actions

新選組血風録 (テレビドラマ)

新選組血風録』(しんせんぐみけっぷうろく)は、司馬遼太郎同名の連作短編小説集を原作とした連続テレビドラマ。現在までに以下の3作品が製作されている。

  1. NET(現テレビ朝日)製作、1965年から1966年にかけて放送の作品
  2. テレビ朝日製作、1998年放送の作品
  3. NHK製作、2011年放送の作品

本記事ではこれらを一括して扱う。

1965年版

1965年7月11日から1966年1月2日まで毎週日曜日21:30 - 22:30に、NET(日本教育テレビ、現テレビ朝日)系で放送された。全26話のモノクロ作品。司馬の原作以外にオリジナルのストーリーも含まれている。原作にはない新選組の没落と近藤の死もあり、最終回は箱館戦争での土方の死となっており、『燃えよ剣』の要素もある。俳優は東映所属の俳優だけではなく、劇団くるみ座東京芸術座などから起用している。1970年には、ほぼ同じスタッフと主要キャストで土方歳三を主人公とした『燃えよ剣』が制作されている。

キャスト

スタッフ

エピソードリスト

テンプレート:エピソードリスト/ヘッダー/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/r0 テンプレート:エピソードリスト/フッター/r0

製作

オリジナル脚本は結束信二によるもので、リリカルな描写が目立つ。なお、男色を題材とした「前髪の惣三郎」は、同性愛の話をテレビドラマで扱うことが当時は難しく、扱われていない。当初、司馬遼太郎は東映によるテレビドラマ化に難色を示していた[2]。東映が映画化した『新選組血風録 近藤勇』の改変に不満を持っていたためだった[2]。それを説得するため、プロデューサーの上月信二は土方歳三に扮した栗塚旭と共に司馬へ挨拶に行くと、それを見た司馬が「土方そっくりや!」と絶賛し、ドラマ化が決定した。脚本を担当した結束信二の墓碑には、司馬の筆による「結束さんは人生をよき景色としてみていたすばらしい心のもちぬしでした」の言葉が刻まれている。

第1話の池田屋の回は同年2月から撮影されており、真夏のシーンのはずの池田屋のシーンで出演者の吐く息が白くなっている。また、池田屋はセットではなく取り壊す予定の建物を使用しており、迫力のあるシーンとなっている。

備考

土方歳三を演じた栗塚旭、沖田総司を演じた島田順司、斉藤一を演じた左右田一平は彼ら3人を主要キャストで起用した『俺は用心棒』も制作・放送されシリーズ化され、島田は沖田総司を演じている。島田は後にドラマの体験談を語った『わが青春の沖田総司』(新人物往来社1977年)を著わしている。

有志のファンによる上映会も1979年から20年近くにわたって続けられ、ゲストには当時のスタッフ・俳優が参加していた。

2004年大河ドラマ新選組!』はこの作品へのオマージュとして、栗塚が土方歳三(山本耕史)の兄の土方為次郎役で、島田が病に倒れた沖田総司(藤原竜也)を匿う植木屋平五郎役でそれぞれ出演している。

全話ビデオソフト化され、DVD化もされている。

関連物

  • 黒須洋子 『テレビ映画 新選組血風録の世界』 (新人物往来社、2000年) ISBN 440402875X
    • 1965年版テレビドラマ『新選組血風録』全26話の紹介、スタッフ・キャストへのインタビューを掲載。
  • 結束信二 『「新選組血風録」シナリオ集』 (新人物往来社、2001年) ISBN 4404029268
    • 脚本家・結束信二によるシナリオ集。「虎徹という名の剣」「海仙寺党全滅」「鴨千鳥」「菊一文字」「紅花緒」「脱走」「あかね雲」「風去りぬ」「燃える生命」を収録。
  • 傑作時代劇音楽全集 新選組血風録ミュージックファイル (バップ、1998年) ASIN B00005H0L4
    • 作曲家・渡辺岳夫が手掛けた劇伴集。春日八郎歌唱の主題歌「新選組の旗は行く」も収録。
  • 新選組血風録 DVD (東映ビデオ、2004~2005年)
    • VOL.1 第1話、第2話収録 DSTD06651
    • VOL.2 第3話~第6話収録 DSTD06652
    • VOL.3 第7話~第10話収録 DSTD06653
    • VOL.4 第11話~第14話収録 DSTD06654
    • VOL.5 第15話~第18話収録 DSTD06655
    • VOL.6 第19話~第22話収録 DSTD06656
    • VOL.7 第23話~第26話収録 DSTD06657
NET(現:テレビ朝日) 日曜21:30 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
新選組血風録(1965年版)

1998年版

テレビ朝日開局40周年記念ドラマとして、1998年10月8日から12月30日まで毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系で放送された。全10話。主演は渡哲也

渡が演じる近藤勇が主人公でストーリー構成の中心となっており、土方と沖田がストーリーの中心だった原作とは雰囲気が違う。近藤の人物像も文武を共にわきまえた完璧な君子像で、大器だが間の抜けたところや俗物的な性格がある原作の近藤像とはかなり異なる。

初回は2時間スペシャルで池田屋事件(ただし山崎烝の出自にまつわるエピソードではない)。原作からは「芹沢鴨の暗殺」「沖田総司の恋」「鴨川銭取橋」「長州の間者」「油小路の決闘」などがドラマ化された。芹沢は主題歌を歌った松山千春が演じている。男色を扱った「前髪の惣三郎」もドラマ化された。最終回は年末の12月30日に2時間30分拡大スペシャルで放送されたが、ドラマとしては条件が良くない昼間(15:00 - 17:30)の放送だった。最終回の時間の半分は総集編で、最後のエピソードは沖田の死を暗示する「菊一文字」。新選組の没落と近藤、土方の死まで描かれたが、この部分は非常に駆け足で5分程度だった。

なお10月8日に放送がスタートした本作全10話は、12月10日に通常1時間枠で完結する予定だったが、10月22日の放送はプロ野球日本シリーズ中継のため休止した。そのためレギュラー枠内で最終話を迎えることができず、最終話は前半90分を総集編とし、残り1時間で最終エピソードを放送している。ビデオ・DVD化はされていないが、衛星放送(時代劇専門チャンネルなど)で再放送されることがある。

東映チャンネルで放送された際は、2時間スペシャルだった第1話は、前・後編に分割放送され、最終話は総集編部分を全編カットした本編1時間のみの放送だった。

キャスト

スタッフ

放送日程

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1998年10月08日 幕末最大の決闘!池田屋斬り込み 吉田剛 工藤栄一
第2話 1998年10月15日 芹沢鴨 雨の襲撃 松尾昭典
第3話 1998年10月29日 沖田総司 剣と恋 斎藤光正
第4話 1998年11月05日 脱隊 胡沙笛を吹く武士 岡本克己 松尾昭典
第5話 1998年11月12日 妖艶 前髪の惣三郎 舛田利雄
第6話 1998年11月19日 土方謀殺計画 山南の脱走 吉田剛 斎藤光正
第7話 1998年11月26日 潜入長州の間者 舛田利雄
第8話 1998年12月03日 近藤勇を狙った女 南野梅雄
第9話 1998年12月10日 内部分裂 油小路の決闘 塙五郎 上杉尚祺
最終話 1998年12月30日 近藤・土方・沖田 最後の別れ 吉田剛
テレビ朝日系 木曜時代劇(20:00枠)
前番組 番組名 次番組
新選組血風録(1998年版)
(1998.10 - 1998.12)
※ここまで木曜時代劇
京都迷宮案内(第1シリーズ)
※ここから木曜ミステリー

テンプレート:テレビ朝日木曜時代劇

東映チャンネル 名作ドラマアワー(時代劇枠)
前番組 番組名 次番組
藤沢周平の用心棒日月抄
新選組血風録(1998年)
素浪人 月影兵庫(第1シリーズ・第2シリーズ)

2011年版

2011年4月3日から6月19日まで毎週日曜日18:45 - 19:30に、NHK BSプレミアムの「BS時代劇」枠で第1回作品として放送された(全12回)。なお2012年には地上波初回扱いでアンコール放送が4月15日より日曜日13:05 - 13:50(日曜日昼の「ドラマ・アンコール」枠初回作。初回は-14:20)に放送された。

キャスト

スタッフ

放送日程

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
第1回 2011年4月03日 快刀虎徹 「虎徹」 渡邉睦月 清水一彦
第2回 2011年4月10日 覚悟の隊服 ドラマオリジナル
第3回 2011年4月17日 芹沢鴨の暗殺 「芹沢鴨の暗殺」 川上英幸
第4回 2011年4月24日 長州の間者 「長州の間者」
第5回 2011年5月01日 池田屋異聞 「池田屋異聞」
第6回 2011年5月08日 沖田総司の恋 「沖田総司の恋」
「前髪の惣三郎」
渡邉睦月 西谷真一
第7回 2011年5月15日 胡沙笛を吹く武士 「胡沙笛を吹く武士」 川上英幸
第8回 2011年5月22日 臆病者 「海仙寺党異聞」
第9回 2011年5月29日 謀略の嵐 「油小路の決闘」 佐々木善春
第10回 2011年6月05日 油小路の決闘
第11回 2011年6月12日 菊一文字 「菊一文字」 西谷真一
最終回 2011年6月19日 最後の武士 ドラマオリジナル 清水一彦

関連物

  • 新選組血風録 完全ガイドブック (PHP研究所、2011年) ISBN 4569796583
  • NHK BS時代劇 新選組血風録 オリジナルサウンドトラック (ジェイズ・レコーズ、2011年) QACJ-30022
  • 新選組血風録 DVD (東映株式会社・東映ビデオ株式会社、2011~2012年)
    • BOX1 第一回~第六回収録 DSZS07247
    • BOX2 第七回~最終回収録 DSZS07248
NHK BSプレミアム BS時代劇
前番組 番組名 次番組
(新編成チャンネル)
新選組血風録(2011年版)


脚注

  1. オープニングでは、春日八郎のボーカル主体のものを使用しているが、劇中ならびに次回予告では、ヴォーカル・ショップ主体のものを使用している。
  2. 2.0 2.1 「時代劇は死なず」、春日太一、40ページ。

外部リンク