操作

紅海

左側の細長い海域が紅海

紅海(こうかい、ヘブライ語: יַם סוּף‎, アラビア語: البحر الأحمر‎, フランス語: Mer Rouge

インド洋の付属海の一つで,アラビア半島アフリカの間に位置する。アラビア語で Al-Bahr al-Ahmar。地中海とは 1869年以来スエズ運河により結ばれ,アラビア海アデン湾とはバーブエルマンデブ海峡で接する。北はシナイ半島スエズ湾アカバ湾に分かれる。面積約 45万km2,全長約 1930km。最深部は 3040m。紅海の名は,藻類トリコデスミウムTrichodesmium erythraeum が異常繁殖し,死滅すると海面を赤褐色に変化させることに由来。トラフのより深い部分の裂け目は高温高塩分濃集域で,ここに厚さ 10~20mの重金属酸化物からなる特殊な沈殿物がある。古くからアジアとヨーロッパを結ぶ重要な通商路であったが,喜望峰経由ルートの発見後は一時重要性が失われた。しかし 1869年のスエズ運河開通によって,再び重要な航路となった。地質構造的にはアフリカ大地溝帯の延長をなし,紅海地溝帯と呼ばれる。北岸にスエズ,西岸にポートスーダンマッサワアッサブ,東岸にアカバジッダホデイダなどの港がある。海域にはダフラク諸島,フラサーン諸島,カマラーン島が点在する。



Rakuten 楽天市場検索: