actions

リージョンコード

リージョンコード (region codes) は、DVDBlu-ray Discゲームソフトなどが販売および利用される地域(リージョン)の情報を記載した情報(コード)である。

リージョンコードを採用している規格では、商用パッケージソフトのリージョンと利用する機器のリージョンが一致しないと再生できないようアクセス制御される場合が多い。理論的にはこの規制によって販売者が地域ごとに内容、発売日、価格を調整できることになる。

なお、ゲーム業界の場合、英語圏では「regional lockout」とも呼ばれる。

DVD-Video

ファイル:DVD-Regions with key-2.svg
DVDのリージョンコード

DVD-Videoの規格を策定する際に映画業界の要望によって導入された[1]。例えばハリウッドの大手映画会社が制作した映画作品は世界中で上映されるが、日本では北米に比べて数ヶ月遅れて上映開始となることが多い。日本での公開時には既に北米版のDVDが発売されていることがあり、消費者が輸入版DVD購入に流れて映画の興行収入が落ちることを防ぐ目的がある。

輸入盤の方が安価に購入できることや日本国内で販売されないリージョン1のDVD-Videoソフトも数多く存在することにより、輸入盤DVD-Videoを視聴したい消費者にとってリージョン制限が悩みの種となることがあり、消費者にはメリットの無いものと言える。

どのリージョンのDVDでも再生することが可能なリージョンフリーのものや、またはそのように改変することができるDVDプレーヤーが一部のメーカーから正規販売されている。

コード一覧

リージョン コード 地域
ALL(0) 世界。どのリージョンでも利用可能で、実際には下記の1~8すべてが許可された設定を指す。リージョンを表す正規のロゴは「ALL」。「0」は便宜上一般的に呼ばれているもので、DVD規格上のコードではない。
1 バミューダ諸島カナダアメリカ合衆国 およびその保護下にある地域
2 中東諸国、西ヨーロッパ中央ヨーロッパエジプトフランス保護領、グリーンランド日本レソト南アフリカ および スワジランド
3 東南アジア香港マカオ韓国 および 台湾
4 中央アメリカカリブ海諸国メキシコオセアニア南アメリカ
5 アフリカ、旧ソビエト連邦諸国、インド亜大陸アフガニスタンモンゴル北朝鮮
6 中国本土
7 予備
8 航空機および旅客船などの国際領域での利用など

ヨーロッパではリージョン2に加えてサブコードのD1~D4が存在する。D1はイギリスのみで販売されているDVD、D2とD3はイギリスとアイルランド以外で販売されているDVD、D4はヨーロッパ全土で販売されているDVDに付されている。

1枚のDVDに複数のリージョンコードを付すこともできる。例えばリージョン2と4が付されたDVDはリージョン2・4両方の地域で流通・利用が可能。「リージョンオール」という、リージョン1~8の8種類のコードが付されたDVDもある。

日本とヨーロッパが同じリージョンに含まれているが、映像規格が異なる(NTSCPAL)ため、日本でヨーロッパ向けの作品を再生できない場合もある。ただし、一部のパソコンでは再生できることもある。

Content Scramble System(CSS)を解除できるDVD DecrypterDVD Shrinkなどのソフトウェアであれば、特定のリージョンコードが付されたDVDをリージョンフリーにして複製することもできる。

また、台湾香港などでも、DVDの複数リージョンに対応し、NTSCとPALの切り替えスイッチ付で、さらにVCDCD-RWなども再生できるほぼ万能のプレーヤーが販売されているため、さまざまなフォーマットの映像ディスクが混在して販売されている。

DVDプレーヤー

DVDプレーヤーにもリージョンコードが付されている。DVDメディアとプレーヤーの両方のコードが一致した場合に、そのDVDは再生可能となる。

リージョン0のDVDプレーヤーも存在しており、リージョン1~6全てのDVDが再生可能である。これに対しDVDメディア制作側はRegional Coding Enhancement(RCE)という制御技術を開発している。通常はプレーヤーがDVDのリージョンコードを認識して再生の可否を判断するが、RCEではDVDがプレーヤーのリージョンコードを照合し、DVD側のコードと一致した場合にのみ再生を許可する。プレーヤーがリージョン0である場合は不一致とされ再生されない。

法的問題

オーストラリア公正取引委員会(The Australian Competition and Consumer Commission, ACCC)は、リージョン制限をするDVDプレーヤーについて取引慣行法に違反する恐れがあると警告している[2]ニュージーランド政府も同様の判断をしている[3]

BD

Blu-ray Discでは、DVD-Videoに引き続きリージョンコードを導入した。下記3地域に分類される。

リージョン コード 地域
リージョンフリー どのリージョンでも利用可能
リージョンA アメリカ大陸東南アジア日本大韓民国台湾およびそれら海外領土
リージョンB ヨーロッパ中近東アフリカオセアニアおよびそれら海外領土
リージョンC 中央南アジア中国大陸ロシアモンゴル

Amazon.co.jpなど、ECサイトが発達している現在においては、外国版を輸入することはさほど難しくなく、日本国内の業者がこれを販売することも増えてきている。

D-VHS

D-VHSでは、パッケージ規格“D-Theater”でリージョンコードが導入されている。パッケージとデッキのリージョン番号が一致しないと再生できない。

テレビゲーム

ゲーム機でも、地域別再生制限がかけられているものがある。

ロムカセットが主流だった時代には、例えば任天堂スーパーファミコンSNES、セガ(後のセガゲームス)のメガドライブとSEGA GENESISなど、販売地域ごとに形状を変えて本体への挿入を物理的に難しくすることにより、他地域で発売されたソフトのプレイを制限する例もある。これは本体とカートリッジの間にアダプタを介する事で制限の回避が可能だった。ファミコンNESの場合、初期型NESではコンバータを本体とゲームカセットの間に差し込むだけで、NESの蓋が閉まらなくなるもののファミコンのゲームもプレイできた。スーパーファミコンとSNES、メガドライブとSEGA GENESISの場合、相互互換を可能にするコンバータがあった。なお、後期型NES(外見上は初期型と同じ)では対策が打たれ起動しなくなった。また、後発のSNESソフトには、コンバータの機能をブロックするための金具が付けられているものがあった。

光ディスクが採用されてからはソフトウェア側でリージョンを設定することが一般的となった。例えばメガCDセガサターンプレイステーションドリームキャストプレイステーション2ニンテンドーゲームキューブWiiXboxXbox 360などはソフトウェアとハードウェアの両方にリージョンが設定されている。ソフトのリージョンとゲーム機本体のリージョンが一致しないと起動することができない。なお、本体を改造して強制的にリージョンを突破しようとした場合は、メーカー保証は無効となる。

一方で、リージョンが設定されていない、あるいは設定自体はあっても制限されないゲームソフトやゲームハードも存在する。ゲームボーイゲームギアゲームボーイアドバンスニンテンドーDS/DS LiteNintendo Switchは、例えばアメリカで発売されているほとんど全てのゲームソフトを、日本仕様機でもプレイできる。PlayStation PortablePlayStation 3PlayStation VitaPlayStation 4でも、PlayStation Minisが日本仕様機でプレイできないのを除けば同様である。

しかし、その逆の、日本版のソフトと他地域のハードの組み合わせでは起動できない場合や不都合が生じる場合もある。なお、リージョンが設定されていない場合でも、ゲーム機本体に設定のない言語のソフトを使用すると、不都合が生じる場合がある。

脚注

関連項目

de:DVD-Video#Regionalcode fi:DVD#Aluekoodit nl:Dvd#Regiocode