actions

毛利就馴

毛利 就馴(もうり なりよし、寛延3年11月6日1750年12月4日) - 文政11年3月20日1828年5月3日))は、周防徳山藩の第7代藩主。就隆系毛利家7代。

第5代藩主・毛利広豊の十男。母は清光院。正室は関政富の娘。子に福原房純(長男)、毛利広鎮(次男)、毛利馴仁(三男)、娘(板倉勝意継室)、娘(吉川経礼継室)、娘(小笠原正弇室)。幼名は専之助。名を就馴(初め「なりよし」、後に「たかよし」[1])、就友(たかとも)と変える。また、佐兵衛佐。は政翁、または泰翁。官位は従五位下・大和守。のち石見守。

江戸の今井谷邸で生まれる。宝暦14年2月22日1764年)、先代藩主で兄の広寛が早世し、他の兄は早世または既に他家を相続していたので、4月21日、その養嗣子として跡を継ぎ、就馴と名乗る。生まれつき英邁闊達で、よく下情に通じて人民を愛し、家老・奈古屋蔵人を重用して治績を挙げる。また、藩士に命じて各家に伝来の古文書や系譜を呈出させ、藩祖・就隆及び3代・元次の詩文を編集して散逸を防ぐなど、大いに意を文事に用い、天明5年(1785年)には藩学「鳴鳳館」を創立して文教興隆の基礎を築く。

寛政8年9月24日1796年)、次男・広鎮に家督を譲って隠居し、寛政11年3月26日1799年)、病と称して帰邑の暇を請い、5月、下松の仮寓に入る。文化元年2月(1804年)、富田に別邸を設ける。文化4年9月23日1807年)、名を就友と改め、文化13年12月23日1816年)、総髪して政翁、また泰翁と号し、風月を友として悠々自適の日を送り、文政11年3月20日(1828年)に富田の別邸で死去した。享年79。法号は隆興院殿徳運全功大居士。墓所は山口県徳山市舞車の大成寺。

脚注

  1. 偏諱を与えた長州藩主・毛利重就が「しげなり」から「しげたか」と名乗りを変えたのに従って読みが変わっている。

テンプレート:徳山藩主