米郡真嶋郡大庭郡を割いて美作国が設けられた。

平地に恵まれ、治水や水運に手頃な大きさの川が多かったので、古代から農業の適地であった。古墳時代からの鉄産地であり、塩田作りもまた古い。さらに瀬戸内海に面した海上交通の便のおかげで、経済的に豊かであった。面積は大きくないが、律令制では上国と位置づけられた。

備前国の山陽道の駅家は、坂長、珈磨、高月、津高の4駅である(『延喜式』兵部)。

平安時代から鎌倉時代には荘園が数多く設けられた。平安時代から、優れた刀工が集まり、長船派、一文字派など様々な流派が鍛えたは、備前物と呼ばれて重んじられた。やはり平安時代から始まって後々まで全国に流通した商品に、備前焼がある。当時の備前の中心となった町は、福岡であった。

室町時代には播磨国を本拠とする赤松氏を守護にいただくようになった。赤松氏の力が衰えると、山名氏の勢力が伸び、両者の戦いの中でしだいに国人層が成長した。戦国時代には守護代浦上氏が主家の赤松氏の勢力を締め出して備前国を支配しようとするも、山陰で大大名となっていた尼子晴久が美作から南下の動きを見せ、備前西部に力を持つ松田氏が尼子方に付くなど苦戦している。しかし、尼子氏が衰退すると戦国時代末期には浦上氏の家臣宇喜多直家が主家を凌駕する力をつけ、ついには浦上氏を追い出して、備前国に美作国と備中国の一部も加えた戦国大名となった。これ以後、直家が居城にした岡山が備前国の中心になった。

直家の死後、後を継いだ宇喜多秀家関ヶ原の戦いで敗れたため、宇喜多氏の領国はなくなった(秀家の従兄弟宇喜多詮家が石見国津和野3万石を与えられた)。秀家の後に岡山城に入った小早川秀秋が後嗣を持たずになくなると、幕府は備前国を池田輝政の次男忠継に与えた。後に岡山には池田の本家が入り、岡山藩は幕末まで備前国一円と周辺(時期により変動)を領国とした。江戸時代の備前では綿の作付けが広がった。以前から進んでいた児島と本州本土との間の海の干拓は、江戸時代にいっそう進み、児島と本土が地続きになった。

幕府調査による人口は、文政5年(1822年)が31万8,203人であった。明治政府の明治5年(1872年)の調査による人口は、33万1,878人であった。

中世以降、小豆郡直島諸島北部は讃岐国守護天領→備前国倉敷代官所津山藩高松藩と政治的な支配者が次々と変遷を辿るうちに、備前か讃岐かの令制国としての所属が曖昧なものとなり、最後に高松藩の預かりとなった宝永5年(1708年)以降は事実上、讃岐国として扱われるようになった。そのような状態が300年余り続いたが、明治維新後の1871年8月29日(明治4年7月14日)14時、廃藩置県により旧高松藩の区域には香川県の前身である高松県が設置され、直前まで高松藩の実効支配を受けていた小豆郡と直島諸島はこの時から正式に香川県の所属となった。

また、福浦は地元住民の要望で1963年昭和38年)に兵庫県赤穂市に編入された。(備前福河駅の項を参照)

近世以降の沿革

国内の施設

国府

ファイル:Bizen Kokucho-ato, gaikan.jpg
備前国庁跡(岡山県岡山市
左は国庁宮。

備前国府は、『和名抄』・『拾芥抄』では御野郡の所在と見える。しかし実際には上道郡上道郷の所在と見られ、岡山市中区国府市場付近に想定される[6]

中枢となる国庁の所在地については、確かな遺構が検出されていないため定かでない。一説には国府市場・今在家境界の国長宮付近に比定され[6]、同地は「備前国庁跡」として岡山県指定史跡に指定されている(位置)。一方、この「国長」は中世に始まる地名と見られることから、近年ではやや東方の国府市場中央部の安定微高地に比定する説が有力視される[6]

国分寺・国分尼寺

  • 備前国分寺跡赤磐市馬屋、位置
    国の史跡。備前国府推定地から北東約6.5キロメートルに位置する。寺域は東西175メートル・南北190メートルで、金堂・塔・講堂・中門・僧房といった主要伽藍の遺構が見つかっている。寺域西方にある金光山円寿院善教寺(赤磐市馬屋、位置)が法燈を伝承する。
  • 備前国分尼寺跡(赤磐市馬屋、位置
    史跡指定なし。僧寺跡の南300メートルに推定される。推定寺域は135メートル四方。本格的な調査は実施されていないため、詳細は明らかでない。

神社

延喜式内社

延喜式神名帳』には、大社1座1社・小社25座20社の計26座21社が記載されている(「備前国の式内社一覧」参照)。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。

総社一宮以下

『中世諸国一宮制の基礎的研究』に基づく一宮以下の一覧[6]

以上のほか、石上布都魂神社(赤磐市石上)も「全国一の宮会」に加盟して一宮を主張する。三宮以下はない[6]

地域

以下は、和銅6年(713年)4月3日に美作国として分割

江戸時代の藩

人物

国司

備前守

備前権守

備前介

備前権介

備前掾

備前権掾

守護

鎌倉時代

室町時代

安土桃山時代

国人

赤坂郡
上道郡
邑久郡
御野郡
  • 松田氏 - 金川城。一時は備前守護も務めた西部の有力大名。室町幕府奉公衆。
  • 金光氏 - 石山城。後の岡山城を居城としたのは本来この金光氏であった。[7]
  • 税所氏
津高郡
和気郡
磐梨郡
児島郡

戦国大名

織豊大名

武家官位としての備前守

江戸時代以前

江戸時代

備前国の合戦

武術

忍術

産物

脚注

  1. 別称「備州」は備前国・備中国・備後国の総称としての呼称。
  2. ただし、設置当初の領域はこれよりも広い。
  3. 吉備地域住居表示実施地区の境界については未詳。
  4. 足守地域高松地域
  5. 妹尾地域
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 『中世諸国一宮制の基礎的研究』(岩田書院、2000年)pp. 466-469。
  7. 絵図に見る岡山城

参考文献

関連項目

テンプレート:吉備四国の郡