操作

スエズ運河

スエズ運河
Suez Canal
{{#invoke:InfoboxImage|InfoboxImage|image=Canal de Suez.jpg|size=290px|sizedefault=288px|alt=}}
スエズ運河の位置と衛星写真
特長
全長 120.11マイル (193.30 km)
(当初はテンプレート:Convert/LoffAonDorSoff)
許容最大船幅 77.5 m (テンプレート:Convert/ftin)
閘門 無し
運営者 スエズ運河庁English版
歴史
当初所有者 スエズ運河会社 (Compagnie Universelle du Canal Maritime de Suez)
主要技術者 アロイス・ネグレッリ(en)
建設開始 1859年4月25日
完成 1869年11月17日
地理
始点 ポートサイド
終点 タウフィーク港スエズ
支流 新スエズ運河

スエズ運河(スエズうんが、アラビア語:قناة السويس)

エジプト北東部スエズ地峡にあり,紅海と地中海とを結ぶ運河。ヨーロッパとインド亜大陸,その周辺および西太平洋の諸国を結ぶ最短海路で,平時には世界で最も頻繁に利用される。北端は地中海側のポートサイド,南端は紅海側のスエズ市の一部ポートタウフィーク。運河通過時間は,開通当時の平均 48時間から現在は約 15時間。 1859年フランス人 F.レセプスによって建設工事が開始され 69年に完成。工事はポートサイド側から始り,南へティムサ湖,ビター湖を経てスエズ湾に達した。 75年以来イギリス系のスエズ運河会社の所有となり,さらに 82年イギリスは運河地帯を占領し,軍事基地とした。 1956年のスエズ動乱後エジプトの G.ナセル大統領が国有化を宣言,スエズ運河公社が設立された。 67年中東戦争により運河は封鎖されたが,75年6月開通され,80年8月までに運河通過船は 10万隻に達した。また 1975年 11月より拡張工事が行われ,80年に工事は完了。1日 60隻から 73隻の運航が可能となり,15万tタンカーおよび空船なら 35万tの大型タンカーも運航可能となった。さらに運河の下にアハメト・ハムジ・トンネルが建設されている。

外部リンク

座標: 東経32度20分39秒北緯30.705度 東経32.34417度30.705; 32.34417



Rakuten 楽天市場検索: