actions

毛利広鎮

毛利 広鎮
時代 江戸時代中期 - 末期(幕末
生誕 安永6年9月21日1777年10月21日
死没 慶応元年12月16日1866年2月1日
幕府 江戸幕府
周防徳山藩
氏族 毛利氏

毛利 広鎮(もうり ひろしげ)は、周防徳山藩の第8代藩主。就隆系毛利家(徳山毛利家)8代。

生涯

第7代藩主・毛利就馴の次男として江戸今井谷の屋敷にて生まれる。天明4年(1784年6月10日、就寿と名乗る。次男であったが正室の子であり、また長兄の福原房純が家老の福原就清の養子となったため、寛政8年(1796年)9月24日、父の隠居により跡を継ぎ、12月18日には従五位下・大和守に叙任した。文政12年(1829年5月15日、名を広鎮と改め、10月11日、日向守に叙任。藩政においては医学館の創設などを行なって文武を奨励し、民政にも尽くした。その藩政における尽力を幕府からも認められて、天保7年(1836年)4月、萩藩主・毛利斉元の内願を入れて城主格に任じられ、所領も4万石に加増された。

天保8年(1837年12月7日還暦を迎えた広鎮は、七男の元蕃に家督を譲って隠居した。慶応元年(1865年)12月16日、89歳という長寿をもって徳山にて死去した。

文化人としても優れており、歌集に『類題玉函集』がある。また、隠居後にもうけた十男の元徳(広鎮の生前に毛利本家へ養子入りした)をはじめ、息子の多くが幕末期の著名人として名を連ねた。

テンプレート:徳山藩主