操作

バイエルン大公

バイエルン大公(バイエルンたいこう)

中世ドイツ部族大公ドイツ南東部からオーストリアにかけてのバイエルン公国を支配した。

大公」とはドイツ語Herzogの訳語であるが、ドイツ史においては中世の研究では「大公」、初期近代以降の研究では「」という訳語が用いられるのが通常である。特にはっきりした境界があるわけではないが、以下では便宜上ヴィッテルスバッハ家がバイエルン公位を独占するようになる1180年以降に限ってバイエルン公という用語を使うことにする。また、1623年以降バイエルン公は選帝権を保持したためバイエルン選帝侯と呼ばれる。

関連項目



Rakuten 楽天市場検索: