操作

宍粟市

しそうし
宍粟市
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
団体コード 28227-8
面積 658.54km2
総人口 35,876[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 54.5人/km2
隣接自治体 養父市朝来市たつの市姫路市
神崎郡神河町佐用郡佐用町
岡山県美作市英田郡西粟倉村
鳥取県八頭郡若桜町
市長
外部リンク 宍粟市
 表示 

宍粟市(しそうし)

兵庫県中西部,揖保川および千種川の流域にある市。中国山地の東端に位置し,北西で鳥取県に,西で岡山県に接する。 2005年山崎町,一宮町,波賀町,千種町の4町が合体して市制。縄文時代から中世にかけての複合遺跡などが残る歴史ある地域。中心集落の山崎は江戸時代,池田輝政の四男輝澄が築城し,城下町として発展。西部の千種は明治以前まで,千種砂鉄の産地として知られた。山地が大部分を占めるため,古くから木材や木工製品,家具などの生産が行なわれる。御形神社は国の重要文化財。北西部の後山三室山一帯は氷ノ山後山那岐山国定公園に,ミズナラ,ブナの原生林で知られる北部一帯は音水ちくさ県立自然公園に,南東部の雪彦山北西麓一帯は雪彦峰山県立自然公園に属する。市の中心部を国道 29号線が縦貫し,429号線と交差。南部を中国縦貫自動車道が通る。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: