actions

イシュトヴァーン1世

2018/8/29/ (水) 18:16時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


イシュトヴァーン1世(I. István、969年または975年 - 1038年8月15日 エステルゴム、大首長・ハンガリー国王として997年 - 1038年)は、ハンガリー王国の初代国王。幼名はヴァイク(Vajk)。ハンガリーのキリスト教化に貢献し、カトリック教会では聖人として列聖されている。8月20日は、彼の記念日としてハンガリーの祝日に定められている。聖王とも呼ばれる。

生涯

国王即位まで

ヴァイク(のちのイシュトヴァーン1世)は、マジャル人の大首長でハンガリー大公ゲーザEnglish版の息子として、969年または975年に生まれた。985年プラハの聖アダルバートから洗礼を受け、イシュトヴァーン(ドイツ語:シュテファン Stephan )の洗礼名を授けられた。995年バイエルン公の娘ギーゼラと結婚し、彼女との間に少なくともイムレmagyar版ら3人の息子とアガタ(イングランド王エドワード・アシリング夫人)ら2人の娘(もう一人はブルガリア皇帝ガヴリル・ラドミール夫人)がいたが、息子たちはいずれもイシュトヴァーンより先にこの世を去った。

997年、父ゲーザの死を受けて大首長となったイシュトヴァーンは、各地へ軍事遠征を行ってハンガリーの統一を進め、1000年12月25日(1001年1月1日とする説もある。)にローマ教皇のシルウェステル2世から授かった冠を用いて、エステルゴムで戴冠式を行った。こうして、正式にハンガリー王国が成立した(聖イシュトヴァーンの王冠を参照)。

王国の統治政策

イシュトヴァーンは、父ゲーザ以来続いていたハンガリーのキリスト教化を進展させた。エステルゴムカロチャKalocsa)に大司教座を設置し、その他にも8つの司教座を置いた。修道院付属の学校が創設され、ラテン語の普及など文化の振興が進んだ。こうしたハンガリーの教会組織は、オットー1世以来その勢力を強める帝国から独立した地位にあった。また、彼は王国を県に分け、各県に地方長官(イシュパーン)を配置した。そして、王国統治の根幹となる法令をラテン語で制定、発布した。

晩年

1031年、自らの後継者と考えていた息子のイムレ(en)が亡くなった。イシュトヴァーンはこのことで悲嘆に暮れ、自らの体調も崩した。やがて回復するものの、かつてのような勢いある王の姿はみられなかった。1038年、ハンガリー王国の礎を築いたイシュトヴァーンは他界し、その遺体はブダペストの西方にあるセーケシュフェヘールヴァールの大聖堂に埋葬された。現在は、この都市にイシュトヴァーン博物館が置かれている。

イシュトヴァーンの死後は、息子が既に皆なくなっていたため、王位継承をめぐって内乱に突入した。さらに、キリスト教化を拒む勢力の反乱も加わったため、王国は混乱を極めた。11世紀末、この反乱を収めたラースロー1世によって、イシュトヴァーンは聖人として列聖された。

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク


先代:
ゲーザ (ハンガリー大公)
ハンガリー王
997 - 1038
次代:
ペーテル・オルセオロ