actions

広瀬秀雄


広瀬 秀雄(ひろせ ひでお、1909年8月12日 - 1981年10月27日)は日本の天文学者である。

人物

兵庫県姫路市出身。平山清次神田茂に師事した。

1932年東京帝国大学理学部天文学科卒業、

1949年 東京大学 理学博士 論文の題は「Research on the effect of the terrestrial locality on the positions of moving celestial bodies(運動する天体の位置に及ぼす観測地の影響)」[1]

1951年東大教授、1963年東京天文台長、1970年埼玉大学教授、1975年専修大学教授。

広瀬の弟子に高瀬文志郎冨田弘一郎がいる。

業績

  • 日本の星食観測データを整約すると系統的な狂いが出ることから、日本での観測位置を移動させる必要があることを指摘した。この指摘は1948年5月礼文島での金環日食の際に実際に観測隊を移動させて広瀬の指摘が事実であることを証明した。
  • 天体写真儀で小惑星彗星の観測に従事した。
  • 博学で知られ、天文学史の研究をした。

著書

単著

共著

  • 『地球天文事典』(平凡社 体系理科事典 1958年
  • 『新標準星図』(地人書館 1967年)
  • 『全天恒星図』(誠文堂新光社 1968年)
  • 『彗星を追う』(地人書館 目で見る天文ブックス 1971年
  • 『彗星とその観測』(恒星社厚生閣 天体観測シリーズ 1971年)

編著

監修書

  • 宇宙のひみつ』(学研 1972年)
  • 『天体写真の写し方』(地人書館 1975年)
  • 『天体写真の基本』(地人書館 1975年)
  • 『天体写真の応用と工作』(地人書館 1975年)
  • 『天体写真のDPE』(地人書館 1975年)
  • 『天文・気象』(旺文社

脚注

  1. 博士論文書誌データベース

関連項目

外部リンク