actions

畑山隆則

2018/8/18/ (土) 01:24時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

テンプレート:Boxing statsbox

畑山 隆則(はたけやま たかのり、1975年7月28日 - )は、日本の元プロボクサー青森県青森市出身。青森山田高等学校通信制、青森大学経営学部卒業。

第28代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者。第34代日本スーパーフェザー級王者。 元WBA世界スーパーフェザー級王者。元WBA世界ライト級王者。

現在は竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジムマネージャーテレビ東京ボクシング解説者、デイリースポーツボクシング評論家、そして太田プロダクション所属のタレント実業家でもある。

来歴

中学時代は野球部に所属、エースで4番として活躍し、将来はプロ野球選手になることを熱望していた。スポーツ推薦で青森山田高校に入学したが、先輩部員と対立し1ヶ月で退部。かねてより、同郷の元WBA世界フライ級王者レパード玉熊国際)の世界戦を見ていたこともありプロボクサーも志望する。そして辰吉丈一郎大阪帝拳)がWBC世界バンタム級王座を獲得した試合をテレビ観戦したのを機にプロボクサーになることを決意。高校を中退(引退後に再入学し卒業した。)し単身で上京し、初めにヨネクラジムへ入門するが、大人数の選手や練習生を抱える環境に馴染めず、程なくして京浜川崎ボクシングジムに移籍する。同ジムにて韓国出身の柳和龍トレーナーと出会い、以後良きパートナーとして二人三脚でプロボクサー人生を送っていくこととなる。

1993年6月17日、東京にて福村和宏(京葉)を相手にプロデビュー戦を行い、初回KO勝ち。以後、4戦4勝(2KO)。

1993年12月18日、東京にて坂本和則角海老宝石)と対戦し、初回KO勝ちを収めて東日本スーパーフェザー級新人王となる。

1994年2月13日、大阪府立体育会館にて小谷繁グリーンツダ)と対戦し、3回KO勝ちを収めて全日本スーパーフェザー級新人王となり、試合後にはMVPを獲得。以後、8戦8勝(8KO)

1995年、前年まで元WBA世界スーパーフライ級王者鬼塚勝也協栄)のマネージャーを務めていたタレント片岡鶴太郎をマネージャーに迎え入れる。

1996年3月18日、東京にて崔重七(韓国)とOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦を行い、2回KO勝ちを収めて王座の獲得に成功した。

1996年6月19日、神奈川県横浜市にてルディ・カビレスフィリピン)を迎えて初防衛戦を行い、判定勝ちを収めて初防衛に成功した。

1996年9月21日、神奈川県川崎市にてオッキー・バクリンインドネシア)と対戦、9回KO勝ちを収めて2度目の防衛に成功した。その後、同年11月に所属する京浜川崎ボクシングジムの会長が不祥事で逮捕されたことにより、柳和龍トレーナーとともに横浜光ボクシングジムへ移籍する。

1997年2月17日、後楽園ホールにて尹東澈(韓国)と対戦、4回TKO勝ちを収めて3度目の防衛に成功した。試合後に世界挑戦準備のため王座を返上した。

1997年10月5日、両国国技館にて世界初挑戦としてWBA世界スーパーフェザー級王者崔龍洙(韓国)に挑戦するも、1-1(116-114、114-116、114-114)のドローで王座の獲得に失敗した[文献 1]

1998年3月29日、両国国技館にて再起戦として18戦無敗の日本スーパーフェザー級王者コウジ有沢草加有沢)に挑戦し、9回TKO勝ちを収めて王座の獲得に成功した。お互いに無敗同士となったこの試合は「史上最大の日本タイトルマッチ」と称され、全国ネット生中継でフジテレビの昼間に放送された。その後、世界再挑戦準備に専念するため、日本王座は防衛することなく返上した。この試合は日本タイトルマッチとしては9年ぶりの年間最高試合に選ばれた。

1998年9月5日、両国国技館にて2度目の世界挑戦として前回引き分けた崔龍洙に再び挑戦し、2-0(2者が116-113、114-114)の判定勝ちを収めて2度目の挑戦で無敗のまま世界王座の獲得に成功した[文献 2]

1999年2月13日、有明コロシアムにてサウル・デュランメキシコ)を迎えて初防衛戦。2回にダウンを奪われるも、挑戦者が2度の減点を取られたこともあり、1-1(114-111、113-116、113-113)のドローで規定により初防衛に成功した[文献 3]

1999年6月27日、有明コロシアムにて同級1位の指名挑戦者ラクバ・シンモンゴル)を迎えて2度目の防衛戦を行うも、5回TKO負けを喫し王座から陥落するとともにプロ初黒星を喫した[文献 4]。試合後の同年7月に現役引退を表明し、その後は鶴太郎マネージャーの紹介で芸能界入りし、テレビでのタレント活動を開始。

2000年、引退を撤回しメキシコ系アメリカ人でもあるルディ・エルナンデスを新トレーナーに迎え入れ、プロボクサーとして復帰することを発表する。

2000年6月11日、階級をライト級に上げて復帰初戦で世界挑戦することが発表され、有明コロシアムにてWBA世界ライト級王者ヒルベルト・セラノベネズエラ)に挑戦。約1年のブランクを感じさせない動きで王者を翻弄し、合計5度のダウンを奪った末の8回KO勝ちを収めて王座の獲得に成功し、2階級制覇を達成した[文献 5]。試合後のリング上で「次(初防衛戦)は坂本選手とやります」と宣言した。

2000年10月11日、横浜アリーナにて元OPBF東洋太平洋ライト級王者坂本博之(角海老宝石)を迎えて初防衛戦を行い、10回TKO勝ちを収めて初防衛に成功した[文献 6]。同年12月草加市スポーツ健康都市記念体育館での草加有沢興行でスパーリングを行った(コウジ有沢の双子の兄・カズ有沢の引退セレモニー)。

2001年2月17日、両国国技館にて全階級を通じての日本王座最多防衛回数となる22度の防衛を果たした元日本ライト級王者リック吉村(石川)を迎えて2度目の防衛戦を行い、挑戦者が減点を取られたこともあり、1-1(116-111、112-115、114-114)のドローで規定により2度目の防衛に成功した[文献 7]

2001年7月1日、さいたまスーパーアリーナにて同級1位の指名挑戦者で元WBA世界ライト級王者ジュリアン・ロルシーフランス)を迎えて3度目の防衛戦を行うも、0-3(110-118、111-117、112-117)の判定負けを喫し王座から陥落した[文献 8]。この試合を最後に2002年1月、正式に引退した。

引退後の2002年7月、元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二と共同で竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム東京都新宿区に開設(2012年、大田区に移転)。当初はアマチュア専用のジムとして運営していたが、2008年に東日本ボクシング協会(日本プロボクシング協会の下部組織)への加盟が承認されたのを機にプロ選手も受け入れるようになり、同い年でもある藤岡奈穂子をジム初の世界王者(WBC女子ミニフライ級、WBA女子スーパーフライ級)に育て上げている。

戦績

  • プロボクシング:29戦24勝(19KO)2敗3分

テンプレート:Fightstatstop テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatscont テンプレート:Fightstatsbottom

獲得タイトル

  • 東日本スーパーフェザー級新人王
  • 全日本スーパーフェザー級新人王
  • 第28代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座(防衛3=返上)
  • 第34代日本スーパーフェザー級王座(防衛0=返上)
  • WBA世界スーパーフェザー級王座(防衛1)
  • WBA世界ライト級王座(防衛2)

関連項目

エピソード、引退後

出演

テレビドラマ

第33部 第21話「男意気地の恩返し・村上」(2004年9月13日) - 清次 役

映画

参考文献

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. 232頁下段
  2. 233頁上段
  3. 233頁下段
  4. 234頁上段
  5. 247頁上段
  6. 247頁下段
  7. 248頁上段
  8. 248頁下段

外部リンク

テンプレート:Championshiptitle先次空 テンプレート:Championshiptitle次空 テンプレート:Championshiptitle テンプレート:Championshiptitle テンプレート:日本のボクシング世界王者 テンプレート:年間最優秀選手賞 (日本プロボクシング) テンプレート:報知プロスポーツ大賞受賞者-ボクシング テンプレート:太田プロダクション