actions

西郷村


西郷村(にしごうむら)は、福島県中通り南部にある西白河郡である。

地理

東京より北へ約185km東北新幹線で約90分の距離である。首都圏への新幹線通勤の利用者も多い。 栃木県との県境でもある那須連峰三本槍岳が村の西にあり、村全域が阿武隈川の上流域にあたる。三本槍岳東側山麓は甲子高原(かしこうげん)となっており那須高原に連なっている。また村の北側には白河布引山があり広大な陸上自衛隊演習場及び羽鳥湖高原に連なる。新幹線の停車する新白河駅東北自動車道白河インターチェンジが村域内にあるなど、白河市の持つ都市機能の一部を担っている。村の東部で白河市に接し、新白河駅周辺は白河市街と一体となった市街地を形成している。2016年現在、沖縄県中頭郡読谷村茨城県那珂郡東海村に次ぎ、全国で3番目に人口の多い村である。

隣接している自治体

統計データ

現在村勢

  • 総人口 - 19,494人(2005年)
  • 世帯数 - 6,123世帯(2005年)
  • 年少(15歳未満)人口率 - 16.8%(2005年)
  • 高齢(65歳以上)人口率 - 17.0%(2005年)
  • 昼間人口 - 18,497人(2000年)
  • 労働力人口 - 19,668人(2000年)
  • 第1次産業就業者数 - 708人(2000年)
  • 第2次産業就業者数 - 3,855人(2000年)
  • 第3次産業就業者数 - 4,512人(2000年)
  • 農業産出額 - 2,840百万円(2004年)
  • 製造品出荷額等 - 133,219百万円(2004年)
  • 商業年間商品販売額 - 28,272百万円(2003年)
出典 
  1. 総務省統計局『統計で見る市区町村のすがた2007』2007年

人口

西郷村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

年表

変遷表

合併

隣の白河市は西郷村に対し合併を求めるが、村内には高速道路インターチェンジ、新幹線駅、JRA場外馬券売り場、大型商業施設、大型の工場など財源となる施設が多数あるため、独立路線を堅持している。

教育

中学校

  • 西郷村立西郷第一中学校
  • 西郷村立西郷第二中学校
  • 西郷村立川谷中学校

小学校

  • 西郷村立熊倉小学校
  • 西郷村立小田倉小学校
  • 西郷村立米小学校
  • 西郷村立羽太小学校
  • 西郷村立川谷小学校

特別支援学校

行政機関

国の機関

施設

経済

財政に関して「自立した村づくり」を目標としており、平成17年度から地方交付税の不交付団体となっている。しかし、平成22年度は再び交付団体となった。

交通

鉄道

一般路線バス

村内を福島交通白河営業所新白河駅(西口ないし高原口と呼称)・白河駅との路線バスが発着
(参考)新白河駅東口には福島交通のほか、JRバス関東白河支店の路線バスも発着

高速路線バス

東北自動車道上「西郷バスストップ」利用

村民バス

福島交通に運行委託
  • 新白河駅高原口 - 白河警察署 - 谷地中 - 西郷役場 - 森の湯 - 新白河駅高原口(北部循環)
  • 新白河駅高原口 - オリンパス前 - 千本桜入口 - 原中 - 西郷役場入口 - 南真船 - 新白河駅高原口(南部循環)

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

出身著名人

脚注

  1. 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  2. 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目

外部リンク