actions

赤松氏

赤松氏(あかまつし)

村上源氏の一流で播磨の豪族。九条家領播磨国佐用郡佐用荘赤松村を本拠として赤松氏を称し,則村のとき,後醍醐天皇の命に応じて討幕の兵をあげ,のち足利尊氏に属して播磨守護。その子範資は摂津守護,則祐は播磨,美作,備前の守護となり,四職家 (三管四職 ) の一つとして幕閣に重きをなした。しかし,則祐の孫満祐が,嘉吉1 (1441) 年将軍義教を暗殺したため,幕府軍に攻められて自殺,一族は没落。その後政則のとき,将軍義政の許しを得て家を再興。応仁の乱には東軍の将として活躍,播磨,備前,美作を回復した。しかし,その死後は,家臣浦上,宇喜多両氏に勢力を奪われ,則房死後は後嗣なく,断絶。庶流赤松広通も関ヶ原の戦いで西軍に属し,戦死して断絶。



楽天市場検索: