操作

ユニ・チャーム

ユニ・チャーム株式会社
Unicharm Corporation
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
108-8575
東京都港区三田3-5-27
住友不動産三田ツインビル西館)
本店所在地 愛媛県四国中央市金生町下分182番地
設立 1961年昭和36年)2月10日
業種 化学
事業内容 生理用品・ベビー用品等の衛生用品等の製造販売
外部リンク ユニ・チャーム株式会社
テンプレートを表示

ユニ・チャーム株式会社英称:Unicharm Corporation)は、生理用品紙おむつ(赤ちゃん用、大人用)などの衛生用品の大手メーカーである。みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]。ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア関連製品でアジア1位のシェアを誇る。海外売り上げ比率は6割を超える。

概要

タンポンナプキンなどの生理用品や紙おむつで日本国内のトップシェアを誇る。アジア各国へも進出している。生産は子会社が担当している。ベビー用品は成長が鈍化しつつあるが、介護用の成人用おむつやペット関連事業が成長している。2006年平成18年)7月エフティ資生堂資生堂の連結子会社)の生理用品事業を買収。資生堂とはその他の分野でも戦略的提携を目指しているとされる[2][3]

2006年(平成18年)3月期の連結売上構成はベビーケア関連製品40.4%、フェミニンケア関連製品22%、その他22.2%、ペット関連11.2%、その他4.1%となっている。

旧社名は「大成化工」[4]。社名の由来は、大きな成長と成功を願い「大成」、社会が必要とする製品を世に出す会社に化ける意味を込め「化工」。元々建材メーカーであった[5]2002年(平成14年)限りで建材事業からは撤退している。

バブル期1988年香川県綾歌郡宇多津町ゴールドタワー(高さ158m)を建設したことで知られるが、2001年(平成13年)9月に運営から撤退している。

沿革

  • 1961年昭和36年)2月 - 高原慶一朗が、大成化工株式会社を設立。建材の製造開始。
  • 1963年(昭和38年) - 生理用ナプキンの製造を開始
  • 1974年(昭和49年)9月 - 株式額面変更のため、ユニ・チャーム株式会社を形式上の存続会社として合併。生理用タンポンの製造販売開始、化粧パフ販売開始。
  • 1976年(昭和51年)8月 - 東京証券取引所第2部に上場。薄型ナプキン「チャームナップミニ」を発売。
  • 1978年(昭和53年) - 高級化粧パフ「シルコット」販売開始。
  • 1980年(昭和55年) - アプリケーター付きタンポン「チャームソフトタンポン」を発売。
  • 1981年(昭和56年) - 紙おむつ「ムーニー」を発売。
  • 1982年(昭和57年) - 立体裁断ナプキン「ソフィ」を発売。
  • 1983年(昭和58年) -
    • 建材部門を分離独立しユニ・タイセイ株式会社とする。
    • 紙おむつ「マミーポコ」を発売。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 東京証券取引所1部に指定替え。
  • 1986年(昭和61年) - ペット事業及び、幼児教育事業に参入。
  • 1987年(昭和62年) - 大人用紙おむつ「ライフリー」を発売。
  • 1988年(昭和63年) - ゴールドタワー株式会社を設立。
  • 1989年平成元年) - 液体パイプクリーナー「パイプユニッシュ」を発売。
  • 1991年(平成3年) - 昼間のおむつが外れた子供の夜間用おむつ「オヤスミマン」を発売[6]
  • 1992年(平成4年) - パンツタイプのベビー用紙おむつ「ムーニーマン」を発売。
  • 1993年(平成5年) - ユニ・チャーム東日本株式会社を設立。
  • 1995年(平成7年) - パンツタイプの大人用紙おむつ「ライフリーリハビリ用パンツ」を発売。
  • 1996年(平成8年) - ユニテック株式会社と合併。
  • 1997年(平成9年) - スベンスカ・セルローサとの合弁でユニ・チャームメンリッケ株式会社を設立。
  • 1998年(平成10年) -
    • ペット事業を子会社のユニ・タイセイへ譲渡。さらに、ユニ・タイセイが味の素ゼネラルフーヅのペット事業を譲受。
    • 置き型タイプのウエットティッシュ「シルコットウェット」を発売。
  • 1999年(平成11年) -
    • ユニ・タイセイ株式会社がユニ・ハートス株式会社へ名称変更。
    • ユニ・チャーム中日本株式会社、ユニ・チャームマテリアル株式会社、株式会社ユービーエスを設立。
  • 2000年(平成12年) - キッチンペーパー「クックアップキッチンシート」を発売。
  • 2001年(平成13年) -
    • 「チャームリング」の新コーポレートマークを導入。
    • シートクリーナー「ウェーブ ハンディワイパー」を発売。
  • 2002年(平成14年) -
    • ユニ・チャーム東日本株式会社とユニ・チャーム中日本株式会社をユニ・チャームプロダクツ株式会社に統合。
    • 「パイプユニッシュ」をジョンソン株式会社へ譲渡し、替わって、生理用タンポン「エルディ」をライオン株式会社(1993年に合併した旧:アンネ株式会社)より譲受。
    • ユニ・ハートスが創業事業である建材事業から完全撤退したのに伴い、ユニ・チャームペットケア株式会社に名称変更。
  • 2003年(平成15年) -
    • 幼児教育事業の合弁会社ユニ・チャームエデュオ株式会社を設立。
    • 不織布立体型使い切りマスク「超立体マスク」を発売。
  • 2004年(平成16年) - ユニ・チャームペットケア株式会社が東京証券取引所市場第2部に上場。
  • 2005年(平成17年) - ユニ・チャーム ペットケア株式会社が東京証券取引所市場第1部に指定替え、インターネット通信販売を開始。ユニ・チャームいきいき生活。
  • 2006年(平成18年) -
    • 韓国LGグループとの合弁会社LGユニ・チャーム株式会社を設立。
    • 生理用品「センターイン」を資生堂グループより譲受。
  • 2008年(平成20年) - ユニ・チャームダイレクトショップをオープン。
  • 2009年(平成21年) - ユニ・チャームヒューマンケア株式会社を設立。
  • 2010年(平成22年) - ユニ・チャーム ペットケア株式会社を吸収合併し、ペット関連製品(ペットフード・ペット用品)の自社製造・販売を開始。
  • 2012年(平成24年) - 猫排泄処理用紙砂の製造・販売を手掛けるペパーレット株式会社を株式譲渡により取得し、子会社化。
  • 2013年(平成25年) - 書籍『高齢者と家族のためのはじめての排泄ケア』を出版し、幻冬舎から発売開始。
  • 2014年(平成26年) - 犬用排泄ケア用品「マナーウェア」を発売。
  • 2016年(平成28年) -
    • はごろもフーズ株式会社と共同開発したパウチ入りキャットフード「銀のスプーン 三ッ星グルメ パウチ国産プレミアム」を発売。
    • 株式会社 資生堂の子会社で店頭メンテナンスを行う株式会社ジャパンリテールイノベーションの株式の一部をライオン株式会社と共に取得して3社による合弁会社(資生堂:60%、ユニ・チャーム:20%、ライオン:20%)に移行し、小売店での商品陳列や店頭メンテナンス機能などの協業を開始[7]

製品

ベビー用品

  • ムーニー(紙おむつ・おしりふきなど)
    • ムーニーマン(パンツタイプのベビー用紙おむつ) - 2010年からは「ムーニーパンツ」の名称だったが、2013年8月のリニューアル時に「ムーニーマン エアフィット」に改称し、3年ぶりに名称を復活した。
    • ムーニー母乳パッド - 2009年4月の発売開始当初は独立ブランド「ふんわり母乳パッド」として発売していたが、2013年6月に「ムーニー」ブランドに統合してリニューアル。
  • マミーポコ(ベビー用紙おむつ)
  • トレパンマン(トレーニングパンツ)
  • オヤスミマン(おねしょパンツ)

生理用品

生活用品

  • ウェーブ(シートクリーナー)
  • シルコット(ウェットティッシュ(消毒タイプは【指定医薬部外品】)、化粧パフ)
  • クックアップ(キッチンケアクロス)

マスク

尿ケア専用品/介護用品

  • チャームナップ(吸水ライナー、吸水ナプキン)
  • ライフリー(吸水ナプキン、吸水下着、大人用紙おむつ、尿取りパッド、大人用おしりふき、吸水シーツ)

ペット関連製品

  • ユニ・チャーム ペット

通販限定商品

  • Goodガード

病院・施設向け製品

  • ムーニー病産院用
  • ライフリー病院・施設用

業務用食品包装資材

  • ソフトーク - 「超立体マスク」の業務用仕様
  • ユニテックマスク - 一般作業用簡易マスク(打抜きタイプ)
  • フレッシュマスター - 鮮度保持吸水シート
  • ドリップマスター - 1層タイプで初めてドリップの発生を抑制する吸水シート。新開発「吸い過ぎないエアスルーシート」が余分なドリップだけを吸収。
  • トレイメイト - トレーマット
  • ユニフレッシュデリカテイスティ - 高性能油キリ専用シート
  • パワフルマット - 2層タイプの汎用トレーマット
  • ディーナ - クッキングペーパー
  • シェフパー - 天然パルプ100%のミートペーパー

過去の製品

  • ベビー用品
    • ムーニー
      • ウルトラムーニー - 世界で初めて、ウエストと股ぐりに立体ギャザーを搭載し、モレはもちろん、通気性も良くムレ・カブレも防止。第1期の製品は男女兼用であったが(後に下記「ウルトラムーニープラス」に継承)、第2期の製品は男女別にそれぞれ吸収体の位置等を最適化した仕様となった。なお、この立体ギャザーは、後に同社生理用ナプキン「ソフィサラ」(後述)にも応用された。
      • ウルトラムーニープラス
      • ウルトラムーニーナイト - 夜専用
      • パワースリム
    • ムーニーマン(第1期) - 世界初(乳幼児用紙おむつとして。トイレトレーニング用及び夜専用を除いて)のパンツタイプ「はかせるオムツ」。発売当初はLサイズのみの展開であったが、後にMサイズ、ハイハイ用、ビッグサイズ及びビッグより大きいサイズも展開された。後に「ムーニーパンツ」と改称されたが、再びこの商品名に戻った。(詳しくは ムーニーを参照。)なお、本品発売までパンツタイプは現在のテープ止めタイプを意味していた。この為、本品(大人用に関しては「ライフリー リハビリ用パンツ」)発売後、従来からのパンツタイプはテープ止めタイプと改称された。
      • パワースリム
      • スリムパンツ
      • おしりふき(「ムーニーおしりふき」に機能統合)
    • ムーニーちゃん(ベビーケア用品)
      • セイフティ綿棒
      • ウエットティッシュ(「ムーニーキッズ ウエットティッシュ」に継承)
      • ふきとりフォーム(製造販売元:ミロット)
      • おしりふき(下記製品に継承)
      • ラクラクおしりふき(「ムーニーおしりふき」に継承)
    • ムーニーキッズ(幼児向け育児用品)
      • ウエットティッシュ - 「ムーニー 手・口まわりのウエットティッシュ」に継承
      • おしりスッキリ流せるシート
    • マミーポコ
      • スーパーマミーポコ
      • 超コンパクトマミーポコ
      • マミーポコE - 専用の「おむつホルダー」と併用する、新生児から6ヶ月頃まで使える超エコノミータイプ
    • マミーポコキッズ(幼児向け育児用品)
      • ウエットティッシュ (「ムーニー 手・口まわりのウエットティッシュ」に継承)
    • トレパンマン For STEP2
  • 生理用品
    • チャームナプキン【医薬部外品】 - 1963年発売。ユニ・チャーム第一号製品(「チャームナップA」に継承)
    • チャームナップ(ナプキン)【医薬部外品】
      • チャームナップさわやか - 長時間専用タイプ(横モレ防止・少し大きめサイズ)(「Aセイフティ」に継承)
      • チャームナップノン
      • チャームナップA - ショーツを汚さない「新ピタテープ」搭載。
      • チャームナップAセイフティ - 多い日、心配な時にちょっと厚めの安心サイズ。横ズレ、横モレを防ぐサイドストッパー初搭載。(「ロングタイム」に継承)
      • チャームナップAナイト(「ナイトガード」に継承)
      • チャームナップ・ミニ - 1976年発売。高分子吸収体を採用した薄型(厚さ6mm・長さ19cm)ナプキン。ショーツを汚さない水解性固定テープ「NEWピタテープ」搭載。(「ソフィ ボディフィット」に機能統合)
      • チャームナップ・ミニα - 手の中に入る、ミニより薄いコンパクトタイプ
      • チャームナップ・デオドラントミニ - 薬用活性炭シートを内蔵した防臭エチケット型。『横浜・デオミニ・赤い靴』というフレーズで宣伝されていた。(「デオドラントソフィ」に継承)
      • チャームナップ・デオドラントミニF
      • チャームナップ・セイフティ - ミニの縦横サイズのままクラッシュパルプ層によって厚みを増やした吸収力強化長時間対応型。
      • チャームナップ・ナイト - 1972年発売。夜のうしろモレも1枚でガードする夜用ナプキン(「Aナイト」に継承)
      • チャームナップ・ナイトA
      • チャームナップ・ナイトガード(「ソフィボディフィット スーパーナイトガード」に継承)
      • チャームナップ・セフティプラス - うす型、ゆとりサイズ。
      • チャームナップ・ロングタイム(下記製品に継承)
      • チャームナップ・ロングガード(「チャーム ボディフィット 夜&昼共用」に継承)
      • チャームナップ・ライティ - おりものシートとしても使える軽い日用(16cm)。ロングセラー商品であったが、「ソフィ ボディフィット 軽やかスリム」発売により、それに機能統合される形で販売終了。代替製品は左記の通り。本品販売終了をもって「チャームナップ」は完全に尿ケア専用品のブランドとなった。
    • チャーム ボディフィット(タンポンを除き【医薬部外品】) - 1995年発売。現在の「ソフィ ボディフィット」の前身。
      • 夜&昼共用(「ソフィ ボディフィット ナイトガード」に継承)
      • タンポン【医療用具】 - フィンガータイプ(「後に「チャームソフト」ブランド編入)
    • チャームタンポン【医療用具】 - 「チャームソフト」に継承
      • チャームタンポンa - アプリケータータイプ
      • チャームタンポンf - フィンガータイプ
    • チャームソフト【医療用具→一般医療機器】 - 1980年発売。初めてでも入れやすいプラスチック・アプリケーター付タンポン(「ソフィ ソフトタンポン」【一般医療機器】に継承)
      • LN&D
      • コンパクト - 携帯に便利なコンパクト・アプリケーター付タンポン
      • ボディフィット - フィンガータイプ(下記製品に継承)
      • フィンガー - 上記製品の改良品。(後の「チャームフィンガータンポン」)「エルディタンポン フィンガータイプ」に集約される形で販売終了。
    • ソフィ
      • ソフィ(初代)【医薬部外品】 - 1982年発売。立体成型ナプキン(「ニューソフィ」に継承)
      • Lナイト&ディ【医薬部外品】 - 裏面に固定テープを持たない昼夜兼用型。
      • ニューソフィ【医薬部外品】(下記製品に継承)
      • ソフィ(第2期)【医薬部外品】(「ボディフィット」の本シリーズ編入に伴い、それに機能統合される形で終売)
      • デオドラントソフィ【医薬部外品】 - 薬用活性炭シートを内蔵した防臭エチケット型。
      • アクティブサポート【医薬部外品】
      • ボディフィット 軽い日用【医薬部外品】 - 1997年発売(上記「チャームナップ・ライティ」と機能統合し、「軽やかスリム」に継承)
      • ワイドガード【医薬部外品】 - 2004年発売(「超熟睡ガード」に機能統合)
      • ボディピースセット【医薬部外品】 - 2005年発売(「シンクロフィット」に継承)
      • ボディフィット ふわピタスリム【医薬部外品】 - 2005年発売
      • ボディフィット 瞬間ガード【医薬部外品】(「ボディフィット 瞬間ガード250」に継承)
      • ボディフィット 熟睡ガード【医薬部外品】 - 2001年発売。後ろへの伝いモレを防ぐ「バックフィットストッパー」を搭載。また、「ソフィサラ 夜用スーパー」で定評のヒップガードも搭載。(「超熟睡ガード290」に継承)
      • ボディフィット 超熟睡ガード【医薬部外品】(「超熟睡ガード」に継承(「ボディフィット」よりブランド独立))
      • アクティブスリム【医薬部外品】 - 超薄型ジェット吸収タイプ。「エアfitスリム」に継承
      • タンポンミニ【医療用具】 - ミニ・プラスチックアプリケーター(現在のコンパクト・アプリケーターの前身)採用。(「チャームソフトタンポン コンパクト」に継承)
      • コンパクトタンポン(第1期)【医療用具】 - 「チャームソフトタンポン コンパクト」(第1期)の改良品で、「ソフィ」ブランド初のタンポン。携帯に便利なコンパクトアプリケーター付。(後の「チャームソフトタンポン コンパクト」(第2期)【一般医療機器】→「ソフィ ソフトタンポン コンパクト」【一般医療機器】、現:「ソフィ コンパクトタンポン」(第2期)【一般医療機器】)
      • なめらかスリムタンポン【医療用具】 - 初心者でも入れやすい、なめらかスリムアプリケーター付タンポン。説明書は小中学生でも分かりやすいマンガ形式。(「チャームソフトタンポン なめらかスリム」【一般医療機器】(後の「ソフィ ソフトタンポン なめらかスリム」【一般医療機器】)に継承)
      • リフレインライナー - 下記「リフレイン」の改良品で、開ける時音がしない和紙風の不織布製個袋「やわらかラップ」を(2001年4月中旬以降、順次)採用したパンティライナー。この「やわらかラップ」は元々「ソフィ ボディフィット」で2000年10月より先行採用されたもので、パンティライナーに採用されたのはユニ・チャームでは本品が最初である。後に、「センターイン」「ライフリーさわやかパッド」などにも同様の「やわらかラップ」が採用された。(「パンティライナー」に継承)
      • Colorライナー
      • ロングライナー - 生理日近くの“もしも”に備えた長め(17.5cm)のパンティライナー(「ふわごこち 快適ロング」に継承)
      • 流せるクリーンライナー
      • ふわごこち 天然エアコットン(「はだおもいライナー 天然コットン100%」に継承)
      • ふわごこち カテキン消臭(「はだおもいライナー クリーンプラス」に継承)
      • クーリングフレッシュライナー - 2017年6月13日発売。日本で初めてメントールを配合した冷涼感あるパンティライナー。夏季限定品。(「クールライナー」に継承)
      • ショーツ(「極ぴたフィット」に継承)
      • デリケートウェット(「デリケートウェットシート」に継承)
    • ソフィサラ(ショーツを除き【医薬部外品】) - 1988年発売。新素材クリアメッシュを採用した超速吸収・速乾タイプ。ナプキンは「ふつう用」「長時間用」「夜おやすみ用」の3種類、ショーツは「スタンダード」「スポーツタイプ」の2種類。(「ソフィ」に機能統合)
      • ウィング - 1990年発売。社会で活躍する女性たちからの「多い日もアクティブに活躍したいのに、横モレが心配」という声に応えた、「多い日も、ショーツを包んで、横モレ知らずの」羽つきナプキン。(下記「昼用スーパー」に継承)
      • スーパー - 1991年発売。昼用には横漏れを防ぐサイドストッパー、夜用(上記「夜おやすみ用」の改良品)にはそれに加えて後漏れも軽減するヒップガードを搭載した羽つきナプキン。夜用は、更に吸収力を高めた「ウルトラスーパー」もラインナップされていた。本品発売を機に、従来の「ふつう用」「長時間用」はそれぞれ「レギュラー」「ロング」と改称された。加えて本品より、本シリーズのナプキンのパッケージ左上に、吸収できる経血量の目安を1~5の5段階で示した「心配指数」が表示された。この表示はやがて業界全体へと広まったが、「ソフィサラ」全シリーズ終売に伴い廃止された。なお現在は、「ソフィ」ブランドサイトの商品情報で同ブランドの各製品(ナプキンに限る)の心配指数を見ることができる。(下記「サイドギャザー」に継承)
      • サイドギャザー - 1993年発売。立体サイドギャザーを装備し、横漏れ防止機能が更に(従来の「ソフィサラ」比)強化された。(「ソフィ ボディフィット」に機能統合)
      • スリム - 超薄タイプ。経血量や時間に応じ「レギュラー」「ロング」「スーパー」(羽つき)の3種がラインナップされた(いずれも横漏れを防ぐサイドストッパー付)。
      • スリムサイドギャザー - 上記製品の改良品。従来のサイドストッパーに代えて立体サイドギャザーを搭載し、更に横漏れ防止を強化(「スリム」比)。(「ソフィ アクティブスリム」に継承)
    • センターイン
      • フィットスリム【医薬部外品】(「コンパクト」に継承)
      • サラサラタッチ【医薬部外品】
      • デオドラントクリーン【医薬部外品】(「コンパクト フレグランス」に継承)
      • コンパクト サラサラタイプ【医薬部外品】
      • コンパクト フレグランス Fresh Greenの香り【医薬部外品】
      • タンポン【一般医療機器】(「ソフィ ソフトタンポン」に製品統合)
      • ランジェリーシート - おりものシート。元々は独立ブランド「資生堂ランジェリーシート」であった。(下記製品に継承)
      • 肌にふわっとライナー - 上記製品の改良品。(「ソフィ ふわごこち」に機能統合)
    • リフレイン - パンティライナー。後に「ソフィ」ブランドに編入し「ソフィ リフレインライナー」(後の「ソフィ パンティライナー」、現:「ソフィ ふわごこち」)となる。
  • 生活用品
    • 排水パイプクリーナー - 「パイプユニッシュ」に継承
    • ユニッシュ - 住宅用クリーナー
      • パイプユニッシュ
      • ジェットムースパイプユニッシュ - 排水パイプの匂いを泡で封じ込めるムースタイプ。排水パイプ用洗浄剤に分類されるが、むしろ消臭剤に近い。非塩素系。
      • 水洗トイレユニッシュ - 中性タイプ
      • 強力トイレユニッシュ - 酸性タイプ
      • ジェットムーストイレユニッシュ - 逆さでも使えるムースタイプ
    • トイレのお掃除屋さん - タンク式水洗トイレ専用洗浄漂白剤。トイレのタンクの中に吊るすだけで、約1.5ヶ月間洗浄・漂白効果が持続。
    • ウーライト - 毛糸・おしゃれ着用洗剤
    • ヘルシア【医薬部外品】 - 薬用入浴剤(製造販売元:ポーラ化成工業)
    • クールアップ - メントール入りウェットティッシュ
    • チャームポケットティッシュ
    • メガネふきマジックチーフ
    • おそうじシート
    • キレイズキ - おそうじクロス(発売当初は「きれいずき」表記)
    • ラクーナ - シートクリーナー(「部屋中すみずみスッキリシート」(旧称:「溝のダニまでスッキリシート」)は「ウェーブ フロア用シート」(後の「フロアウェーブ」、現:「ウェーブ ドライシート 立体Wキャッチ 」)に継承)
    • ウェーブ ピュピュっとモップ
    • ウェーブ ふわミミ吸着ハンディ
    • アレルケア
    • ウィザードハウス - 芳香剤
    • エアーウィック - 陶器入り芳香剤(室内用)
      • 香りの砂 - 砂時計タイプのトイレ用芳香消臭剤。香りの調節機構を搭載する他、用便後など特にニオイの気になるときには、逆さにすることで、剤が下に移動する際に生じる気流の効果により、トイレ全体を強力に消臭し、爽やかな香りがトイレ全体に広がる。詰め替えタイプ。なお、本品には、砂時計の機能はない。
    • シルコット ハンディウェット
    • シルコット ボディシート【化粧品】
    • シルコット メンズフェイシャルシート【化粧品】
    • シルコット メンズボディシート【化粧品】
    • シルコット 汗キレイケアAg+ - 女性用汗取りパッド
  • 尿ケア専用品/介護用品
    • チャームナップさわやかショーツ
    • チャームナップさわやかライナー - 発売当初(1997年)は「ユニ・チャームさわやかライナー」の商品名で販売されていたが、すぐさま、より抵抗感なく使えるよう、生理用品で親しまれている「チャームナップ」ブランドへ変更された。研ナオコさん出演のTV広告も話題になった。(「チャームナップ吸水さらフィ ナプキンサイズ」に継承)
      • 長時間用 - 上記製品(少量用(15cc)・中量用(50cc))より2年遅れて発売。吸収量100cc、天然コラーゲン配合。
    • チャームナップ さわやか超吸収
    • ライフリー
      • セレニティ - 女性用尿ケア専用品(「さわやかパッド」に継承)
      • メンズガード - 男性用尿ケア専用品。専用トランクスと併用する。(「メンズガードスリム」に継承)
      • メンズガードスリム - 下着(ブリーフ、ボクサーブリーフなど体にフィットする下着)に装着して使う男性用尿ケア専用品。パッケージは少し前に発売された「スリムウェア」と統一されているが、「スリムウェア」(男性用)との併用は、ずれやすく、隙間もできる為、もれの原因となり、できない。(「さわやかパッド男性用」に継承)
      • さわやかガード - 専用ショーツに装着して使用する、ガードタイプの女性用尿ケア専用品(「その瞬間も安心」に継承)
      • スリムウェア(「すっきりスタイルパンツ」に継承)
      • 座っても安心尿とりパッド
      • どんな動きにも安心伸縮テープ止め - 上記製品「座っても安心尿とりパッド」に最適なテープ止めタイプ。上記製品同様に、対象は「介助があれば起こせる方」である。一応、1回分のおしっこを吸収できるが、必ず尿とりパッドを併用するようにアナウンスされていた。現在は病院・施設用の「快適さらさらカバータイプ」がこれに相当する製品である。(店頭・在宅用は「のび~るフィットうす型軽快テープ止め」に継承)
      • 心とお肌のケアパッド - 尿を表面に広げずお肌を濡らさない快適なパッド(現在は病院・施設用のみ)
      • おしりすべすべケア洗浄セット(「おしりクリーンシャワー」に継承)
      • おしりすべすべケア洗浄液(「おしりクリーンシャワー詰替用」に継承)
      • おしり洗浄用しき込み吸収シート
      • おしり洗浄用ふき取りタオル
  • 病院・施設向け製品
    • ケアリー - 大人用紙おむつ(病院・施設用)
    • ヒューマニー - 尿吸引ロボ(消耗品・部品のみ販売継続)(本体の製造販売元:日立製作所
  • 建材
    • スタイロボード

CIロゴ

現在のロゴマークはチャームリングを基としたロゴである。

2016年秋に社名ロゴがマイナーチェンジされ、英字表記の社名ロゴ(unicharm)のみだったのを、カナ表記の社名ロゴ(ユニ・チャーム)との併記に改め、英字表記の社名ロゴとカナ表記の社名ロゴの間に弧線を加えたロゴデザインとなった。製品パッケージへは、既にカナ表記との併記が行われている「ライフリー」を含め、新製品・改良品・限定品を中心に、順次新ロゴ表記に移行されている。(但し、ペット関連製品及び「クックアップ」は旧ロゴ表記のままである。)2017年に入り、CM(マスクを除く)や提供番組(後述)のクレジット表示もマイナーチェンジ後のロゴ表記となっている。

キャッチフレーズ

  • 生活の明日をつくる
  • 美しいやさしさをお届けする
  • しあわせ創造企業をめざす
  • やさしさをつくる・やさしさでささえる

関係会社

主な連結子会社

歴代CMキャラクター

提供番組

テレビ

現在(2018年5月時点)

過去

※◇印は提供クレジット非表示の番組

ラジオ番組

脚注

関連項目

外部リンク