操作

アンギラ

テンプレート:Infobox British territory座標: 西経63度02分56秒北緯18.22722度 西経63.04889度18.22722; -63.04889

アンギラ: Anguilla, 発音/æŋˈɡwɪlə/)は、カリブ海西インド諸島小アンティル諸島リーワード諸島にあるイギリス領の島。島のすぐ南方にはセント・マーチン島がある。面積は91km2で、首府バレー (The Valley) である。

アンギラとはスペイン語anguila)やフランス語anguille)でウナギの意味で、島の形がウナギに似ていたことから命名されたと推測される。

歴史

かつて先住民のアラワク族が島にある洞窟で暮らしていたが、後にカリブ族により追いやられてしまった。1493年クリストファー・コロンブスに発見された。好戦的だったカリブ族が島にいたため、コロンブスは島へ上陸しなかったが、スペイン語ウナギを意味する現名のアンギラと名付ける。なおカリブ族は島の事をマリオハナ(Malliouhana)と呼んでいた。

1632年イギリスにより、アンギラはアンティグア島の管理下に置かれる。1650年カリブ族の激しい抵抗があったものの、イギリス人植民者がアンギラ島へ入植する。カリブ族は入植者により、追いやられる。1796年フランス艦隊の侵攻攻撃を受ける。1825年アンギラの植民地政府は反対したものの、イギリスはセントクリストファー島(セントキッツ島)の植民地政府と話し合いの結果、アンギラをセントクリストファー島の管理下に置いた。

1967年2月にセントクリストファー島とネイビス島と共にセントクリストファー=ネイビス=アンギラとしてイギリスの自治領になった。しかしセントクリストファー島中心の政策に不満を抱き1967年7月12日に独立宣言し、1969年2月7日にアンギラ共和国の成立を宣言した。同年、セントクリストファー=ネイビス=アンギラ自治領政府の要請によって派遣されたイギリスの武装警官隊に対して無血投降し、イギリス植民地統治下に戻った。1976年には改めて自治権が付与され、1980年セントクリストファー・ネイビスから正式に分離された。

地形

アンギラはサンゴ礁からなる平坦な地形の島で、周囲には美しいビーチが多数ある。

アンギラの付近にある、スクラブ島、ドッグ島、プリックリー・ペア諸島、シール島、サンデー島、アンギリータ島といった小島も含まれている。アンギラから、北48Kmにあるソンブレロ島はアンギラに属するイギリス領である。

経済

栽培作物は綿花などで、輸出品の大半はロブスターである。観光産業も重要で、オフショア金融も推進している。

行政区画

参照: アンギラの行政区画

アンギラは12の地区(District)に分かれる。

交通

島内にクレイトン・J・ロイド国際空港(ウォールブレイク空港)という空港があるが、セント・マーチン島からフェリーで約20分ほどで行ける。

住民

アフリカ系の黒人がほとんどを占め、白人との混血ムラートもいる。公用語は英語。宗教はキリスト教プロテスタントがほとんどである。

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:イギリスの海外領土