操作

24時間テレビ 「愛は地球を救う」

24時間テレビ 「愛は地球を救う」
24HOUR TELEVISION
"LOVE SAVES THE EARTH"
ジャンル チャリティー番組
放送時間 毎年8月第3 - 5土曜日18:30 -
日曜日20:54(26時間24分)
放送期間 1978年8月26日 -
制作局 日本テレビ
出演者 -
オープニング (エンディングテーマのインストゥルメンタルアレンジ版)
エンディング 谷村新司加山雄三サライ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH"

1978年から毎年8月下旬[1]土曜から日曜にかけて生放送されている日本チャリティー番組。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。

概要

1978年、「愛は地球を救う」をキャッチフレーズとして、日本各地でチャリティーキャンペーン活動を行う番組として誕生した。年末年始や緊急時などを除いて、通常の放送を休止し特別番組を終夜放送[2] することは当時としては画期的な企画であり、福祉をテーマにしたことから実現可能であった。

視聴者から寄せられた寄付を、国内外の福祉・環境保護・災害復興の支援に役立てる事を目的とした番組であり「本当の主役は(テレビの前の)あなたです」を謳い文句にしている。このキャッチフレーズは2000年代初頭までエンディングで表記されていた[3]

番組のイメージカラーは黄色。番組のシンボルマークは久里洋二が制作。赤色・黄色・緑色グラデーションで色付けされた太陽と軌道上を周回する地球をデザインしたものである[4]

毎年8月下旬の土曜日夜から日曜日夜まで生放送されている(8月最終週の週末に放送されることが多い)。第1回(1978年)の放送時間は土曜日20:00 - 日曜日20:00であり、文字通り「24時間」であったが、その後24時間半→25時間→25時間半と次第に長くなり、第25回(2002年)以降は原則として土曜日18:30 - 日曜日20:54と26時間半に亘って放送されている[5]

番組内容は毎年設定されるメインテーマに基づき、健常者のみならず、障害者被災者難病患者などにも着目し、チャリティーマラソンドラマスペシャルドキュメンタリー、チャレンジ企画などを中心に構成されている。番組内では出演者が応援ソングを歌う場面があり、使用される楽曲は毎年40曲前後にも上る。

メイン会場として日本武道館が使用されているほか、日産グローバル本社ギャラリーや系列各局のイベント会場では、チャリティーオークションなどのチャリティーイベントが開催される。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 第14回(1991年)のみ7月下旬に実施された。
  2. 当時、終夜放送は緊急時(大規模な地震台風などの自然災害や、戦争紛争、交通ストライキなど)、ならびに近代オリンピックのうち、時差の関係で日本時間の深夜に開催されるヨーロッパ・アフリカやアメリカ大陸で開催する場合を除いて行われていなかった。第1回でスタジオ総合司会を務めた巨泉は、「これから24時間、今までやっていた通常の放送をすべてお休みにして、全く白紙に戻して、テレビが一体何ができるのかやってみたい。地球に住む我々が一体何が幸せかをかみしめたい。世の中にいる社会的弱者がテレビを通して役立つかどうか。テレビを通してチャリティーをやりたい」とのスピーチ(24時間テレビ(第1回 (1978))オープニング冒頭部分)をしている。
  3. 第15回(1992年)・第16回(1993年)は、当時日本テレビのキャッチフレーズだった「みんなのなかに、私はいます。」が使われた。
  4. しかし、番組スタッフはこれを地球とと勘違いし、社内では「地球マーク」と呼ばれていた。
  5. 土曜日19:45 - 日曜日21:34に放送された第27回(2004年)と土曜日18:30 - 日曜日21:09に放送された第35回(2012年)は除く。