操作

日鉄住金セメント

日鉄住金セメント 株式会社
NIPPON STEEL & SUMIKIN CEMENT CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
050-8510
北海道室蘭市仲町64
東経141度00分00秒北緯42.3525度 東経141度42.3525; 141
設立 1954年6月28日
業種 ガラス・土石製品
事業内容 セメントの製造・販売、土石の加工・販売、産業廃棄物の処理・再生加工
外部リンク http://www.ns-cement.nssmc.com
テンプレートを表示

テンプレート:Infobox factory

日鉄住金セメント(にってつすみきんセメント)は、北海道室蘭市にある新日鐵住金グループ企業(セメント工場)。

概要

北海道における経済活動の基盤整備・強化としてのセメント供給、富士製鐵室蘭製鐵所(現在の新日鐵住金室蘭製鐵所)で副生される「高炉スラグ」の資源循環を目的として設立した[1]。「高炉セメント」を主力製品としているほか、特殊製品(注入材、セメント系固化材、補修材など)を開発しており[2]、北海道・東北地方を主要販売エリアとしている。また、産業廃棄物処分業として産業廃棄物の処理、副産物リサイクルを行っている。これまでに北海道による「北海道科学技術賞」[3]環境省による「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(共同受賞)[4]学会において各賞を受賞している[5]

沿革

  • 1954年昭和29年):富士製鐵と磐城セメントの共同出資により、「富士セメント」として設立[6]
  • 1955年(昭和30年):セメント粉砕設備竣工[6]。セメント製造・販売開始[6]
  • 1956年(昭和31年):1号キルン竣工(1980年廃棄)[6]
  • 1960年(昭和35年):2号キルン竣工(1985年廃棄)[6]
  • 1965年(昭和40年):3号キルン竣工(2012年廃棄)[6]
  • 1970年(昭和45年):「日鐵セメント」に社名変更[6]セメントタンカー「芙蓉丸」就航[3]
  • 1974年(昭和49年):4号キルン竣工[6]
  • 1984年(昭和59年):業界の構造改善により、共同販売会社「アンデスセメント」に属する(1994年解散)[7]
  • 1988年(昭和63年):特殊製品工場竣工[6]
  • 1992年平成04年):産業廃棄物処理施設認可[6]
  • 1998年(平成10年):廃棄物窯尻投入設備竣工[6]。工場が「ISO 9002」認証取得(2003年に「ISO 9001」へ移行)[6]
  • 2001年(平成13年):本社・工場が「ISO 14001」認証取得[6]
  • 2002年(平成14年):肉骨粉投入設備竣工[8]。下水汚泥処理設備竣工[6]
  • 2005年(平成17年):ロシアGOST規格「GOST R」取得[6]
  • 2006年(平成18年):廃プラスチック処理設備竣工[6]
  • 2012年(平成24年):「日鉄住金セメント」に社名変更[6]

製品

  • セメント
    • セメント全般
    • 高炉セメントB種
  • 固化材
    • 日鐵アースタイト
    • 日鐵アースタイト・プラス
  • 注入材
    • 日鐵スーパーファイン
    • コロイドSQ-A
  • 補修材
    • NEMシリーズ
    • Hiシリーズ
  • スラグ
    • 高炉スラグ微粉末

事業所

関連会社

  • ニレミックス
  • 富士トラック[9]
  • フジコンサルタント

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク