操作

司馬遼太郎

Shiba Ryotaro.jpg
司馬 遼󠄁太郎
(しば りょうたろう)
誕生 福田 定一(ふくだ ていいち)
1923年8月7日
日本の旗 日本 大阪府大阪市
死没 (1996-02-12) 1996年2月12日(72歳没)
日本の旗 日本 大阪府大阪市
墓地 西本願寺大谷本廟
職業 小説家ノンフィクション作家評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1955年 - 1996年
ジャンル 歴史小説推理小説戯曲
主題 日本の歴史風土
代表作梟の城』(1959年)
竜馬がゆく』(1962年)
燃えよ剣』(1964年)
国盗り物語』(1965年)
坂の上の雲』(1968年)
街道をゆく』(1971年、随筆)
主な受賞歴 直木三十五賞(1960年)
菊池寛賞(1966年)
毎日芸術賞(1968年)
吉川英治文学賞(1972年)
日本芸術院恩賜賞(1976年)
読売文学賞(1982年・1987年)
朝日賞(1983年)
日本文学大賞(1984年)
大佛次郎賞(1988年)
文化勲章(1993年)
デビュー作 福田定一名義 :
『名言随筆・サラリーマン』(1955年)
司馬遼󠄁太郎名義 :
『ペルシャの幻術師』(1956年)
公式サイト 司馬遼󠄁太郎記念館
テンプレートを表示

司馬 遼󠄁太郎(しば りょうたろう、1923年大正12年)8月7日 - 1996年平成8年)2月12日

小説家。大阪外国語大学蒙古語科卒業。学徒動員で出征し,戦車隊の士官生活を経験した。新日本新聞社を経て産経新聞社に勤務,かたわら寺内大吉らと同人誌『近代説話』を創刊し,『戈壁の匈奴』 (1957) などを発表,『梟の城』 (1959) で直木賞を受けた。『風神の門』 (1961~62) など伝奇性に富む作品を多く書いたが,その後『竜馬がゆく』 (1962~66) ,『城塞』 (1969~71) などで史実をもとに現代的な解釈を加えた歴史小説の新分野を開拓した。ほかに,明治維新政府の抗争を軸に江藤新平の悲劇を扱った『歳月』 (1968~69) ,大村益次郎の生涯を描いた『花神』 (1969~71) ,秋山真之や正岡子規らの人間群像を通じて明治日本の夜明けを描く『坂の上の雲』 (1968~73) などの力作がある。 1976年日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員。 1993年文化勲章受章。




Rakuten 楽天市場検索: