操作

喜望峰

座標: 東経18度28分19秒南緯34.35806度 東経18.47194度-34.35806; 18.47194

ファイル:Agulhas-Map.jpg
喜望峰とアガラス岬の位置
ファイル:Ostrich SA2.jpg
喜望峰に生息するダチョウ

喜望峰(きぼうほう、アフリカーンス語: Kaap die Goeie Hoop英語: Cape of Good Hopeポルトガル語: Cabo da Boa Esperançaオランダ語: Kaap de Goede Hoop)は、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにある

名称

英語名は「Cape of Good Hope」で日本語に直訳すると「希望岬」となり、中国語では「好望角」と表記する。諸説あるが、Capeが「峰」と訳されたのは誤解によるものと考えられ、Good Hopeが「喜望」と訳された理由は不明である[1]

位置

喜望峰はケープタウンから50km南へ延びたケープ半島の突端にある。ケープタウンの南のテーブルマウンテンと同じ珪質砂岩でできている。半島の東はフォールス湾である。喜望峰がアフリカ大陸の最南端といわれることがあるが、実際には東南東へ約150km離れているアガラス岬が最南端である。

歴史

脚注

  1. 放送大学茨城学習センター 話題・課題「喜望岬はどうして喜望峰なのか」 元 茨城学習センター所長 朝野洋一
  2. プント国との貿易のため、ナイル川から紅海への運河建設の試みが失敗し、天然の海洋航路の探検を行なわせた。
  3. ヘロドトス著『歴史』第4巻42節(ヘロドトス著、松平千秋訳『歴史(中)』岩波文庫、1972年、28ページ。)
  4. 4.0 4.1 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.213 日東書院 1991年
  5. 現在、この呼称は蔑称となっている。

関連項目


テンプレート:SouthAfrica-stub