actions

Fun!BASEBALL!!

次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALLから転送)

Fun!BASEBALL!!』(ファン!ベースボール!!)

2018年日本テレビその系列各局で放送されている日本プロ野球中継のタイトル。


概要

日本テレビにおけるプロ野球中継は、開局翌日(1953年8月29日)に後楽園球場で行われた巨人対大阪タイガース(のちの阪神)のナイターを『スイートナイター』のタイトルで放送したのが始まりである。以来、基本的に巨人の主催試合[1]のみで、その約9割を同局の制作により独占的に中継している。なお、後に日本テレビは巨人主管試合において読売新聞社、系列スポーツ紙スポーツ報知報知新聞社)とともに「主催」にクレジットされている[2]

この他、ビジターゲームでも阪神タイガース広島東洋カープ福岡ソフトバンクホークスとの対戦カードの中から年間10試合前後を放送する。また、週末にはまれにパ・リーグのデーゲームを放送することもある。

2002年度からは、地上波で全国ネットによる放送を行う場合に限り、リアルタイム字幕放送を実施している(2005年度からはほぼ全試合に拡大)。また、日テレジータスの一部の中継を除きハイビジョン制作を行っており、地上デジタル放送BS日テレでは5.1chサラウンド放送、およびデータ放送を実施している(一部の地方球場開催分と、地方局のローカル中継を除く)。

2007年以後、地上波での全国ネットでの放送は「リーグ開幕戦(開幕戦が前年度Bクラスによりビジターで開幕するときは、東京ドームで行われる主管試合の開幕カード)」や週末に開催するデーゲームなど注目のカード20試合前後(ポストシーズンは原則全試合全国生中継)に絞っており、多くの試合はBS・CS、インターネット放送の「ジャイアンツライブストリーム」に重きを置いているが、2014年以後は地上波での試合中継があっても、全国ネットとはしないで、関東ローカル(組み合わせの次第によっては対戦相手側の都道府県の系列局とのブロックネットあり)とする試合もある[3]

2010年度からは日テレジータスのハイビジョン放送開始に伴い画面比が16:9の「ワイドサイズ」に統一され、地上アナログ放送や日テレジータスの標準画質放送では全試合レターボックス化された。ハイビジョン放送自体は2004年シーズンから行われていた。 なお、放送対象地域内に本拠地の球場を持つ球団がある系列局では、巨人のホームゲームに代えて、地元球団のホームゲームの中継に差し替えたり二元中継にしたりすることが多い(「系列局等の放送」も参照のこと)[4][5]。日本テレビ系列では、日本テレビの許可がなければネットワークセールス枠の通常番組を差し替えることができないため、系列各局のローカル中継は原則として巨人戦全国ネットの差し替え中継かデーゲーム中継のみとなる[6]。ただし、2015年より金曜19時台の『笑神様は突然に…』がローカルセールスに移行したため、金曜の通常番組を差し替えるケースが増えている(主に札幌テレビ広島テレビに多い)。差し替え中継が早く終了した場合は途中飛び乗りで巨人戦全国ネットの中継を放送(但し、リアルタイム字幕放送や副音声放送は非対応の場合がある)。

毎年8月中旬から下旬頃に行われる巨人のホームゲームでは、8月28日が日本テレビの開局記念日であることを祝して「開局記念ナイター」というサブタイトルを冠して開催している(同日か、その直前のホームゲームがそれに充てられる。2009年は行われなかった)。

なお、2000年までは『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の放送日と重なった場合は『24時間テレビナイター』として行われ、実況アナウンサーや解説者は『24時間テレビ』のオリジナルTシャツを着用して中継に臨んでいた(日曜の場合は『24時間テレビ』が早く終了する。同番組の当該項目も参照のこと)。BS日テレや日テレジータスでも放送されないが、2007年度[7] は対ヤクルト戦がBS日テレで放送された。

また、国政選挙衆議院参議院)の投開票日と重なった場合は『選挙&ナイター』として、L字型画面の外側に各政党・政治団体の獲得議席数や当選者の情報を表示している。ただし、出口調査の速報を伝えるために20時に一旦中継を中断するのみに留まることもある。

なお、CS放送では、日テレジータスの巨人主管試合中継とは別に、2012年公式戦より、日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツにて福岡ソフトバンクホークス主管試合をJ SPORTSから移管する形で全試合放送し、日テレ系CSでは2つのチャンネルでプロ野球中継が行われることになった。2013年から2014年までは東北楽天ゴールデンイーグルス主管試合の放送をしていた。2018年シーズンからは日テレNEWS24により千葉ロッテマリーンズ主催全試合を中継することになった。

インターネット上で開設している日本テレビのウェブサイトでは、1997年度からの全試合の結果が閲覧できる。

脚註

  1. ただし、テレビ放送黎明期には、巨人戦以外のカード(セ・パ問わず)も放送していた。(ex:1956年5月13日の「国鉄(現:東京ヤクルト)対広島」(川崎球場)や後述の「阪急(現:オリックス)対西鉄(現:埼玉西武)」(西宮球場)など・出典:「大衆ともに25年沿革史(日テレ社史)に記載のタイムテーブル」)
  2. 読売ジャイアンツの運営会社の『株式会社 読売巨人軍』自体は直接主催に名を連ねず、読売新聞社・報知新聞社・日本テレビに主催・興行関係を一任している。
  3. (参考例)2015年読売巨人軍主催ゲーム中継について(日本テレビプレスリリース)
  4. 中日ドラゴンズをお膝元に持つ中京テレビについては、他系列と異なり差し替え放送は行われていない。これは、中日主催ゲームの放映権が同局にないためである。ただし、1989 - 1990年頃には読売テレビが制作した阪神対中日戦において、実況を同局側で差し替えて放送したことがある。
  5. ただし、この場合でも、日テレジータスやBS日テレ、もしくは隣県の系列局のいずれかを受信すれば巨人戦を視聴することができる。
  6. 広島テレビは4局化後、特別番組枠を中心に通常番組を後日遅れネットとした上での差し換えを多く行っていた。2013年現在も、以前よりは減少したが、時折通常番組差し替えを行うことがある。
  7. 2011年度も同様

外部リンク