操作

フィンランド湾

フィンランド湾
座標 東経26度00分北緯59.833度 東経26度59.833; 26
主な流入 ネヴァ川ナルヴァ川キュミ川English版など
ロシアフィンランドエストニア
最長 400 km (250 mi)
最大幅 130 km (81 mi)
水面積 30,000 km2 (12,000 sq mi)[1]
平均水深 38 m (125 ft)
最深部 115 m (377 ft)
塩分濃度 0.2から5.8パーミル
コトリン島マリー・ヴィソツキー島ゴーグラント島など[2]
自治体 サンクトペテルブルクヘルシンキタリン

フィンランド湾(フィンランドわん、フィンランド語: Suomenlahtiテンプレート:Lang-etスウェーデン語: Finska vikenロシア語: Фи́нский зали́в, tr. Finskiy zaliv; IPA: [ˈfʲinskʲɪj zɐˈlʲif])は、バルト海東部にある。北のフィンランド、東のロシア、南のエストニアに囲まれた東西約400kmの細長いである。

この湾に面する主要都市は、北岸にフィンランドの首都ヘルシンキ、南岸にエストニアの首都タリン、湾の東奥にロシアのサンクトペテルブルクがある。東のネヴァ川はフィンランド湾に注いでいる。湾の東部はロシア領であり、プリモルスクEnglish版など重要な港がある。フィンランド湾はサンクトペテルブルクへの航路となっているため、ロシアにとっては戦略上の要地である。

地理

ファイル:La2-demis-gulf-of-finland.png
フィンランド湾、湾の周辺の青色部は湖沼
ファイル:Record sea ice in Gulf of Finland 2003.jpg
フィンランド湾の結氷を示す衛星画像、2003年1月。

フィンランド湾の面積約3万平方kmであり[1]、東西の長さはハンコ半島からサンクトペテルブルクまでの400kmで、南北は入り口が70kmで、最も広いところはモシュチヌイ島English版のところで130kmとなっている。さらに奥に進むとだんだん狭くなり、ネヴァ湾English版で13kmまで縮む。水深はやや浅く、湾への入り口から大陸までだんだんと浅くなるが、ナルヴァ=ヨエスーEnglish版で急激に浅くなるため「ナルヴァの壁」とも呼ばれる。平均水深は38mで、最も水深の深いところは100mになっている。多くの河川がフィンランド湾に注ぐため(うちネヴァ川は流量の3分の2を占める)塩分濃度が低く、水面は0.2から5.8パーミルで水底は0.3から8.5パーミルとなっている。平均水温は冬では0セルシウス度に近く、夏では水面が15から17度、水底が2から3度になっている。11月末から4月末にかけて、湾の一部が結氷することがあり、結氷は湾の東部から始まって西へと伸びる。一般的には1月末までに湾の全体が結氷するが、暖かい冬では湾の一部しか結氷しないこともある[3]。強い西風が吹くことが多く、荒波や増水、ひいてはサンクトペテルブルクで洪水を引き起こすEnglish版こともある[4][5]

湾の北岸は曲がりくねていて小さな入り江やスケリーEnglish版が多く、大きな湾(ヴィボルグ)や半島(ハンコ半島ポルッカラ)は少ない。海岸は斜面になっているところが大部分であり、砂丘も多く、マツの木もまばらにある[4]。南岸は水深が浅く海岸線も平坦になっているが、南岸全体がバルト・クリントEnglish版という絶壁で高さが55mまでとなっている[6][7]。湾の東はネヴァ湾まで続き、西はバルト海と合流する。

フィンランド湾には多くのスケリーや島嶼がある。そのうち、より大きいものにはクロンシュタット(人口42,800)のあるコトリン島ベリョゾヴィエ諸島English版、リシイ島(Lisiy)、ヴィソツクEnglish版(人口1,706)の隣にあるマリー・ヴィソツキー島ゴーグラント島モシュチヌイ島English版ボルショイ・テュテルス島English版ソンメルス島English版ナイサール島English版ケミオンサーリ島English版コカル島English版セスカル島English版パクリ諸島English版などがある[2]

フィンランド湾に注ぐ河川のうち最も大きいものは東から注ぐネヴァ川、南から注ぐナルヴァ川、北から注ぐキュミ川English版である。他の河川には南から注ぐケイラ川English版ピリタ川English版イェガラ川français版クンダ川Deutsch版ルーガ川シスタ川русский版コヴァシ川русский版、北から注ぐセストラ川English版ポルヴォー川English版ヴァンター川などがある。また、サイマー湖とはサイマー運河で結ばれている[2]

1700年以降、ロシアはフィンランド湾に要塞化された人工島を19つ建設した。人工島建設の目的は海路からの攻撃を防ぐためであり、1700年から1721年までの大北方戦争によりその建設が加速した。ロシアが建設した人工島にはアレクサンドル砦English版クラスナヤ・ゴルカ砦English版イノ砦English版、トートレーベン砦(Totleben)、クロンシュロット砦(Kronshlot)などがある[8]

国際水路機関の「大洋と海の境界」の第3版では、エストニアスピットハミEnglish版Spithami)から北西のオスムサール島English版、続いてフィンランドハンコ半島の南西端によって囲まれた海域としている[9]

地質史

約3億から4億年前の古生代、現代のフィンランド湾にあたる場所はその全体が海となっていた。現代の地形は氷河活動によるものであり、氷河の後退によりリットリナ海English版が形成したが、その水位は現代のバルト海より7から9メートル高い。紀元前約2千年、海の水位が下がったことで浅瀬がそのまま島嶼になった[10][11]バルト楯状地English版の上昇によりフィンランド湾の形状に変化が生じ、北岸が南岸よりもはるかに高い地形が形成した[4]

コマロヴォEnglish版近くのフィンランド湾海岸、2006年撮影 ヘルシンキ近くの島嶼、2008年撮影 聖オラフ教会English版から眺望できるフィンランド湾、2008年撮影 フィンランド湾にいる漁師、2004年撮影
冬のクロンシュタット、2008年撮影 フィンランド湾から見る、ネヴァ川のパノラマ、2008年撮影 コトカから見るゴーグラント島、2006年撮影

生物

ファイル:Malusi hülged 02.jpg
エストニア領のマルシ諸島English版はフィンランド湾におけるハイイロアザラシの主な生息地である。

フィンランド湾の気候は湿潤大陸性気候となっており、夏は温暖か暑い気候であるが冬は寒く、厳しい冬となることもある。年間を通して降水する。植物は球果植物落葉性植物が多い森のほか、沿岸では木も少ない牧草地や崖となっている。森で多く見られる植物はオウシュウトウヒカバノキヤナギナナカマドヤマナラシセイヨウヤマハンノキEnglish版セイヨウハンノキEnglish版などである。湾の東部の奥地ではガマ属English版ヨシ属English版が主であるが、セイヨウスイレンEnglish版ネムロコウホネEnglish版Carex acutaスゲ属の一種)などの水草もある。湾の浅瀬にはカワツルモEnglish版イバラモなどが生息する[12]

フィンランド湾に生息する魚にはタイセイヨウサケZoarces viviparusナガガジ属English版の一種)、ハゼLeucaspius delineatusウグイ亜科の1種)、ドジョウEnglish版チャブミノーシルバーブリームEnglish版デイスラッフヨーロッパブナトゲウオOsmerus eperlanusキュウリウオ属English版の一種)、ラッドブラウントラウトテンチ楊子魚English版カワメンタイヨーロピアンパーチゴビオEnglish版ランプサッカーEnglish版ローチEnglish版ヤツメウナギモトコクチマスEnglish版ガーフィッシュホワイトフィッシュブリームパイクパーチLeuciscus idusコイ科の一種)、ノーザンパイクタイリクシマドジョウEnglish版ヨーロピアンスプラットタイセイヨウニシンPelecus cultratusブリークEnglish版ヨーロッパウナギタイセイヨウダラがある[13]。フィンランド湾における商業漁獲English版は春と秋に行われる。ハイイロアザラシワモンアザラシも見られるが、ワモンアザラシについては稀にしか見られない[12]

歴史

中世まで

フィンランド湾海岸では9千年前までたどれる遺跡が見つかっている。氷河の後退によりリットリナ海English版が形成、リットリナ海の水位も下がると人類がフィンランド湾海岸に住むようになった。1905年以降、セストラ川English版の河口で新石器時代の集落の遺跡が約11か所見つかっている。これらの遺跡で石英製のこて、多くの食器、たき火のあとなどが見つかっているが、いずれも農業や畜産ではなく狩猟を示す証拠となっている[7]

その後、フィン・ウゴル系民族がフィンランド湾海岸に住むようになった。エスティ族(またはチュヂ族)が現エストニアにあたる地域に住み、ヴォート人English版が湾の南に住み、イジョラ人がネヴァ川の南に住んだ。コレラ部族ラドガ湖の西に定住した[14]。8世紀と9世紀の間には東スラヴ人、特にスロヴェネ族クリヴィチ族がネヴァ川両岸とフィンランド湾海岸に住むようになった。東スラヴ人は焼畑農業、畜産、狩猟、漁業を行った。8世紀から13世紀までの間、フィンランド湾とネヴァ川はスカンディナヴィアから東ヨーロッパを通って東ローマ帝国に向かう水路の一部となった。

9世紀以降、湾の東岸がノヴゴロド公国領になり、「ヴォツカヤ・ピャティナ」(Vodskaya Pyatina)と呼ばれた。1219年の十字軍とリンダニセの戦いEnglish版の結果、エストニア北部がデンマーク領エストニアEnglish版となった[15]。12世紀、レヴァル市(ラテン語: Revaliaロシア語: Колыва́нь、現タリン)が成立した[16]1343年のエストニア蜂起English版により、エストニア北部はドイツ騎士団に奪われ、デンマークも1346年にその売却を決定した。リヴォニア戦争中の1559年、テッラ・マリアナカトリック・エーゼル=ヴィーク司教区English版の司教が領地を3万ターラーでデンマーク王フレゼリク2世に売却した。フレゼリク2世はこの領地を弟のマグヌスEnglish版に与え、マグヌスは1560年に軍を率いてサーレマー島に上陸した[17]。サーレマー島全体は1573年にデンマーク領になり、1645年にスウェーデンに割譲された[15][18]

12世紀と13世紀の間、フィンランド湾の北部にあるフィンランドの部族はスウェーデン人に征服され、スウェーデン人は続いてスラヴ人の征服に取り掛かった。両部族のはじめての遭遇は1142年にスウェーデン船60隻がロシア商船3隻に攻撃したときとされている。1256年にスウェーデンからの攻撃を受けた後、アレクサンドル・ネフスキー率いるロシア軍は氷結したフィンランド湾を渡って現代のフィンランドにあたるスウェーデン領を襲撃した。1293年、スウェーデンのトルケル・クヌートソンEnglish版ヴィボルグ城English版ヴィボルグ市を建設したが、ヴィボルグ城の領有をめぐってスウェーデンとノヴゴロド共和国が数十年間にわたって抗争し、1323年のノーテボリ条約English版でスウェーデン領となることで決着した。その後、ヴィボルグは1495年から1497年までのロシア・スウェーデン戦争English版ではダニール・シェニャEnglish版による長期間の包囲に耐えた。ヴィボルグの貿易特権は1403年にエーリク・ア・ポンメルン国王により勅許状English版で正式に承認された。ヴィボルグは大北方戦争中の1710年にピョートル1世に占領されるまでスウェーデン領に留まった[19]

1323年のノーテボリ条約English版はスウェーデンとロシアの国境をセストラ川に定めた。15世紀、ノヴゴロド共和国のイジョラ人領だった土地がモスクワ大公国に帰属した。1550年、スウェーデン王グスタフ1世ヘルシングフォシュ(現ヘルシンキ)を創建した[16]。ロシアが1610年から1617年までのイングリア戦争English版で敗北してストルボヴァの和約を締結すると、フィンランド湾とネヴァ川の領土がスウェーデン領イングリアEnglish版の一部となった。その首都のニエンEnglish版はネヴァ川の河口の三角州に位置した[19]

大北方戦争以降

1700年から1721年までの大北方戦争に勝利したことで、ロシアはフィンランド湾東部を奪回した。1703年5月16日、ニエンの近く、同じくネヴァ川の河口でサンクトペテルブルクが創建され、1712年にはロシアの首都にもなった。サンクトペテルブルクをスウェーデン艦隊の攻撃から守るべく、1704年5月にはコトリン島近くで人工島が作られ、そこでクロンシュロットDeutsch版要塞が築かれた。1705年までにさらに5要塞が築かれ、クロンシュタット市を形成した。これらの要塞は同時代の人々に「ロシアのダーダネルス海峡」と呼ばれ、フィンランド湾の制海権を得るために設計されたものだった[20]

1710年、フィンランド湾南岸でペテルゴフオラニエンバウムが創設された。1714年7月27日、ハンコ半島近くで行われたハンゲの海戦においてロシア海軍がスウェーデン艦隊に大勝した[14]。大北方戦争は1721年のニスタット条約により終結、ロシアはネヴァ川沿岸とフィンランド湾両岸の領地、エストランドスウェーデン領リヴォニアEnglish版、そしてヴィボルグを含むカレリア地峡西部を得た。しかし、フィンランドはスウェーデンに返還された[21]。ロシア・スウェーデン間の戦争は1788年から1790年までのグスタフ3世のロシア戦争で再開、1788年7月6日にはゴーグラント島近くでフーグランド島の海戦English版が起こった。この戦闘も戦争も決着がつけられることはなく、結果的には領土変更なしとなった[14]。なお、この戦争ではスヴェンスクスンドの海戦English版という戦闘が起こったが、こちらは「フィンランド湾の海戦」と呼ばれることもある。

次のロシア・スウェーデン戦争は1808年から1809年までのフィンランド戦争である。戦争の結果はフレデリクスハムンの和約によりフィンランドとオーランド諸島がロシアに割譲された。1809年に新しく成立したフィンランド大公国ロシア帝国の枠内で大幅な自治を得、西カレリアがフィンランドに返還された[22]。1917年12月6日、フィンランド議会はフィンランド独立宣言を採択した。1939年から1940年までの冬戦争により西カレリアがソビエト連邦に併合された[14]

一方、エストニアは1918年2月24日に独立を宣言、エストニア独立戦争English版を戦った。エストニア共和国は1940年まで存続した後、ソビエト連邦に併合された[15]。1991年にソビエト連邦が崩壊すると、エストニアが独立を回復した。

ハンゲの海戦 フーグランド島の海戦English版
ルイ・ジャン・デプレEnglish版作。
ヴィボルグ湾の海戦English版
イヴァン・アイヴァゾフスキー作、1846年。

第二次世界大戦中、フィンランド湾ではいくつかの大規模な海戦が起こった。1941年8月、ソビエト連邦のタリン撤退English版において、ソ連のバルト海艦隊がタリンからクロンシュタットへ撤退しようとしたが、ドイツ軍に駆逐艦5隻、潜水艦2隻、警備艦3隻、掃海艦2隻、砲艦2隻、高速魚雷艇1隻、そして輸送船と支援船43隻を沈められるという大損害を被った。沈没船のうち数隻はまだユミンダ岬Deutsch版の近く、フィンランド湾の海底に残っており、ユミンダ岬にはこの海戦の死者の記念碑が立てられている[23][24]

1978年、サンクトペテルブルクを洪水English版から守るためのサンクトペテルブルク・ダムEnglish版建設が始まったが、工事が6割まで進んだ段階となった1980年代末期にソ連崩壊と関連した財政の問題により工事が停止した。工事はその後、2001年に再開され、2011年8月までに完了した[4][25]

経済

フィンランド湾の南部はレニングラード原子力発電所のほか、多くの港や自然と歴史景観が存在する。航海はフィンランド湾で行われる主な経済活動である。フィンランド湾に面する主な港口都市とその取扱い品物は下記の通りである。

フィンランド湾はヴォルガ・バルト水路白海・バルト海運河の一部であり、輸送される主な品物はコラ半島燐灰石カレリア花崗岩と緑色岩、アルハンゲリスク州ヴォログダ州の木材、チェレポヴェツ第一鉄ドンバスクズネツク盆地English版の石炭、ウラル山脈黄鉄鉱ソリカムスク塩化カリウムアブシェロン半島の石油、そしてロシアの多くの地域からの穀物である[28]

フィンランド湾の旅客輸送はにはフェリーの航路があり、フィンランドのヘルシンキとハンコ、オーランド諸島マリエハムン、スウェーデンのストックホルムカペルシャー、エストニアのタリンとパルティスキドイツロストック、ロシアのカリーニングラードなどを繋いでいる[29][30][31]

フィンランド湾において歴史的に行われてきた主な経済活動に漁業があり、特に北岸のヴィボルグ、プリモルスクの近く、および南岸のウスト=ルガの近くで盛んである[5]。主な商業漁獲はニシンヨーロピアンスプラットOsmerus eperlanusキュウリウオ属English版の一種)、モトコクチマスEnglish版ブリームローチEnglish版ペルカヨーロッパウナギヤツメウナギなどである[32]。2005年時点ではサンクトペテルブルクとレニングラード州の漁船の漁穫だけで2千トンに上る[33]

2005年9月、ヴィボルグとドイツのグライフスヴァルトを繋ぐ天然ガスパイプラインであるノルド・ストリームの建設合意が締結された。その1系列目は2011年に稼働することが予想され[34]、その予想通りに1系列目が2011年5月に完成、同年11月8日に稼働した[35][36]。2系列目は2012年10月8日に稼働を開始した[37]

サンクトペテルブルク港English版、2003年撮影。 タリン港の近く、2005年撮影。 ヘルシンキ鳥瞰図、2004年撮影。 サンクトペテルブルク・ダムEnglish版、2007年撮影。

考古学

ファイル:Laevavrakk "Kazanets".JPG
エストニアのオスムサール島English版近くにある、1916年に沈没したカザネツeesti版。2013年撮影。

フィンランド湾の海底は世界最大の船の墓場English版の1つである。塩分濃度と水温が低くフナクイムシが存在しないため、沈没船の保存状態が良い。6世紀以降、主要な水道がフィンランド湾を通るようになり、8世紀から10世紀まで約3千トンのがフィンランド湾を通って輸送された。その後はスウェーデンとロシアの貨物輸送ルートの一部となった。当時、フィンランド湾では毎年沈没船を出しており、1743年秋にはロシアの軍艦17隻がフィンランドから戻る途中、わずか7時間で全て沈没した。また1747年夏にはナルヴァ近くで商船26隻がわずか4時間で沈没した。1721年、ロシア軍がフィンランドから撤退したとき、3か月の間で船100隻以上が失われており、うち64隻は一晩で失われていた[38]

1996年末までにフィンランド湾のロシア領に沈没物が5千件見つかっており、そのうち2,500件が船、1,500件が飛行機で、残りはボート、、タンク、トラクター、車、大砲、はては機雷航空爆弾、魚雷などの弾薬まで見つかっている。沈没船の所有国はロシア(25%)、ドイツ(19%)、イギリス(17%)、スウェーデン(15%)、オランダ(8%)、フィンランド(7%)であり、残りの9%はノルウェー、デンマーク、フランス、アメリカ、イタリア、エストニア、ラトビアの船である[39]。これらの沈没物は航海、漁業、沿岸の建設工事、パイプラインとケーブルの敷設などの活動に支障をきたす危険があり、また環境にも悪影響を与える。戦争中には爆弾がフィンランド湾に投下されており、第一次世界大戦中は38,932枚、ロシア内戦冬戦争は約6万枚、第二次世界大戦中は85,000枚ほど投下され、後に撤去されたのはごく一部である[40]

公害問題

フィンランド湾、ネヴァ湾とネヴァ川の生態環境の状態は良くなく、水銀イオン農薬有機塩素化合物フェノール類石油製品多環芳香族炭化水素によりきわめて汚染されている。サンクトペテルブルクの汚水処理は1979年に始まり、1997年までに汚水の約74%が浄化された。2005年には85%が、2008年には91.7%が浄化され、2009年時点では2年後の2011年に主要な下水処理場の拡張が完了するとともに全ての汚水が浄化されると予想された[41]。いずれにしても、2008年にはサンクトペテルブルクの省庁が当地の全ての砂浜は泳ぎに適しないと発表した[42]。さらに2011年にサンクトペテルブルク市議会が同市の汚水処理場4か所のうち1か所の閉鎖を決定したことで、2016年の台風とハリケーンに伴う豪雨の処理が追い付かなくなった[43]

漁獲量は1989年から2005年までで9割減少した。環境汚染のほか、ダム建設などの工事も影響した。例えば、ウスト=ルガとヴィソツクとヴィソツキー島で新しい港が建設されたことは魚の産卵を阻害した。ネヴァ湾の砂と砂利が採取されたことはOsmerus eperlanusキュウリウオ属English版の一種)の産卵地を破壊した[33]

サンクトペテルブルク・ダムEnglish版の建設により、ネヴァ湾とフィンランド湾東部の水交換が1割から2割減少、ネヴァ湾の汚染レベルが上がる結果となった。ダム建設に最も影響されたのはダムから5kmまでの海域である。サンクトペテルブルクとダムの間にある、もともと浅瀬となっていたところの一部が沼地と化した。湛水とそれに伴う植物の腐敗が水域の富栄養化をもたらす可能性もある[44]。フィンランド湾における石油港の拡張[44]レニングラード原子力発電所の使用済み核燃料再処理工場が建設されたことも不安要素である[45]

クロンシュタット港はロシアがバルト海を通じて放射性廃棄物を輸入するための中継地点である。主に使用済み六フッ化ウランである放射性廃棄物はサンクトペテルブルクからさらにノヴォウラルスクEnglish版アンガルスクなどロシア東部の都市に輸送された。その中継地点はサンクトペテルブルクからその西方110kmにある、ロシア政府が2003年10月14日の第1491-r号大統領令で定めたロシア辺境防衛区English版に含まれるウスト=ルガEnglish版ウスト=ルガ多目的団地English版に移転される予定である。移転が実施された場合、サンクトペテルブルクの環境汚染リスクが軽減されることとなる[46]。また、ウスト=ルガがロシア北西部における交通と物流の中枢となると見られた[47][48][49]。しかし、2015年の続報では多くの発展計画が延期または破棄され、多目的団地の建設は始まってすらいないという[50]

脚注

  1. 1.0 1.1 Gulf of Finland Encyclopædia Britannica
  2. 2.0 2.1 2.2 Atlas of the USSR. – M.: GUGK, 1984
  3. Operational oceanography: the challenge for European co-operation : proceedings of the First International Conference on EuroGOOS, 7–11 October 1996, The Hague, The Netherlands, Volume 1996. Elsevier. ISBN 0-444-82892-3. 
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 Saint Petersburg: Encyclopedia. – Moscow: Russian Political Encyclopedia. 2006 ISBN 5-8110-0107-X{{#invoke:check isxn|check_isbn|5-8110-0107-X|error={{#invoke:Error|error|{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。|tag=span}}}}
  5. 5.0 5.1 Darinskii, A. V. Leningrad Oblast. Lenizdat, 1975.
  6. East Viru Klint”. North Estonian Klint as a symbol of Estonian nature. Ministry of the Environment. . 2009閲覧.
  7. 7.0 7.1 Khazanovich K. (1982). Geological Monuments of Leningrad Oblast. Lenizdat. 
  8. Gulf of Finland – Forts. Fingulf.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  9. Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). . 6 February 2010閲覧.
  10. Wefer, Gerold (2002). Climate development and history of the North Atlantic realm. Springer, 217–219. ISBN 3-540-43201-9. 
  11. Darinskii, A.V. (1982). Geography of Leningrad. Lenizdat, 12–18. 
  12. 12.0 12.1 Gulf of Finland – Nature. Fingulf.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  13. Fishing page of Saint-Petersburg. Fishers.spb.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  14. 14.0 14.1 14.2 14.3 Great Russian Encyclopedia. "Russia". 2004
  15. 15.0 15.1 15.2 Countries and Peoples: USSR. Baltic republics. Belarus. Ukraine. Moldova. – Moscow: Mysl, 1984.
  16. 16.0 16.1 A. F. Treshnikov Encyclopedic Dictionary of Geography: Geographical names – Moscow: Soviet Encyclopedia, 1983.
  17. Frucht, Richard (2005). Eastern Europe. ABC-CLIO. ISBN 1-57607-800-0. 
  18. Williams, Nicola (2003). Estonia, Latvia & Lithuania. University of Michigan. ISBN 1-74059-132-1. 
  19. 19.0 19.1 V. A. Ezhov Leningrad Oblast: a historical sketch, Lenizdat, 1986.(ロシア語)
  20. Lisaevich, Irina Ignatyevna (1986). Domenico Trezzini. Lenizdat, 20–26. 
  21. Lurie, F.M. Russian and world history in the tables: Synchronic table. – SPb.: Caravelle, 1995.
  22. David Kirby (2006) A concise history of Finland. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-53989-0{{#invoke:check isxn|check_isbn|978-0-521-53989-0|error={{#invoke:Error|error|{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。|tag=span}}}}
  23. Tallinn transition 1941. War at Sea . World-war.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  24. Platonov, A.V. Tragedies of the Gulf of Finland. Penguin Books, Saint Petersburg: Terra Fantastica, 2005
  25. Dam. A Complex of protection measures of Saint Petersburg against Flood. Spb-projects.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  26. Ports of the Gulf of Finland. Portnews.ru (29 November 2004). Retrieved on 2011-08-14.
  27. Ports. Changes in the Finnish ports. Logistics.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  28. Russian river fleet and tourism, INFOFLOT.RU. Map.infoflot.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  29. Из Петербурга в Хельсинки на пароме (From Saint Petersburg to Helsinki by ferry). prohotel.ru. 7 July 2008
  30. Ferry traffic between Finland and Russia starts in April 2010. Esline.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  31. News of the week-Expert Online 2.0, expert.ru
  32. Darinskii, A.V. (1982). Geography of Leningrad. Lenizdat, 30–34. 
  33. 33.0 33.1 Construction of ports in the Gulf of destroying fish. News.spbland.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  34. Nord Stream. Nord Stream. Retrieved on 2011-08-14.
  35. “Controversial Project Launched: Merkel and Medvedev Open Baltic Gas Pipeline”. Spiegel Online. (2011年11月8日). http://www.spiegel.de/international/europe/0,1518,796611,00.html . 8 November 2011閲覧. 
  36. Wiesmann, Gerrit (2011年11月8日). “Russia-EU gas pipeline delivers first supplies”. Financial Times. http://www.ft.com/intl/cms/s/0/51ea636e-0a14-11e1-8d46-00144feabdc0.html . 8 November 2011閲覧. 
  37. Nord Stream – Five Years of Successful Gas Supply to Europe”. Nord Stream (2017年10月16日). . 9 November 2017閲覧.
  38. Underwater discoveries in the eastern Gulf of Finland. Baltic-sunken-ships.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  39. Catalog and atlas of objects on the bottom of the Baltic Sea and finds of the remains of ancient ships at the bottom of the Gulf of Finland. Baltic-sunken-ships.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  40. Hazardous Objects. Baltic-sunken-ships.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  41. Within the next two years, Saint Petersburg will be cleaned of almost 100% of wastewater” (ロシア語). RIA Novosti (2009年11月20日). . 2017年11月10日閲覧.
  42. Clean Neva”. Greenpeace. 2010年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017年11月10日閲覧.
  43. Frago, Charlie; Puente, Mark (2017年7月21日). “St. Pete sewage crisis ends with no charges, $326 million bill” (英語). Tampa Bay Times. http://www.tampabay.com/news/environment/water/state-ends-investigation-into-st-petersburg-sewage-crisis/2331046 . 2017年11月9日閲覧. 
  44. 44.0 44.1 Databases of the gulf ecology and their structure . Retrieved on 2011-08-14.
  45. Stolyarova, Galina (2010年7月27日). “Russia Shamed by Ecology Record on Baltic Sea”. The Saint Petersburg Times. http://www.times.spb.ru/index.php?action_id=2&story_id=32045 . 27 July 2010閲覧. 
  46. Radioactive draft from a window to Europe. Greenworld.org.ru. Retrieved on 2011-08-14.
  47. “Territory Development Scheme of Kingiseppsky District of Leningrad Region”. Ust-Luga multimodal complex. (2011年11月26日). http://ust-luga-mmc.ru/EN/news/Shema_territorialnogo_planirovaniya_Kingiseppskogo_rayona_Leningradskoy_oblasti/ . 16 August 2017閲覧. 
  48. “The second day of the exhibition TransRussia\TransLogistica 19”. Ust-Luga multimodal complex. (2017年4月19日). http://ust-luga-mmc.ru/EN/news/Vtoroy_den_vistavki_TransRussia_TransLogistica/ . 16 August 2017閲覧. 
  49. “Ust-Luga multimodal complex”. Ust-Luga multimodal complex. http://ust-luga-mmc.ru/EN/about/ . 16 August 2017閲覧. 
  50. Chernov, Vitaly (2015年2月10日). “Ust-Luga comes to finish” (英語). PortNews. http://en.portnews.ru/comments/1906/ . 2017年11月9日閲覧. 

関連項目

外部リンク

|CitationClass=encyclopaedia }}